宝塚の雑記

日比谷シャンテのレストランフロアがリニューアル。

こんばんは。

宝塚男子ピエールです。

ということで、東京観劇組の方々にはお馴染み、
東京宝塚劇場の向かいにある日比谷シャンテ。

リニューアルに伴い地下2階のレストランフロアが工事中でしたが、
先日行ったときに実に数ヶ月ぶりに再開されておりました!

ということはすなわち先日星組の2回目の観劇に行っていたのですが、
いろいろバタバタしていて感想が書けておらず……。

そうこうしているうちにマイ楽である3回目の観劇の日が来てしまいそう……(;・∀・)

ちなみにガスパール家は観劇前の食事は近くのファストフードとか劇場内のおにぎりとかを食べることが多いのですが、
観劇後にゆっくりご飯を食べるときはシャンテを利用することも多く。

いくつかお店も変わっているので、
「どんなお店になってるんだろ~?」というのが気になっている方も多いのではないかと。

そんなわけでリニューアルされたシャンテのレストランフロアをご紹介したいと思います。

東京観劇組でない方には全く有益ではない情報かと思いますが、
全店舗を写真撮って回るのも地味に大変だったので、
記事の下までバビュンとスクローーーールしてブログ村のボタンだけでも押してからお帰りいただけると漏れなくピエールが報われます……(笑)。

そしていつもながら写真が低画質ですがご容赦をm(_ _)m

スポンサーリンク

日比谷シャンテB2レストランフロア紹介

まずこちらがフロアガイド。

この中のB2階のレストランフロアがこの度全面リニューアルされました。

では一つずつ見ていきましょう。

一瞬分からなかったのですが、何とこれ長崎ちゃんぽんのリンガーハットなのです。

何ともオシャンティな雰囲気ですね~。

シャンテにちゃんぽんってのがちょっと意外(笑)。

ちなみに以前はパン屋さんがあった一画にできていました。

なのであまりお店は広くなくて、カウンター席がメインといった印象でしたね。

 

二つ目はこちら。

こちらも新しく入った「五穀」という和食屋さんです。

和食屋、というと高級そうなイメージですが、
いわゆる定食屋に近い感じで1,000円くらいのメニューもあって、
シャンテの中ではリーズナブルな部類に入るお店なんじゃないかな~と。

ただ「宝塚を観た~」という雰囲気は味わえないお店かも知れないので、
遠征とかで来た人よりは、普段からよく観劇に来ていていろんなものが食べたい人の選択肢の一つにちょうどいいかも知れませんね~。

ピエールは結構これから重宝しそうな予感です。

 

続いてこちら。

こちらは以前もあった気がしますが、「CHAYA」というお店。

反射してしまって見づらいですが、いわゆるオーガニック系のお店みたいですね。

ピエールはオーガニック系のお店は少々割高に感じるのと、
ヘルシーすぎて食べながらお腹空いてしまうのであんまり行く機会は無いかも知れません(笑)。

 

続いてこちらもオーガニック感のあるお店。

お店の外観を撮りそびれてしまいましたが「She」というお店みたいです。

メニューは日によって違うのかも知れませんがこの日はこんな感じでした。

 

次はおなじみこちらのお店。

ハンバーグなどの洋食屋さんの神田グリルです。

ここはガスパール家も結構利用することの多いお店です。

やっぱり宝塚を観た後の優雅な気分で食事したいときはこれくらいの雰囲気が嬉しいですよね~。

お金持ちだった頃はサーモンマリネも頼むのが楽しみだったんですが、
ここ5年は食べてない気がします(笑)。

ちなみにここには載っていませんがピエールは魚介のミックスフライ定食みたいなやつが好きです。

 

次はこちら。

以前あった家族亭という蕎麦屋さんが無くなって、
その代わり的なポジションで入ったと思われる花旬庵といううどんと蕎麦のお店です。

メニューのサンプルがこれみよがしに並んでいてありがたいです(笑)。

昔は家族亭を利用する頻度もかなり高かったんですが、
最近は毎日のようにたぬき蕎麦を食べているためめっきり減ってしまいました(^^;)

 

そしてこちら。

これもたぶんずっと前からあるパスタ屋の「壁の穴」。

この店もそうなんですが、リニューアルしてどこの店舗も壁が無くなって解放的な雰囲気になってました。

広く感じるようになった一方で、お店の外からも丸見えなのでちょっと落ち着かなくなってしまったかも知れませんね(^^;)

ちなみに姉が仕事の昼休みにパスタを食べることが多いという理由でこのお店にも入ったことがほとんどありません(笑)。

 

