スカイステージ

な~んにも知らない人たち(「Brilliant Dreams 愛月ひかる personal編」)

ひーかーるちゃん!ひーかーるちゃん!(≧∀≦)

 

こんばんは。

宝塚男子ピエールです。

はてさてはてさてはてさてはてさて!!

先日より放送されております宙組の愛月ひかるさんの「Brilliant Dreams personal編」。

皆様、ご覧になりまして!?

ついにひかるちゃんのブリドリパーソナルですよーー!!ヽ(;▽;)ノ

そんなひかるちゃんのパーソナルなブリドリをいっしょに盛り上げてくれるのは、
実羚淳さんと七生眞希さんの95期コンビのお二人!

「コーディネートなら私に任せてください」という実羚さんと、
「愛さんに可愛がってもらっています」という七生さん。

「可愛がってもらっている」と自ら名乗る七生さんに対して「可愛がってるけどさ~( ̄∀ ̄;)」と呆れるひかるちゃん。

可愛がるって言ってもビール瓶で殴ったりするのはダm……☆(゜o°(○=(-_-;

今回はそんな下級生のお二人が休日にひかるちゃんとしたいことを考えてくれたそうです!

スポンサーリンク

ファッションコーディネート

ということでまずはミント神戸という場所で、
実羚さんと七生さんがひかるちゃんのファッションコーディネートをしてくれるとのこと!

まずやってきたのはひかるちゃんも普段から御用達だという「ギルドプライム」というお店。

天井に一体どれだけの効き目があるのか分からないプロペラがゆるく回転しているなど見るからにお高そうな雰囲気が漂っております……ピエールさん御用達のGUとはワケが違います……。

気になる服を物色しながらファッションのこだわりなどについても話しつつ。

「今年はチェックが来るよ~」とひかるちゃんが何気なく呟くと、
「あとあれですよね、グレーとブルー」と言う七生さんに対し、
「え!?そうなん!?赤じゃないの!?」と一致するひかるちゃんと実羚さん。

七生さんのいい加減な情報力が早くも露呈しましたー(笑)!(≧∀≦)

 

続いてはアーバンリサーチ ロッソというお店へ。

アーバンリサーチなら何か見たことある気がするぞ……、
でもそのロッソか……ボンゴレみたいなことなのかな……??

そんなロッソでひかるちゃんが目を止めた赤いニットの胸に書かれた「massiv」という文字を、
「ま……しぶ……」と読み上げる七生さん。

こういうのあらたまった読み上げられるとすごい恥ずかしいですよね( ̄∀ ̄;)

ピエールも大学生時代にユニクロで買ったTシャツを着ていたら、
その胸に書かれた「We are always together until the death tears us apart(死によって引き裂かれるまで僕らはずっといっしょだ)」みたいな文字を読み上げたアメリカ人の先生に「Wow!!」って言われました(笑)。

あと行ったことも無いのに「NEW YORK」とか書いてあったりね……。

 

そんな三人の休日のショッピング事情についてのお話へ。

基本的に1人で買い物に行くというひかるちゃんに対し、
同じく買い物は1人だという七生さん。

しかし自分で決められずに実羚さんに対し「どうこれ?」と買い物しながら連絡して聞いてきたりするそうです(笑)。

一方のひかるちゃんはお店の人に相談しながら決めていくそうで。

実羚さんは逆に自分で考えたいのでお店の人に介入されるのは嫌なんだそうですが、
ピエールもまさにこっちのタイプです。

基本的にお店の人なんて信用してないのでどうせ「似合いますよ~」とか「これもいっしょにするといいですよ~」とか言ってくるし、
派手過ぎて買い手のつかない服を「ちょっとしたパーティーとかに着て行くのにオススメですよ~」とか言ってくるに決まってますもの!( ̄- ̄)

お前らの言う「ちょっとしたパーティー」って日本のどこでやってんだよ!?お茶会か!?

 

ちなみにひかるちゃんたちが選んでいたものと同じかは分かりませんが似ているものをAmazonで探したところ。

ギルドプライム レッドギンガムジャケット

 

52,920円ですって!(//∀//)

ピエールが1月のバウ遠征時に慌てて買ったコートはこれの消費税分くらいのお値段でした……(笑)。

まぁ、これだけカッコ良く着こなせたら、いい服買う甲斐もありますよね( ̄∀ ̄)

キザるのが苦手だったひかるちゃん

そしてそんなひかるちゃんの知られざる姿について語る下級生のお二人。

新人公演時代に誰よりもたくさんひかるちゃんの役を演じていたという七生さんは、
ひかるちゃんがウィンクをしたりするのが苦手だと言っていたことにビックリしたそうで。

さすがにもう台詞で「愛してる」とか言うのは恥ずかしくなくなったというひかるちゃんですが、
ショーでカッコ付けなくてはいけない場面は未だに恥ずかしいようで。

「A Motion」のときにおそらくひかるちゃんがカッコ良くて「きゃ~!(≧∀≦)」とリアクションをしてくれたお客さんに、
ひかるちゃんは思わず振付を間違ってしまうほど動揺してしまったそうです(笑)。

ボウリング対決

続いてはラウンドワンにてボウリング対決。

まずトップバッターはボウリングが10年ぶりだという七生さん。

思いっきり右に外してあっさりガター(//∀//)

「その床の三角の目印見て投げるんだよ」とひかるちゃんからのアドバイスを受けた2投目もわずか1本。

出だしからかなりの不安を感じるスタートです(笑)。

続いてはボウリング経験はほぼ無いという実羚さん。

おそるおそる投げた球はレーンの半分くらいでこれまたあっさりガターに(笑)。

見ていた人たちが揃って思ったであろうこと。

 

なぜボウリングを提案した。

 

そしていよいよひかるちゃんの番。

ここは上級生としてカッコイイところを見せなくては!

