スカイステージ

瀬を早み 岩にせかるる 滝川の われても末に 逢はむとぞ思ふ(「ANOTHER WORLD/Killer Rouge」稽古場)

こんばんは。

宝塚男子ピエールです。

紅い紅い~アイツが~やってくる~~♪

皆さん。

こちらの紅いアイツをご覧ください。


「スパイダーマン」(2002年)


「スパイダーマン2」(2004年)


「スパイダーマン3」(2007年)


「アメイジング・スパイダーマン」(2012年)


「アメイジング・スパイダーマン2 」(2014年)


「スパイダーマン:ホームカミング 」(2017年)

 

ほわい・そー・めにー・すぱいだーまん・むーびーず!?

 

スパイダーマンの実写映画、現在までに公開されているものだけで何と6作もあるんですよ!?

なぜこんなにたくさんリメイクされてるのか不思議に思いません!?

ということで本日は予定を変更してその理由についての調査結果をご報k……。

 

おっと。

間違って別ブログ「マーベル男子ピエールのぽんぽこランド」の記事を書きそうになりました( ̄∀ ̄)

スポンサーリンク

「ANOTHER WORLD」稽古場

ということで、4月27日(金)に初日を迎える星組大劇場公演、
「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」の稽古場の模様がタカラヅカニュースで放送されました!!

すみません、間違えました。

「ANOTHER WORLD/Killer Rouge」の稽古場の模様が放送されました!!

紅ゆずるさんと綺咲愛里さん(アイリーン)コンビとなって3作目の大劇場公演。

この次は台湾公演も控えている星組にとって、
勢いづくためにもすごく大事な公演になることと思います。

まずはお芝居の「ANOTHER WORLD」。

噂では冒頭は日本物恒例のチョンパで始まるようで!

谷先生の作品は比較的しっかりとプロローグがある作品も多くて、
何気にそこからすごい名場面が生まれていたりするので、
今回もどんな華やかなプロローグになっているか楽しみです。

 

やがて本編が始まると、
「あれ……?ここはどこや?……なんや知らんけど綺麗なところやな~( ̄∀ ̄)」と、
戸惑いつつも楽しそうな紅くん演じる康次郎の姿が。

やはり始まりから既にあの世にいる模様ですね。

そんな康次郎を「恋患いで死ぬやなんて( ;∀;)」と嘆く副組長の美稀千種さん演じる父親の金兵衛さんと、
組長の万里柚美さん演じる母親の於登勢さん。

数少ない「この世」の登場人物ですね(笑)。

瀬を早み 岩にせかるる 滝川の

そして次の場面では!

 

いち!にっ!さん!しっ!ごー!ろく!ななみっ!(≧∀≦)

 

我らが「北関東の恋人」こと七海ひろきさん演じる喜六も登場です!!

「瀬を早み~!岩にせかるる滝川の~!瀬を早み~!岩にせかるる滝川の~!」と絶叫している喜六さん。

ちなみに落語には「崇徳院」というお噺があるそうで。

とある商家の若旦那がある日突然寝込んでしまい、
医者に見せたらこのままだとあと5日ともたないと言われてしまったそうです。

一体何があったのかと家に出入りしている気心の知れた熊さんという職人が聞き出そうとすると、
若旦那は先日、茶屋で偶然会ったお嬢さんに一目惚れした話を打ち明けます。

そのお嬢さんは「瀬を早み岩にせかるる滝川の」という崇徳院の歌の上の句を書いた短冊を置いて去って行ったそうな。

下の句が「われても末に逢はむとぞ思ふ」というその歌に込められた意味は、
「川の浅瀬の流れが速くて岩にぶつかる激流が二つに割れてしまってもやがてまた一つになるように、あなたとも再び出会いたいと願っています」
的なもの。

こんな思わせぶりな歌を残されてしまったので若旦那はすっかりこのお嬢さんのことが頭から離れず恋患いとなってしまったようです。

で、それを知った大旦那から、
「死なれちゃ大変だからどうにかそのお嬢さんを探して来てくれ」と頼まれた熊さん。

見つけられなかったら自分が恨まれてしまうので、
彼女の残した短冊の歌だけを頼りに、

 

「瀬を早み~~!!岩にせかるる滝川の~~!!どなたかこの歌に心当たりのお嬢さんはいらっしゃいませんか~~!!??せーをーはーやーみぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!!( ;∀;)」

 

と必死に絶叫しながらフラフラになって探していたら何十軒目かに立ち寄った床屋さんで、
「うちのお嬢さんが一目惚れした男を思って恋患いしてしまったので、その相手を探して今から四国に行くところです」
という人物と遭遇。

「ってことはあなたがそのお嬢さんの代理人んんんん!!!!!!相手も同じく恋患いぃぃぃぃ!!!!!!( ;∀;)」
となったもののお互いに「今すぐうちの店へ」「いやいやそちらこそうちに」と押し問答していたら床屋の鏡が割れてしまって、

「割れても末に買わんとぞ思ふ」

という崇徳院の歌のパロディオチで終わるお話のようです。

以上、三遊亭ぴえるさんの解説でした( ̄∀ ̄)(すべて今日調べたにわか情報です)

なので「ANOTHER WORLD」にはこの「崇徳院」の話も盛り込まれていて、
七海くんが演じる喜六は「崇徳院」の熊さんの役割も担っているということかも知れませんね~。

「やっとのことで見つけたときには、嬢はんは恋患いでころっと逝ってはった(;▽;)」と、
なんかカリカリしながら紅くんに対して関西弁でまくし立てるお兄鯖の姿が新鮮です(≧∀≦)

 

そして「サッカー少年」こと礼真琴さん演じる徳三郎。

たしか徳三郎は江戸の人物だったかな?

