宝塚の雑記

せおっちが主要キャストに!(「オーム・シャンティ・オーム」一部配役発表)

こんばんは。

宝塚男子ピエールです。

はてさて本日は次期星組トップコンビ紅ゆずるさんと綺咲愛里さんのプレお披露目公演、
「オーム・シャンティ・オーム~恋する輪廻~」
通称「オシャンティ」の一部配役が発表になりました!

スポンサーリンク

まずはあらすじをおさらい

この作品はインド映画「恋する輪廻~オーム・シャンティ・オーム~」の舞台化でして、
ピエールはラインアップが発表になってすぐにTSUTAYAでレンタルして予習致しました( ´ ▽ ` )ノ

というかラインアップが発表になったその日の帰りにTSUTAYAに向かった記憶が……(笑)。

早いものであれから既に3ヶ月が経過しているようで。

とりあえずざっくりあらすじを予習してみますとですね。

 

まず前半の舞台は1970年代のインド。

スターになることを夢見つつも親友のパップーと共に売れない脇役俳優として生活するオームは、
インドを代表する人気女優シャンティプリヤ(通称:シャンティ)に憧れていました。

いろいろあってシャンティと仲良くなったオームですが、
実はシャンティは映画プロデューサーのムケーシュと密かに結婚しており、
しかも妊娠まで発覚したところでした。

けれどインド映画において主演女優が既婚者であることはタブー視されているそうで、
ムケーシュは映画の失敗を恐れてシャンティとの結婚を拒否、
さらには自分の身を守るために事故に見せかけてシャンティをなきものにしようと計画。

それを救い出そうとしたオームは、
事件に巻き込まれて命を落としてしまうのでした。

それから30年後。

オームの死んだ日に生を受け、同じく「オーム」と名付けられた子が、
インド映画界のトップ俳優として脚光を浴びていました。

しかし実は、オームはあの日死んだオームの生まれ変わりだったのです。

あの事件の後ハリウッドに渡り成功を収めていたムケーシュと再会したことで、
前世での記憶を取り戻したオーム。

さらに親友のパップーとも再会し、
シャンティの敵を討つためにムケーシュへの復讐の計画を立てていると、
何とオームたちの前にシャンティに瓜二つのサンディと名乗る女性が現れるのでした……。

そして配役発表

ということでざっくりあらすじを解説させていただきましたが、
何とビックリ!

これを読んでくださった皆さん、
本日発表された一部キャストを既に予習できておりますよ!

役名 出演者
オーム 紅ゆずる
シャンティ/サンディ 綺咲愛里
ムケーシュ 礼真琴
パップー 瀬央ゆりあ

さらっと説明したあらすじに上記4人が全員登場している!

ピエールのさり気ない心配り!(≧∀≦)ノシ

まずは主人公のオームとヒロインのシャンティを演じるのはもちろん、
新トップコンビの紅くんとアイリーン!

既に先日、先行画像が公開されておりましたが、
もうひたすらアイリーンが可愛くて悶えております(*´∇`*)アイリ~ン

映画版の主人公よりもシュッとしたイケメンな紅くんもカッコイイし!

ちなみにシャンティに瓜二つの女性と聞いて、
「はは~ん、サンディもどうせシャンティの生まれ変わりなんでしょ~?┐(´ー`)┌」
とか思ったそこのあなた!

はてして本当にそうかな……?( ̄∀ ̄)

 

そして注目のその他のキャスト。

まず敵役の映画プロデューサーのムケーシュは、
「サッカー少年」こと礼真琴さん!

これは予想通りといった感じですかね~。

前半はどちらかと言うと親友のパップーの方がよく登場していた気もしますが、
やっぱり物語全体としての軸はムケーシュへの復讐なので、
おそらくムケーシュは少年かな~と。

最初に登場した時点でたぶん少なくとも30才前後にはなっていて、
そこから後半ではさらに30年経って還暦近くまで演じなくてはいけない役なので、
これまで若々しいイメージの強かった少年にとってはかなり挑戦となるかと思います。

しかしこのムケーシュ役で老け役も経験できればさらなる飛躍のきっかけにもなるはず!

せおっちが主要キャストに!

そしてもう一つの注目キャスト。

オームの親友であるパップー役は、
なんと瀬央ゆりあさん!

せおっちーーーー!!(≧∀≦)

あの、実はピエール、パップーはせおっちが抜擢されてくれたら嬉しいな~と思っていたのです。

でも壱城あずささんや十碧れいやさんといった上級生も名を連ねていて、
上級生にも豪華メンバーが充実している中で難しいかなとも思っていたのですが、
せおっちがパップー役に大抜擢!

となると壱城くんたちは何役になるのだろうというのも気になるところですが……。

でもとにもかくにも、せおっち、おめでとう!(≧∀≦)

ちなみにムケーシュ同様、パップーも30才年を取った状態も演じなくてはいけない難役!

どうかこれがせおっちにとっても新たな飛躍に一歩となる公演になりますように!

 

そんなこんなでいよいよ輪郭が見え始めた「オシャンティ」。

せおっちの主要キャスト入りでますます楽しみ荷なってきました!(≧∀≦)ノシ

スポンサーリンク


ブログランキングに参加しております。
一部の環境下でボタンが表示されないようなのですが、
ポチッとしていただけますと嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

-宝塚の雑記
-, , , ,