と思ったけどやっぱりガター(笑)。

 

このままグダグダな流れが続くかと思いきや。

何と七生さんは8本、実羚さんも9本、ひかるちゃんも8本倒すという大躍進!

しかも七生さんは何投目かでいきなりストライクも!

さすが普段から短いお稽古期間でいろいろなことを身に付けているタカラジェンヌ、
キャッチアップの速さがすごいですね~。

続く実羚さんも、1投目で残していた7本くらいのピンを2投目で見事に全部倒してスペア!

しかし実羚さん、
「え?これは何て言うんですか?(・∀・)」と。

「スペア」という言葉も知らない下級生からボウリングへ連れて来られたひかるちゃん……(笑)。

収録後に振り返ってトークしている場面では、
「一回もストライクを出せなかった」と悔しがる実羚さん。

しかし「あ、でも一回全部無くなったよ( ̄∀ ̄)」という実羚さんの独特の言い回しに、
「ん?( ̄∀ ̄;)」と理解できない様子のひかるちゃんと、
「スペア出したんだよね」とフォローする七生さん。

「スペアくらい知っててもらっていいかな?( ̄∀ ̄;)」と呆れるひかるちゃんでした(笑)。

そんなボウリング対決、
実羚さんが77点、七生さんが86点、優勝したひかるちゃんも88点という。

町内イベントで初めてボウリングに挑戦した小学生になら勝てそうなスコアのお三方でした(笑)(⌒∇⌒)

ダーツ対決

そして最後はダーツ対決。

「ダーツ経験者はー?」と聞いたひかるちゃんに対し、
まったく手を挙げる様子の無い下級生2人。

 

やったこと無いのに提案した2人(笑)。

 

これはすごいのが期待できそうだぞ~( ̄∀ ̄;)

予想通り、三人ともなかなか的にも当たらないという散々な事態に(笑)。

しかし何とかコツを掴んできたのか、ようやく高得点も出てくるようになり。

やがて見事に真ん中に当てたのはひかるちゃん!

画面に表示された「S-BULL」という言葉に、
「エスブールって何?エスプールって何?」と大騒ぎの七生さん。

 

ブルを知らない人にダーツへ連れてこら(略)。

 

いやー、でも実はピエールも「BULL」は知ってましたが「S-BULL」って何か知らなかったので調べてみたところ。

真ん中の「BULL」は厳密には内側の「インナーブル」と外側の「アウターブル」に分かれているそうで。

BULLの中でも外側の「アウターブル」に当たると1投分の25点が入る「シングルブル(S-BULL)」、
より内側の「インナーブル」に当たると2投分の50点が入る「ダブルブル(D-BULL)」となっているんだそうです(ゲームの種類によってはどちらも同じ点となる場合もある模様)。

地方に行くとスポッチャに行ってしまうタカラジェンヌ

そんなボウリングやダーツについて、
「公演中やお稽古中はほとんど行かないけど全国ツアーに行ったときはめっちゃ行く」という3人。

「何でだろうね~、普段全然やらないのに」というひかるちゃんに、
ピエールが明確な答えを進呈致します。

 

田舎には他にすることが無いからです(by栃木育ち)。

 

ピエールの高校時代も、遊びに行くと言ったらカラオケかボウリングくらいでしたからね~(当時はダーツなんてオシャンティなものは無かった)。

たしか栃木県のカラオケ1店舗あたりの部屋数は全国一だと聞いたことがあるような……。

ゆえに栃木の高校生はだいたいボウリングかカラオケかどっちかは得意なんですよ。

運動が得意な体育会系の人はボウリングが上手くなり、
運動が苦手は人は歌が上手になり。

どっちも伸び悩んだ人がゲーセンに入り浸って不良になるという構図ができあがっております(笑)。

 

そんなこんなで、非常に笑わせていただいた30分間でございました。

このブリドリパーソナル、芸事に関連したものを披露する人もいれば、
ひかるちゃんのように舞台とは無関係な遊びをしてくれる人もいて様々ですが、
ピエールは結構ひかるちゃんのように普段とまったく違うことをグダグダにやってくれる回が面白くて好きです(//∀//)

これを見ればひかるちゃんはもちろん実羚さんや七生さんのこともさらに好きになってしまうこと間違いなしなので、
まだご覧になってない方はどうぞお見逃しなく~( ´ ▽ ` )ノ

スポンサーリンク


ブログランキングに参加しております。
一部の環境下でボタンが表示されないようなのですが、
ポチッとしていただけますと嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

-スカイステージ
-, ,