宝塚の雑記

メリーベルだよぉぉぉぉぉっっ!!ヽ(;▽;)ノ(「ポーの一族」配役決定)

こんばんは。

宝塚男子ピエールです。

はてさて、本日はまず、次回の月組大劇場公演、
「カンパニー~努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)~/BADDY-悪党(ヤツ)は月からやって来る-」
のポスターが公開されました!

ポスター入りしたのは珠城りょうさん(たまきち)と愛希れいかさんのトップコンビに加え、
「北関東の瞳」こと美弥るりかさんです!(≧∀≦)ノシ

 

……が。

 

三人ともみんな違う世界の住人ですかコレは!?(;・∀・)

ジャケットを肩にかけて爽やかスマイルでこちらに微笑みかける青年!

キラキラの光を浴びて白鳥のように舞い踊るバレリーナ!

あと大魔王??(・∀・)

何か、全然よく分からなくて受け止めきれない!(//∀//)

あれですかね、美弥ちゃんもたしかバレエ団のプリンシパルか何かの役だったと思うので、
白鳥の湖に出てくる黒いアレのイメージってことでしょうか?
(そもそも黒いアレの名前も「プリンシパル」が何なのかもよく分かっていないピエール)

とりあえず先行画像の印象で抱いたイメージとは違い、
衣装は似て見えても「グランドホテル」とは全然違う世界観なのは分かりました(・∀・)

よく分かんないけど楽しみーー!!(≧∀≦)

スポンサーリンク

「ポーの一族」配役発表

緊急速報です!

11月4日(土)の集合日からわずか2日!

何と花組公演「ポーの一族」のその他配役が発表になりました!

繰り返します!

「ポーの一族」の配役が発表になりました!

集合日からまだ2日しか経たない中での配役発表に、
関係者の間に衝撃が走っております!

あ!

ちょうど花組の生徒さんがいらっしゃいました!

ちょっと話を聞いてみましょう!

すみません、まだ集合日から2日しか経ってないにもかかわらず配役が発表されましたが、
名前などは伏せさせていただきますので、今の心境をお聞かせいただけますか!?

 

花組生Aさん「えーっと~、まだ2週間くらいは脚本待機期間が続くと思ってたので~、ちょうど今日からイギリス旅行に行く予定だったんですけど~、急遽キャンセルして慌てて出勤した感じです~。……ふわあっ!カラス怖い!(;▽;)」

 

お聞きいただいた通り、集合日からわずか2日、
通常のように十分な待機期間が得られなかったことにより、
花組生の間でも混乱が起きているようです!

以上、現場からお伝えしました!

この物語はフィクションです。

はい、どうも、本日もお付き合いいただきありがとうございます( ̄∀ ̄)

上記はピエールの脳内フィクションですので、
花組が誇るトップスター明日海りおさんは決してお稽古サボってロンドンに行ったりしませんのでご注意くださいませ(笑)。

しかしアレですね、集合日から2日で配役が出るとは正直思いませんでした(//∀//)

たしか「All for One」のときは1週間以上はかかったと思うんですが、
さすがに小池修一郎先生自身も思い入れのある「ポーの一族」。

かなり前から脚本もある程度準備していたのかも知れませんね~(これからもこの調子でガンバ)。

となるとおそらく脚本自体は集合日の段階でできていて、
この2日間はおなじみオーディションによる配役の調整をしていたのかな~。

とりあえず、これでガッツリお稽古期間を有意義に使えるのであれば何よりですね。

明日海さんが主人公のエドガー・ポーツネル、
仙名彩世さんがシーラ・ポーツネル男爵夫人、
そして柚香光さんがアラン・トワイライトを演じるというところまで、
一部配役として既に発表されていたかと思います。

ということで、今回発表された配役も加えて主要キャストと思われるところをまとめてみたいと思います。

配役 出演者
エドガー・ポーツネル 明日海りお
シーラ・ポーツネル男爵夫人 仙名彩世
アラン・トワイライト 柚香光
大老ポー 一樹千尋
カスター先生 飛鳥裕
老ハンナ 高翔みず希
レイチェル 花野じゅりあ
フランク・ポーツネル男爵 瀬戸かずや
ジャン・クリフォード 鳳月杏
ジェイン 桜咲彩花
マルグリット・ヘッセン 華雅りりか
バイク4世/バイク・ブラウン 水美舞斗
グレン・スミス/ジャック 優波慧
マーゴット 城妃美伶
エミリー 春妃うらら
ルイス・バード 綺城ひか理
レミ/マイケル 飛龍つかさ
ディリー 音くり寿
メリーベル 華優希

メリーベルは華優希さん!

