誕生日ジェンヌ

3月4日は陽海ありささんの誕生日です。

こんにちは。

宝塚男子ピエールです。

3月4日は、月組の陽海ありささんの誕生日です。

陽海さんは2013年初舞台の99期生。

月組99期には先日の「カンパニー」の新人公演でヒロインに抜擢された美園さくらさんらがいらっしゃいますね。

ちなみに美園さんは「1789」の新公でも愛希れいかさんのマリー・アントワネット役に抜擢されていました。

また、まだ新公主演こそ無いものの、
新公で二番手の役を数多く演じている「北関東の新月」こと輝生かなでさんも99期生です。

そんな陽海さんの「おとめ」を見てみると、
プール学院高校という学校のご出身だそうで。

このプール学院、数多くのタカラジェンヌを輩出している学校なのですが、
その中にはあの八千草薫さんもいらっしゃるそうです!

さらに現役生では宙組の愛白もあさんもこちらのご出身だそうで(*´∇`*)

ちなみに「プール学院」と聞いてピエールが真っ先に気になったことがあるのですが。

果たしてプール学院にプールはあるのか!?(どうでもいい)

ピエール、水泳の授業が大嫌いだったんですが、
なんと大学の体育の授業に水泳の時間があったのですよ!

普通あんまり大学の授業で水泳なんてなくないですか!?

他大の友達に聞いても水泳の授業があったなんて他に聞いたこと無かったんですが。

でもね、単位を落とさないために授業を休んでも平気な回数が3回だったんですが、
ちょうどプールの時間が3回だったので、全部その時間に当ててサボったんです。

で、3回ぶりに授業に出たら体育の先生から、
「おいピエール!なんでずっと来なかったんだ!?」って怒られたので、
「いや~、水着持ってないもんで( ̄∇ ̄*)ゞ」って言ったら。

「それなら貸し出し用の水着だってあるんだぞ!」と。

 

嫌だよ!!(゚∇゚;)

 

ちなみにプール学院にプールがあるかどうか分かりませんでした。

 

ということで3月4日について調べてみます。

チャイコフスキー作曲のバレエ作品「白鳥の湖」がボリショイ劇場バレエ団によって初めて上演されたのが、
1877年3月4日だったそうです。

ピエールはまだ観ていないのですが、
月組公演「カンパニー」でも取り上げられている作品ですよね。

あの有名な曲を知ってるだけで実際にどんなストーリーなのかそういえば知らなかったのですが、
「あきらハァハァ」でお馴染みくろねこさんのブログでその概要を学ばせていただきました( ̄∇ ̄*)ゞ

 

そらから、宝塚歌劇が「戦時下不適」とされ休演となり、
最後の公演が行われたのが1944年3月4日のことだったそうです。

細かく書かれていなかったので詳細は分からなかったのですが、
戦時中の作品としてよく名前が挙がる「翼の決戦」が上演されていたのがこの頃ということでしょうか。

東日本大震災のときなども、
「被災して苦しんでいる人がたくさんいて、電気が不足しているときに公演をやっていていいのだろうか?」
という葛藤があったのは記憶に新しいところですが、
「辛いときだからこそ明るく華やかなものを」というキレイごとだけでは片付けられないものがありますよね。

こうして毎日公演が行われているのも、
決して当たり前のことではないんだなというのを、
時々立ち止まって感謝しなくてはいけないような気もします。

 

そして3月4日生まれの有名人を探すと。

元花組トップスター、54期生の順みつきさんが3月4日生まれだそうです。

と言ってもピエールはお名前を聞いたことがあるというだけで、
順さんの現役時代のことはまったく存じ上げないのですが。

しかし何と同期生には現在も振付家として活躍されている尚すみれ先生もいらっしゃるそうです!

宝塚のすごいところって、
どなたかお一人の同期生を探すと「あ、この人知ってる!」っていう人が必ずいたり、
そこから芋づる式にいろんな方に繋がっていったりするところだな~と。

きっと今何となく「誰と誰が同期生」と見ている中にも、
何十年後かに新たにファンになった方が振り返ったときに、
「あの人たちって同期だったんだ!すげえ!!」ってなったりするんでしょうね。

そのときは「現役時代、知ってるよ?( ̄∀ ̄)」って先輩面して語りましょう(笑)。

 

ということで陽海さん、誕生日おめでとうございます!ヾ(* ̄∀ ̄*)ノ

ブログランキングに参加しております。
楽しんでいただけましたら、
一日一回ポチッとしていただけますと嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

スポンサーリンク

-誕生日ジェンヌ
-