「放蕩~~三昧!この世の遊びにゃもう飽きた~( ̄∀ ̄)」と歌っております。

そんな徳三郎を中心に「そ~れそれそれありがたや~♪」と歌ってる場面ではお兄鯖もいっしょに歌っていましたが、
展開が激しすぎて全然どういう場面なのか分からない(笑)。

 

さらに康次郎が「ちょっとお尋ねしますが~、ここは何ちゅうところでんねん?」と尋ねた相手は、
華形ひかるさん演じる貧乏神!

華形くんは「お宅ら、新入りですな~(≧∀≦)」と何やら嬉しそうな様子。

あの世の旅の途中でいろんな人物と出会って踏んだり蹴ったりな話が展開しているようですね。

 

ところでプロローグ以来あの人がまだ出てこないな~、どこ行ったのかな~。

と思っていたら!

 

アイリーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!!!!!!(≧∀≦)

 

康次郎の恋患いのお相手、綺咲愛里さん演じるお澄さんも登場でございます!

何やら腰に刀を携えて、
「よーーしーーのーーーーやーーま~~~~♪」と歌う可愛い可愛いお澄さん。

するとそんなお澄さんの姿を見つけた康次郎。

これが二人があの世で再会した場面ですかね~(*´∇`*)

そしてなんやかんやあって、
「こんな仲間が増えると思いませんでした( ;∀;)みんな、閻魔大王とご対面とまいりまひょ!」
と宣言する康次郎一行の姿でお芝居の映像は終了。

いや~、もう怒涛の展開すぎて全然分かりませんでしたが、
とにかくアイリーンは日本物でも可愛いことと、
お兄鯖は関西弁でも愛おしいことは伝わってきました(* ̄∀ ̄*)

あとはあれですね。

これだけサバサバ騒いでしまったけど結局七海くんが劇中で鯖は食べるのか食べないのかがすごい気になります(笑)。

「Killer Rouge」稽古場

そしてショーの「Killer Rouge」。

冒頭は台湾での制作発表でも歌われていた「キラ!キラ!キラ!キラールージュ!♪」という曲!

七海くんは舞台に向かって紅くんの左側のポジションのようですが、
何とそのさらに隣には音波みのりさん(ミノリーン)の姿も!

幕開きからカイミノリーンの並びーーーー!!ヽ(;▽;)ノ

さらに礼少年の「お前こそ~、キラールージュ!」というソロに続いて、
少年が男役さん6名ほどを引き連れての激しいダンスシーン。

からの紅くんがセンターで「キラール~~~~ジュ!」と締めてプロローグは終わりかなと思いきや。

そのまま華形くんがセンターで歌っている場面もノリノリのまま続いていたり、
ずっとギラギラしてるのでどこまでがプロローグかよく分かりませんでした(笑)(//∀//)

 

続いては少年が「パーパッパ!パラパパ!」と歌っているシーンですが、
その向こう側には可愛く手を振るアイリーンの姿がっ!!!!

これが噂の赤ずきんちゃんと狼のシーンかな~(*´∇`*)

とか言ってたら次の場面ではなぜかゴミ出しをさせられている紅くん(笑)。

冴えない君がカッコ良く変身する系のあの場面かなとかなんとか思っていたら!

パンツスタイルの女役に扮した七海くんの姿が!

「セクシー・ルージュ!」と歌っておりますがきっと噂の女泥棒の場面ですね(//∀//)

「女泥棒」って最初に聞いたとき七海くんが片っ端から女の子をさらっていくってことかと思って、
これはピエル子ちゃんになってアタイも盗まれなきゃと思いつつ、
「でも女だけじゃなくて男もさらわれるよ!女泥棒 兼 男泥棒だよ!恋泥棒だよ!」って言おうと思ってたんですが、
七海くん自身が泥棒の女の役ってことに気付いて「ああ、そっちか」と思いました(笑)。

そんな女泥棒のお姉鯖は手錠で繋がった紅くんを誘惑するように絡んでおります(//∀//)

でも七海くんの見せ場が女役だけやったらアタイ許さへんで……( ̄∀ ̄)

 

さらには昨日バウ単独初主演が発表されたばかりのホットな瀬央ゆりあさん!

何やらショルダーバッグをかけてわりと普段着っぽい場面にも見えますが、
若手娘役さんに囲まれてキラキラした笑顔を振りまいております。

そこから中詰めっぽく歌い継ぐ場面があったり。

及川光博さんの「紅のマスカレード」をカッコ良く歌う紅くんだったり(この曲めっちゃカッコイイ)。

アップテンポなナンバーでの紅くんとアイリーンのデュエットダンスだったり。

とにかく最初から最後まで休む間もない、
正直どこまでプロローグでどこが中詰めでどこからフィナーレかも稽古場映像だけではよく分からないくらい、
終始ギラギラしたギラールージュなショーになっているようですね(//∀//)

ということでついに始まる「アナワール&キラージュ」(略し方が分からないのでとりあえずこう呼んでみる)。

ひろきのお兄鯖がお芝居もショーもたくさん活躍している公演になっていますように~!ヾ(〃>∇<)ノ

スポンサーリンク


ブログランキングに参加しております。
一部の環境下でボタンが表示されないようなのですが、
ポチッとしていただけますと嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

-スカイステージ
-, , , ,