メリーベルだよぉぉぉぉぉっっ!!ヽ(;▽;)ノ

 

何と!

我らが「オハナちゃん」こと華優希さんが!

メリーベル役に大抜擢されましたーーーー!!☆(=´∀`)人(´∀`=)☆

 

はてメリーベル?(・∀・)

あの、すみません、ピエールは「ポーの一族」をまったく読んだことが無くて……(;・∀・)
(※配役表は新公主演・ヒロイン経験者を中心にピックアップしてみました)

でも、なんか配役が発表になる前から、
「メリーベルは誰かな~」と気にしている方々がたくさんいらした気がするので、
何かよく分からないけど重要な役なんだろうなと……。

で、「ポーの一族」のWikiにある「主な登場人物」を見たら、
何と主人公のエドガーの次に名前があるではないですか!Σヾ( ̄0 ̄;ノ

どうやらエドガーの妹ということで。

なるほど、だからこんなに注目されていたのですね(;・∀・)

そしてそんな大役をオハナちゃんが……!

「はいからさんが通る」のヒロイン紅緒に続き、
オハナちゃんの快進撃が止まらない……!

これはオハナちゃんを世に送り出したプロデューサーと言っても過言ではない、
「北関東の恋人」こと七海ひろき氏もさぞや喜んでいることでしょうヽ(;▽;)ノ

 

その他の配役は名前を見てもよく分からないので、
いよいよ漫画を読んで予習を始めたいと思っております。

とりあえずざっと目に留まったところを見てみると、
鳳月杏さん演じるクリフォードというのは港町のお医者さんで、
恩師の娘であるジェイン(桜咲彩花さん)と婚約しているものの恋愛と結婚は別と割り切っている男だと。

いや~、割り切られたいね~(≧∀≦)

こんなダンディなお医者さんにだったら割り切られたい女性が続出なんじゃないでしょうか(よく分からない)。

しかもメリーベルを銀の弾丸で撃ち抜いて消滅させるという記述が……!?

どうやらこれは簡単には割り切れない重要人物になりそうです……!

 

それから瀬戸かずやさんのフランク・ポーツネル男爵が、
仙名さん演じるシーラの夫ということでしょうか。

明日海さん演じるエドガーはポーツネル男爵夫妻の養子のようなので、
明日海さんと仙名さんはトップコンビながら、養子とは言え親子という関係なんですね。

トップコンビが親子っていうのはちょっといろいろアレですが、
とにかく原作を読んでみないとどんな関係なのか分からないな~と。

あと水美舞斗さんの「バイク4世」と「バイク・ブラウン」がバイク推し過ぎて、
バイク川崎バイクさんを思い出してしまいます( ̄∀ ̄)

そしてアレですね、芹香斗亜さんの名前がここに無いのを見て、
改めてもう花組にとあちゃんはいないんだなという実感が沸いてきております(´;ω;`)

 

と、そんなこんなで、まだピエールが東京で観られるまではだいぶ時間もあるので、
まずは漫画を調達して読んでみたいなと。

しかしこないだ「はいからさん」を読んだ漫画喫茶には「ポー」は置いてないっぽかったんですよね~。

たしか5巻くらいで巻数もそれほど多くないようなのでケチくさいこと言わずに買うべきなのか……。

こないだキャトルでも売っているのを見かけたのですが、
「ポー」はともかくその後の宙組の「天は赤い河のほとり」なんて20巻近くあるんですよね??

さすがにこっちは買ったらなかなかのコストになってしまいそうだし、
しかしこれもまた漫喫に置いてなかったみたいなので、
どうしたもんかなと今からちょっと頭を悩ませております( ̄∀ ̄;)

何にせよ、小池先生の悲願の「ポーの一族」。

2018年のスタートを飾るこの作品が、素晴らしいものになりますように!o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o

オハナちゃん頑張れ~!

ひろきのお兄様も応援してるよ~!(≧∀≦)ノシ

ブログランキングに参加しております。
ポチッとしていただけると幸せですm(_ _)m
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

スポンサーリンク

-宝塚の雑記
-, ,

スポンサーリンク