誕生日ジェンヌ

11月11日は凪七瑠海さん、星風まどかさんの誕生日です。

こんにちは。

宝塚男子ピエールです。

11月11日は、専科の凪七瑠海さん、宙組次期トップ娘役の星風まどかさんの誕生日です。

凪七さんは2003年初舞台の89期生。

89期と言えば花組トップスター明日海りおさん、雪組トップスター望海風斗さんを始め、
「北関東の恋人」こと七海ひろきさん、「北関東の瞳」こと美弥るりかさんなど、
現在各組で中心となって活躍している方々がたくさんいらっしゃいます。

「おとめ」によると凪七さんの「好きな食べ物」は「Feuの四角いクッキー」。

何とこの「Feu(フー)」というお店、
毎週水曜日しか営業していないそうで。

週一の営業でいったいどうやって生活しているのでしょうか……( ̄∀ ̄;)

 

そして宙組の次期トップ娘役の星風さんは2014年初舞台の100期生。

100期生の中でも群を抜いて早くから抜擢されてきた星風さんですが、
さぞや異次元のプロフィールが「おとめ」に書かれているのだろうと見てみると。

「集めている品」は「iPhoneケース」。

……意外と庶民的(笑)(//∀//)

いや、でもケースだけたくさん集めてどうするの!?(゚∇゚;)

ちなみにピエールはAndroidユーザーなんですけどね、
iPhoneケースって型が限られてるので、かなりいろんな種類があるじゃないですか。

でもAndroidっていろんな形がありすぎて、
一つ一つの機種に対してケースの選択肢がすごく少ないのですよ!

何かのグッズで作られるケースもだいたいiPhoneだけだしさぁ……。

 

ということで11月11日がどんな日か調べてみますと。

1918年11月11日、オーストリア皇帝カール1世が退位し、
700年余りに及ぶハプスブルク家によるオーストリア支配が終焉を迎えた日だそうです。

カール1世は、「エリザベート」のフランツ・ヨーゼフ1世の次の皇帝。

しかしカールが誕生したときの皇位継承権の順位は何と第5位。

当初は皇位を継承する可能性はほとんどないと思われていたそうです。

ところがご存知の通り継承権第1位であるフランツの長男ルドルフはマイヤーリンクで自殺。

しかしこの時点でも次期皇帝はフランツの弟のカール・ルートヴィヒ大公か、
その長男のフランツ・フェルディナント大公のいずれかになると目され、
次男のオットー・フランツ大公の息子であるカールが皇帝の座に就くとは誰も想像しておらず。

けれど運命とは数奇なもので。

1896年にフランツ・ヨーゼフ1世の弟カール・ルートヴィヒは他界。

これによりカールの伯父であるフランツ・フェルディナントが皇位継承者に決定します。

しかし彼は将来の皇后としては不相応な伯爵令嬢のゾフィー・ホテフと恋に落ち、
将来自分の子孫が帝位継承権を放棄することを(「エリザベート」の)フランツに約束した上で結婚。

そしてさらに、カールの父オットーは1906年に不摂生が祟って41才で他界。

この時点でカールの帝位継承順位は、
まだ継承権は消滅していなかったフランツ・フェルディナントに次ぐ第二位となります。

ところがここで再び悲劇が。

継承権第1位のフランツ・フェルディナントは、
1914年6月28日、ボスニア出身の青年により妻と共に暗殺されてしまいました。

これが第一次世界大戦のきっかけとなったと言われる「サラエボ事件」ってやつですね。

悲劇に次ぐ悲劇により皇位継承者となったカールは、
1916年にフランツ・ヨーゼフ1世が86歳で崩御したことにより、ついに皇帝に即位しました。

しかしなんやかんやあって第一次世界大戦にも敗れたオーストリア。

カール1世は皇帝として何もオイシイ思いもできないまま、
最後の皇帝となってしまったんですね。

なんかもう、ハプスブルク家っていろいろ大変だったんだなぁと……(これだけ調べてこの結論)。

 

そして11月11日生まれの有名人を探してみますと。

ロシアの小説家、フョードル・ドストエフスキーが1821年11月11日生まれ。

宝塚で上演された作品で言うと「カラマーゾフの兄弟」の作者ですね。

ロシア文学と言うと暗い作品が多いというイメージですが、
「カラマーゾフ」もなかなか暗い話だったな~。

しかし齋藤吉正先生による演出で、
暗いだけでないドラマティックな作品だった印象があります。

たしかあの公演がピエールにとって初めて赤坂ACTシアターで観劇した公演だった気がするんですが、
人生におけるイベントごとの多くで風邪を引いているピエール。

この日もまた風邪を引いた状態で観劇していた記憶があります(笑)。

 

それから「1」がたくさん並んでいるということでありとあらゆる記念日に制定されているようなのですが。

その中でひときわ異彩を放っているのが「チンアナゴの日」。

数字の「1」がチンアナゴに似ていることから制定されたそうなのですが……。

そもそも「チンアナゴの日」を制定する必要ありますかね(笑)?

 

ということで、凪七さん、星風さん、誕生日おめでとうございます!ヾ(* ̄∀ ̄*)ノ

ブログランキングに参加しております。
ポチッとしていただけると幸せですm(_ _)m
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

スポンサーリンク

-誕生日ジェンヌ
-,

スポンサーリンク