宝塚の雑記

ベルリン、わがアイリーーーーン(≧∀≦)(「ベルリン、わが愛」ポスター公開)

こんばんわがアイリーーーーーーン!!(//∀//)

 

宝塚男子ピエールです(⌒∇⌒)

はてさて、そろそろいつ宙組の次期トップコンビが発表になってもおかしくないとマヂソワしながら過ごしておりましたが、
今日はまだございませんでしたね。

やっぱり「宝塚巴里祭」の東京公演が終わってからとかなのかな~。

となるとXデーは7月5日(水)とか……?

あるいは組子全員が集まったときに発表できるように、
次回の集合日とかだったりするのかな~。

いずれにせよ、まだ数日は毎日マヂソワしながら過ごすことになりそうです……。

プレお披露目公演は何になるのかな~?

そもそも会場どこかな~?

例年通りとするとお正月だから東京国際フォーラムなのかな~?

とか考えながらふと公式サイトにある来年の年間スケジュールを見ていて気付いたんですけどね。

中日劇場、来年もまだ公演やってくれるんですかね!?(//∀//)

いや、ただ単にもとのテンプレートそのまま使ってるだけなのかな……?

ピエール、今まで中日劇場には一度も訪れないまま閉館のときが近付いてきてしまって。

いつもなら宝塚は2月に中日劇場公演をやっているので、
このままの順番で行くと星組になるのかなと思いつつ、
でも閉館するとなるともしかして来年はもう公演ないのかなと淋しく思ったり……。

演目とかにもよるけど、もしあるなら行きたいなぁ……。

でもまた遠征となると厳しいなぁ……( ̄∀ ̄;)オホホ

スポンサーリンク

「ベルリン、わが愛/Bouquet de TAKARAZUKA」ポスター公開!

ということで本日は次回の星組大劇場公演、
「ベルリン、わが愛/Bouquet de TAKARAZUKA」のポスターが公開されました!

 

ベルリン、わがアイリーーーーン!!(//∀//)

 

紅ゆずるさんと綺咲愛里さんの紅リーンコンビの2作目となる大劇場公演。

コスチュームもののお披露目公演「THE SCARLET PIMPERNEL」から打って変わって、
紅くんはダブルのスーツでぐっとシックになっております!

いや~、先行画像でもスーツがすごく似合ってましたが、
ポスターになってもやっぱりカッコイイ!

そしてアイリーン!!(≧∀≦)

 

アイリン、わがアイリーーーーン!!(//∀//)

 

はぁぁぁっぁあぁぁあぁあぁ……!!

美しい!!(//∀//)

左手は紅くんの肩に、そして右手は自分の頬に当てつつ肘を紅くんの右肩に置き。

まるでマッサージ中(笑)!!(//∀//)

2人ともこちらにやや挑発的な目線を送りつつも、
アイリーンは「紅さん、凝ってますねぇ?(*´∇`*)」とか言ってそう(笑)。

 

 

周りを囲んでいるのは映画の撮影機材ですかね?

全体的にシックな色合いとかが時代を感じさせて、
ピエール結構好きな雰囲気でございます。

あとはね、実際の作品がこのビジュアルに負けないドラマティックなものであることを祈るばかりです( ̄∀ ̄)

そこが一番心配なところ……(笑)。

ケストナーは何才?

そしてもう一人、「一部配役」としてエーリッヒ・ケストナー役を演じることが発表されていた、
「サッカー少年」こと礼真琴さん。

少年も左下のワイプに、いわゆる「切手」でポスター入りしてビジュアル公開されています。

「エーリッヒ・ケストナー」でググったときに出てくる写真が結構なオッサンなので、
今回は老け役に挑戦なのかな~とか思ったりしたのですが、
この写真を見るとむしろ青年、というよりまさに少年と言ってもいいくらいの若々しさで。

蝶ネクタイがより若々しさを増しているのかな?

やっぱり少年はヒゲを付けたりして無理に老け役をやるよりこういう役の方が持ち味が発揮できる気がします。

ちなみにWikiによるとケストナーは1899年生まれ。

そして公演解説には「1920年代から1930年代にかけて」と書かれているので、
単純に計算したらケストナーは20~30才前後になるのかなと。

このポスターの写真だけだと20歳前後くらいにも見えますが、
今の時点で発表されている中では唯一の実在の人物と思われるケストナーが、
どんな感じで物語に関わってくるのかも楽しみです。

気になるその他の登場人物

そしておそらく集合日まで他の配役は発表にならないと思いますが、
やはり気になるのは我らが「北関東の恋人」こと七海ひろきさんの役どころ。

紅くんの味方なのか、敵側であるナチスの人間とかなのか。

ビジュアルも、名前も、国籍も、何もかもが謎に包まれておりますが、
何か一つでもいいからヒントをください~~(//∀//)

ホントはスカピンに続いてのポスター入りをして欲しかった気持ちもありますが、
一部配役に名前が挙がってなかった時点で今回はおあずけなんだろうなというのは何となく分かってましたしね(´・ω・`)

 

そしてこの公演には専科から凪七瑠海さんが特別出演、
壱城あずささんと共に、七海くんも含めて89期が3人出演するというのも注目ですよね。

同期ならではの絡みも期待されつつも、
さすがにこの学年で三個一みたいな軽い扱いは無いと思いますが。

 

……あったら許しませんよ?( ̄∀ ̄)

 

あと、是非とも七海くんには恋人役をお願い致します~!

願わくば音波みのりさんと大人のカップルをキボンヌ~!(//∀//)ミノリ~ン

あるいは天彩峰里さんあたりの若い子に慕われる七海くんも見たいよ~!(//∀//)ミネリ~ン

もしくは紅くんと共にアイリーンを奪い合うとかも大歓迎だぞ~!(//∀//)アイリ~ン

とにかく北関東の恋人が誰かに恋している姿が見たいのだ~~!!(≧∀≦)

それから組替えしてきたばかりの有沙瞳さんに「俺も組替えしてきたんだ。困ったことあったら何でも相談してよ。だから連絡先交換しよ?」っていきなり連絡先を聞き出したという七海くんのコミュ力がピエールも欲しいぞ~!(≧∀≦)

 

そしてショーの「Bouquet de TAKARAZUKA」の演出は酒井澄夫先生。

酒井先生と言えば、89期の初舞台公演「花の宝塚風土記」を手掛けた先生でもあり。

あのときピヨピヨしていた3人が、
それぞれ様々な経験を経て今では立派な男役として活躍する姿を、
きっと酒井先生も喜んでくれるのではないでしょうか(T^T)

この学年で一つの公演に同期が3人も揃うなんてなかなかある機会じゃないでしょうしね~。

何にせよ、紅くんとアイリーンがトップコンビに就任して、
初めての完全オリジナル作品、そして初めてのショーとの二本立て。

どんな作品になるか楽しみだ~!(≧∀≦)

ブログランキングに参加しております。
楽しんでいただけましたら、
一日一回ポチッとしていただけますと嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

スポンサーリンク

-宝塚の雑記
-, , , ,