宝塚の雑記

誕生日プレゼントに「義経妖狐夢幻桜」ポスターが!!

こんばんは。

昨日は月組トップ娘役・愛希れいかさんの退団発表から一夜明け。

まだ突然の発表に混乱したままではありますが。

ネットニュースでは本日行われた退団会見の模様も掲載されていましたね。

そこで語られた内容にウルっとしたり、クスッとしてしまう言葉もあったり。

思えばれいか様の前相手役の龍真咲さんの退団会見のときは、
退団理由を聞かれて「結婚準備です(・∀・)」って答えたりそれはそれは楽しそうな雰囲気で龍さんらしいな~とか思ってたな~というのを思い出しておりました。

龍さんのインスタでは、昨日さっそく退団を発表したれいか様へのメッセージも語られていて、
退団してもなお繋がっているお二人の関係を垣間見えた気がしてこれまたグッとくるものがありました。

明日あたりのタカラヅカニュースでれいか様の会見の模様も放送されるかな~。

 

で、今日はブログどうしようかな~とかちょっと昨日から考えていたのですよ。

なんかあんまりのんきに他の話題するのもどうかな~とかいう気持ちもあったり、
宝塚の別の話題するのも空気読めない感じになっちゃうかな……と思ったり。

いっそ現実逃避に全然関係ない話にした方がいいかな~とか、
じゃあネタが無いときのために下書きしてあるポンコツクッキングにしちゃおうかなとか、
あれこれ考えていたのですが。

しかしながら奇しくも本日は「北関東の恋人」こと七海ひろきさんの誕生日。

誕生日ジェンヌのコーナーがあったおかげでいい意味で「それはそれ、これはこれ」っていう気持ちの切り替えもできたような気もします。

相互フォローさせていただいている方の中に七海くんファンの多いピエールのTwitterは朝から大賑わいでございました。

あまりに「七海さん、おめでとうございます!」という言葉を昨日の深夜から今日にかけて目にしていたので、
途中から自分の誕生日なんじゃないかって錯覚に陥っていたくらいです(笑)。

スポンサーリンク

「義経妖狐夢幻桜」ポスター公開!

そんな本日ではございますが。

 

皆さま。

 

どうやら。

 

ポンコツクッキングはまたの機会におあずけのようでございます(誰も待ってない)

 

「鎌倉の妖精」こと朝美絢さん主演の雪組バウホール公演「義経妖狐夢幻桜」

そのポスターがとうとう公開されました!

何と!

ポスターには主人公のヨシツネを演じる朝美ちゃんに加え!

 

 

ふーさーーーーーーーーーーーーーーん!!!!(≧∀≦)

 

 

じゃなかった(確信犯)。

 

 

ノッゾミーナ~~~~~~~~!!!!(≧∀≦)

 

 

ヒロインのツネ役の星南のぞみさんも登場しておりますーーーーーーーー!!!!ヽ(;▽;)ノ

バウとかのポスターって主演の男役さんだけのポスターとかも多いので、
「ノゾミーナはポスターには入らないかなぁ」とあまり期待しすぎないようにしてはいたのですが。

しかし!!

ノゾミーナが!!

初のポスター入り~~~~!!!!( ;∀;)

誕生日に素晴らしいプレゼントを頂いてしまいましたよーーーー!!ヽ(;▽;)ノ(だからピエールの誕生日ではない)

 

朝美ちゃんのビジュアルは既に先行画像も公開されていてその美しさに界隈がどよめいておりましたが!

ノゾミーナはまさに妖狐を思わせるようなビジュアル!

 

妖狐さーーーーーーーーん!!(≧∀≦)

 

白髪?銀髪?の長い髪に白い装束。

手には狐の仮面を持ち、髪の毛もキツネ耳になっていて、
「私キツネですけど?」と言わんばかりの狐感!!

山奥でこの風貌の子に遭遇して、
付いて行って化かされたり騙されたりしてもそりゃもう自己責任だろうと(笑)。

むしろこんな可愛いキツネなら率先して騙されたい……(*´∇`*)

そして「常なき世界に世界に常なる愛を」というキャッチコピー。

これは主人公「ヨシツネ」とヒロイン「ツネ」の名前にかかってるんですかね。

そしてピエールのひいおばあちゃんのツネ・ド・ガスパールさんにもかかっていると思われます(言ったもん勝ち)。

 

なんかね、すごいこじつけなのは分かってるんですけどね。

れいか様と朝美ちゃんと言えば、
下級生時代に月組で共に過ごした同期じゃないですか。

れいか様の退団発表に沈んでいる宝塚ファン界隈に、
朝美ちゃんが少しでも未来に目を向けさせようとしてくれているような気がしましてね(´;ω;`)(こじつけなのは分かっています)

 

ちなみに改めて公演解説を読んでみますと、
主人公ヨシツネが兄ヨリトモの追手からの逃避行で彷徨っていた中で出会ったのがキツネ憑きの少女ツネ。

彼女の願いを一つ叶えるという約束と引き換えに案内された雪深き隠れ里で束の間の休息を取ったのちに再び出発しようとすると、
何度試してもツネの幻術により村に引き戻されてしまうヨシツネとお供のベンケイ。

 

これは……!

束の間の余暇を楽しむつもりで立ち寄ったムラにまた何度もやってきてしまう。

 

我々ヅカオタのことではありませんか!(違う?)

 

そして解説文の最後には、
「果たしてヨシツネは、ヨリトモの追手とツネの幻術を振り払い、桜咲く外界へ戻ることができるのか」と。

 

我々ヅカオタは外界に戻るつもりなどない。

 

そしてどちらかというと追いかけてるのは我々の方である。

 

朝美ちゃんのバウ初主演にしてノゾミーナの初ヒロイン。

この見目麗しき公演、ピエール何としてもチケットを確保して遠征したいと意気込んでおります。

どうかムラへといざなうツネの幻術がピエールにもかけてもらえますように!!(≧∀≦)

スポンサーリンク


ブログランキングに参加しております。
一部の環境下でボタンが表示されないようなのですが、
ポチッとしていただけますと嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

-宝塚の雑記
-, ,