続いてこちら。

あまりに縁が無いため店の外観を撮るのを忘れてしまったのですが、
ここも昔からある寿司屋の寿司清さんです。

お寿司を食べるのは回転寿司くらいなので、
ガスパール家はこのお店も利用したことは一度も無かった気がするな~。

 

次はこちら。

中華料理屋の「梅梅」です。

「梅梅」と書いて「うめうめ」でも「ばいばい」でもなく「メイメイ」と読むようです。

中華屋は以前もありましたが別のお店になったみたいですね。

メニューを見ていて気付いたのですが、
紅虎餃子房とかと同じ際コーポレーション系列のお店みたいです。

黒胡麻担々麺とかのビジュアルと、
「紅麻辣担々麺(くれないまーらーたんたんめん)」とかの独特の名前とかでピンと来ました( ̄∀ ̄)

ピエール、大学生になる前に部屋探しに東京へ来たとき、
後に4年間住むことになる町で最初に入ったお店が最寄り駅の近くにあった紅虎だったので、
今でもこの系列のお店には愛着があるんですよね。

紅虎は鉄鍋棒餃子が有名ですが、この「梅梅」には残念ながらそれは無いようでした。

ちなみにピエールは星組公演中に紅ゆずるさんに思いを馳せながら紅麻辣担々麺を食べるのが習慣になってます(笑)。

 

次にこちら。

カレー屋の「ひつじや」です。

「オーム・シャンティ・オーム」の公演中にここを利用した方は多いのではないでしょうか( ̄∀ ̄)

かく言うピエールも国際フォーラム公演の初日の観劇の際にここでカレーを食べました(笑)。

以前はここもかなり狭くて入りづらかったのですが、
リニューアルに伴い場所も変わってかなり広々した印象になりましたね~。

こんな感じでかなり解放的になってます。

むしろ全然別のお店のよう(笑)。

ここもシャンテの中ではかなりリーズナブルな気がしますね。

ただうちの母はあまり辛いものが得意ではないので、
母がいっしょのときは利用する機会が無さそうだな~。

 

そしてこちら。

食事というよりも甘味処の麻布茶房。

ここもお金持ちだった頃は、別のお店で食事をした後にデザートやお茶をしに寄ったりしてました。

でもお茶する系のお店って長居する人も多いから結構混んでることが多かったんですよね~。

 

そんな中、この度ピエールが入ったお店はこちら。

たしか以前はシャンテの外にあった「やさいの王様」がシャンテ地下に入ったようです。

ここも含めて、リニューアルに伴ってオーガニック系とかヘルシー志向のお店が多くなった気がします。

あんまりこういう系のお店に入ることは少ないんですが、
なぜ今回ここに入ったかと言うと。

メニューに食べ放題のサラダバー(+445円)があるんですよね~。

食べ放題という言葉に弱いピエール……(しかし改めて考えると+445円って結構高いな……)。

本日のお肉料理の鳥の塩糀焼き的なやつを食べました。

サラダバーの器はめちゃくちゃ入れづらくてたくさん食べるのを諦めさせようという魂胆が見え隠れしますが非常に美味しかったです。

ちなみにサラダバーの野菜はこんな感じ。

何とか445円のもとを取ってやろうとおかわりしまくったところ、
観劇中に腹がパンパンで苦しくて仕方ありませんでした(笑)。

あとここはお水もヘルシー志向なのか。

普通の水と、レモン水と、野菜が浸されたデトックスウォーターなるものがありました。

デトックスウォーターを入れて姉に持って行きましたが、
普通の水と違うことに全く気付いていないようでした(笑)。

それからレジにもこんな遊び心が。

これ何と、野菜型のペンなのです。

カードのサインをする際に店員さんから「お好きな野菜でサインをお願いします」と言われたのですが、
最初に取ったアスパラがインク切れで書けず、
次に取ったにんじんもインク切れで使えず。

最終的に「これでお願いします」と普通のペンを差し出されるというグダグダ感でした(笑)。

 

個人的には以前よく利用していたトンカツ屋さんやスンドゥブ屋さんが無くなってしまったのがちょっと淋しいな~。

でも何やかんやシャンテは観劇のときのランチとかには一番便利な立地なので、
これからもお世話になりたいと思いますヾ(* ̄∀ ̄*)ノ

ということで「写真撮影お疲れ様!」のクリックをしていただけますと幸せです(笑)( ̄∇ ̄*)ゞ

スポンサーリンク


ブログランキングに参加しております。
一部の環境下でボタンが表示されないようなのですが、
ポチッとしていただけますと嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

-宝塚の雑記
-,