自己紹介

自己紹介

こんばんは。

宝塚男子ピエールです。

 

そんなこんなで、かくかくしかじかでブログを引っ越してまいりました。

以前のブログからご贔屓にしていてくださった皆様、
どうぞこちらでもよろしくお願いいたしますm(_ _)m

今さら自己紹介してもあれかと思うのですが、
一応こちらにも自己紹介くらいは載せて置かないとと思ったので、
とりあえずまずは簡単に「ピエールってこんな人」というのを書かせていただきたいなと……。

スポンサーリンク

2003年初舞台

ピエールは30代も中盤に差し掛かった男性でございます。

僕が初めて宝塚を観劇したのは2003年、
まだ若き大学生だった頃のことです。

和央ようかさんと花總まりさんコンビがトップスターだった時代の宙組公演、
「傭兵ピエール/満点星大夜總会」でした。

そこからさらに遡ること2年前に母と姉が、
同じく和央さんと花總さんコンビによる、
「ベルサイユのばら2001~フェルゼンとマリー・アントワネット編~」を観劇し、
一気に宝塚の世界に魅了されておりました。

2人はそれから何度か東京宝塚劇場の公演を中心に観劇していたのですが、
僕は他の多くの男性と同じく一切宝塚に興味を示さず、
「あんなのは女子供の見るもんだろ┐(´ー`)┌」と思っておりました。

しかしあまりに母と姉が飽きもせずに劇場に通ったりビデオを観たりしている様子を見て、
ちょっとずつ宝塚というものが気になるように。

そんなときに2人から、
「たまにはいっしょに観に行ってみる?」と誘われたのが、
先述の「傭兵ピエール」でした。

お察しの通り、ハンドルネームの「ピエール」はこの初観劇作品に由来しております。

主な推しメン(ご贔屓)

初観劇が和央さんの時代だったので、
今でも和央さんは自分の中で、というかピエール一家にとって特別な存在ですが、
当時から割と各組まんべんなく見ていたのもあり、
生粋の宙組ファンかというと全然そんなことはなく、
むしろ組も問わずにいろんな推しメンがいる「DD(誰でも大好き)」です。

ちなみに今現在で特に好きな生徒さんを挙げると、
七海ひろきさん、芹香斗亜さん、愛月ひかるさん、
瀬央ゆりあさん、綺咲愛里さん、星南のぞみさん、といった方々が好きです。

でもこれら以外にもたくさん好きな生徒さんはいて、
そのときの気分によって変わったりもするのでとにかくDDでございます。

一人の方を一途に応援する派の方々から見ると大変浮気性に映るかも知れませんが、
もうこればかりはそういうもんだと思ってお許しくださいませm(_ _)m

オリジナルの愛称

それから、タカラジェンヌの愛称といえば「宝塚おとめ」に掲載されている公式の愛称が定番ですが、
以前から勝手に名付けた愛称で呼ぶ習慣があるもので、
ブログでもその愛称で書かせていただくことが多かったりします。

代表的なものでは、
芹香さん→とあちゃん、
綺咲さん→アイリーン
星南さん→ノゾミーナ
といったものを始め、
愛希れいかさんを「ちゃっぴー」、実咲凛音さんを「みりおん店長」、
永久輝せあさんを「トワキン・スカイウォーカー」と呼んでいたり、
七海くんを「北関東の恋人」、美弥るりかさんを「北関東の瞳」、
朝美絢さんを「鎌倉の妖精」、柚香光さんを「ビジュアル・モンスター」といったように、
愛称というかもはや称号めいたものを付けてたりします。

聞き慣れぬ呼び方で戸惑う方もいらっしゃるかも知れませんが、
それを否定されるとピエールの個性が死んじゃうのでどうかご容赦くださいませm(_ _)m

 

そんなわけでいったん自己紹介はこの辺に致しますが、
そのうち気まぐれにこの自己紹介も微妙に更新したりすると思います。

とりあえず以前のブログ同様、今後とも仲良くしていただけましたら幸いでございますm(_ _)m

ブログランキングに参加しております。
ポチッとしていただけると幸せですm(_ _)m
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

スポンサーリンク

-自己紹介

スポンサーリンク