誕生日ジェンヌ

2月13日は彩風咲奈さん、天咲礼愛さんの誕生日です。

こんにちは。

宝塚男子ピエールです。

2月13日は、雪組の彩風咲奈さん、天咲礼愛さんの誕生日です。

さきちゃんは2007年初舞台の93期生。

なんと雪組にはもうさきちゃんの同期生はいなくなってしまいましたが、
元トップ娘役の舞羽美海さんが同じ雪組の同期生でしたね。

現役生では花組の桜咲彩花さん、星組の十碧れいやさん、
宙組の芹香斗亜さん、愛月ひかるさん、蒼羽りくさんといった方々も93期生です。

なお、さきちゃんは「ソルフェリーノの夜明け」で新人公演初主演を果たしたのを皮切りに、
「ロジェ」「ロミオとジュリエット」「JIN-仁-」「ベルサイユのばら~フェルゼン編~」と、
何と計5回もの新公主演を果たしております。

これは元星組トップスター柚希礼音さんと元雪組トップスター音月桂さんに続き三人目の快挙だそうです!

ちなみに柚希さんは「王家に捧ぐ歌」で新公初主演を果たしたのを始め、
「1914/愛」「花舞う長安」「長崎しぐれ坂」「ベルサイユのばら」の5回。

音月さんは「猛き黄金の国」が新公初主演作品、
そこから「春麗の淡き光に」「Romance de Paris」「スサノオ」「青い鳥を捜して」の5作品で新公主演を果たしています。

さらには2011年には「灼熱の彼方」で彩凪翔さんと共にバウW主演、
2014年の「パルムの僧院」で単独初主演、
そして昨年2017年には「CAPTAIN NEMO」でドラマシティ&東上初主演と着実に主演経験も重ねてきたさきちゃん。

これまでは早い抜擢にさきちゃん自身ももがいていた印象も強かった気がしますが、
先日千秋楽を迎えたばかりの、二番手として初めて大劇場に立った「ひかりふる路/SUPER VOYAGER!」では、
ついにさきちゃんがその期待に本格的に応えるステージが始まったような勢いを感じました。

 

そして天咲さんは2017年に初舞台を踏んだばかり103期生。

なんと岡山県岡山市出身の岡山ジェンヌでございます!

岡山と言えばニコライ少尉どのなので、
ジェンヌさんの出身地で「岡山」の文字を見ると毎回反応してしまうんですが、
岡山ジェンヌって本当に多いんですね~。

ちなみに天咲さんの母校の就実高校の出身者には、
「自分で自分をほめたい」という名言で有名なアトランタ五輪マラソン銅メダリストの有森裕子さんがいらっしゃるそうです。

 

ということで2月13日について調べてみます。

平民を含めたすべての国民に苗字を名乗ることを義務付けた、
「平民苗字必称義務令」が布告されたのが1875年2月13日。

江戸時代までは苗字を名乗るは原則として公家や武士のような支配階級の特権だったそうで、
明治維新による身分制度の再編の中でそれ以外の「平民」にも苗字を名乗ることが「許可」されたのが、
1870年に定められた「平民苗字許可令」。

しかしこのときは敢えて苗字を名乗らない人も多かったそうで、
そこで「許可」ではなく「義務」として苗字を名乗ることを定めたのがこの「平民苗字必称義務令」だそうです。

ちなみにガスパール家は領地を没収されて没落しているとは言え貴族なのでこれより前から苗字を名乗っていたことになりますね( ̄∀ ̄)

 

そして2月13日生まれの有名人を探してみますと。

フランスの政治家、タレーラン=ペリゴールが1754年2月13日生まれ。

「眠らない男・ナポレオン」では北翔海莉さんが演じ、
先日千秋楽を迎えたばかりの「ひかりふる路」では夏美ようさんが演じていた人物ですね。

どちらも表舞台の人物たちを陰で操る不気味な存在として描かれていて、
なんやかんやこの男によって翻弄された人たちがたくさんいたんだろうな~というイメージです。

 

それから俳優のフランキー堺さんが1929年2月13日生まれ。

早霧せいなさんの退団公演「幕末太陽傳」の映画で主人公の居残り佐平次を演じた俳優さんです。

ちなみに「東京フレンドパーク」のウォールクラッシュのデモンストレーションでお馴染みだったフランキー為谷さんは、
このフランキー堺さんに顔が似ていることが芸名の由来だそうです。

もしかして今の若い子とかはフレンドパーク知らなかったりするのかな……( ̄∀ ̄;)

 

あとたまたま目に留まったのでご紹介したいのですが、
オペラ歌手のフョードル・シャリアピンが1873年2月13日生まれ。

ファミレスとか行くと、「シャリアピン・ステーキ」っていうメニューを見ることありません??

ピエール、いつもこの言いづらい名前のステーキ何なんだろうって気になってたんですよ。

「シャリピアン」じゃなくて「シャリアピン」。

なんとこのフョードル・シャリアピンが公演で日本を訪れた際、
入れ歯の不具合があったために柔らかいステーキが食べたいと要望し、
それに応えるために帝国ホテルのレストラン・ニューグリルの料理長だった筒井福夫さんが肉を叩いて薄くして、
たまねぎに漬け込んで柔らかくして焼き上げたことからこのステーキが「シャリアピン・ステーキ」と呼ばれるようになったそうです。

なのでこれから「シャリアピン・ステーキってどういうステーキなんだろう?」と聞かれたときはこのプチ雑学をご披露ください(笑)。

 

ということでさきちゃん、天咲さん、誕生日おめでとうございます!ヾ(* ̄∀ ̄*)ノ

スポンサーリンク


ブログランキングに参加しております。
一部の環境下でボタンが表示されないようなのですが、
ポチッとしていただけますと嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

-誕生日ジェンヌ
-,