誕生日ジェンヌ

5月12日は白姫あかりさんの誕生日です。

こんにちは。

宝塚男子ピエールです。

5月12日は、花組の白姫あかりさんの誕生日です。

白姫さんは2005年初舞台の91期生。

同期生には月組の紫門ゆりやさんや宙組の澄輝さやとさんなど、
ロイヤル感溢れる方々の多いイメージでピエールは「貴族の期」と呼んでたりします(笑)。

 

そんな貴族の一人である白姫さんの生まれた5月12日。

同じ誕生日の有名人を探したところ、
漫画家の萩尾望都さんがいらっしゃいました。

宝塚でも貴城けいさん主演でミュージカル化された「アメリカン・パイ」の作者の方ですよね~。

小柳奈穂子先生の演出家として第2作目となったこの公演ですが、
制作発表の際、「学生の頃に小田急線の中でこの作品を読みながら号泣していた」
という思い出を語っていたのが印象に残っています。

僕は読んだことが無いのですが、
萩尾望都さんの作品リストを見てみると、
「ポーの一族」「トーマの心臓」「イグアナの娘」等々、
読んだことは無くともタイトルは聞いたことがあるという作品がたくさんありました。

 

他にも「近代看護教育の母」と呼ばれる看護師のフローレンス・ナイチンゲール、
女芸人として大人気の大久保佳代子さん、
そしてミュージシャンの奥田民生さんらがいらっしゃいました。

余談ですが先日のゴールデンウィークで地元に帰ってお馴染み肉島くんと遊んだ際、
いつも車でかけている音楽が「何でそれ!?」というチョイスで笑わせてくれる肉島くんですが、
今回は奥田民生さんプロデュースの懐かしのPUFFYの曲がかかっていました。

しかも肉島くんはずっと「パフィー」が言えなくて「パフュー」と言っていました(笑)。

「パフューのCDあるけど聴く?」と言われてperfumeがかかるのかと思ったら、
スピーカーから流れてきたのは「アジアの純真」という(//∀//)

ちなみにこれまでかかっていたのはおニャン子クラブやZARDといった何とも言えない顔ぶれです。

 

それから日本を代表する演出家、
「世界のニナガワ」こと蜷川幸雄さんが亡くなられたのが、
昨年2016年の5月12日でした。

このニュースが流れたときは衝撃が走りましたが、
あれからもう一年が経つんですね~。

 

それとフィクションではありますが、
映画「ターミネーター」で「シュワちゃん」ことアーノルド・シュワルツェネッガーさんが演じたターミネーター、
「T-800」が未来からやってきたのが1984年5月12日なんだそうです。

ちなみにT-800は2029年の未来からやってきたそうで、
子どもの頃にこの映画をテレビで観たときは、
ものすごい果てしない未来の話かと思っていたのですが、
もうあと干支が一回りしたらターミネーターが製造されるような未来がやってくるんですね~。

しかも何と2018年には試作が開始されていたという設定だそうで、
来年にはT-800が作られるということですよ!

ただピエールは、ターミネーターよりも自分の老いが怖いです……( ̄∀ ̄;)

 

ということで、2029年にはもはや初老になっているピエールですが、
年を取らないフェアリーなタカラジェンヌの皆さんが羨ましいです(//∀//)

白姫さん、誕生日おめでとうございます!(≧∀≦)

ブログランキングに参加しております。
楽しんでいただけましたら、
一日一回ポチッとしていただけますと嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

スポンサーリンク

-誕生日ジェンヌ
-