スカイステージ

「Brilliant Dreams +NEXT 七海ひろき」第4回を拝見して

こんばんは。

宝塚男子ピエールです。

ということで7月から始まった我らが「北関東の恋人」こと七海ひろきさんの「Brilliant Dreams +NEXT」。

早いもので折り返しの第4回が放送されました!

早い……早すぎる……。

これが終わってしまったら我ら七沼の住人たちは何を摂取して生きていけば良いのか……。

スポンサーリンク

今回は娘役さんが盛りだくさん

先のことを考えると悲しくなってしまうので、
まずは第4回のゲストとして登場した方々をチェック!

第1回と第2回では男役2人と娘役1人をゲストに迎え、
第3回では同期の壱城あずささんと一騎打ちというスタイルで意表を突いてきた七海くん。

そして第4回は男役は如月蓮さんお一人、
娘役からは音波みのりさん、紫りらさん、小桜ほのかさんと、
何と男1:娘3というこれまた今までと違う形式を取ってきました!

冒頭でゲストを一人ずつ紹介するのですが、
音波さんのことを「はるこ!」と呼び捨てで呼び出す七海くんにピエールはいきなりやられました(//∀//)

宝塚の名シーンをドラマで再現

今回のテーマはずばり「宝塚の名シーン」。

過去の宝塚の作品の名場面を、
一部現代風のドラマにアレンジして再現しようという試みのようです。

ありそうでなかったパターン!

さすがは我らが北関東の恋人!(≧∀≦)

 

まず最初のヒロインは「はるこ」と呼ばれた音波さん。

モチーフにされた作品は七海くんの初舞台作品「シニョール・ドン・ファン」

美原志帆さん演じる女優ローサと、大空祐飛さん演じるマネージャーのスティーブの名場面です!

ハイハイハイハイ!(・∀・)

この場面覚えてますよ!

宝塚デビュー直後でチケットも無くて観に行くことはできなかったのですが、
当時からこのスティーブの包容力が超話題になってたのを鮮明に覚えてます!

この作品、ストーリー自体がすごく名作という感じではなかったと思うんですが、
男役も娘役も役が豊富ですごく観ていて楽しい公演だな~と思いました。

ローサは一世を風靡したもののいつしか落ち目となってしまった女優の役で、
美原さんの大人の女性としての演技もすごく輝いてたんですよね~。

音波さんもすごく経験豊富で大人の雰囲気のある娘役さんなので、
ローサの抱える葛藤とかが短い再現ドラマの中でもすごく表現されていて、
もうこのまま実際の公演でも観たくなってしまいました!(≧∀≦)

 

そして続いて登場したヒロインは小桜ほのかさん、
モチーフとなる作品は「エールの残照」

この作品、タイトルはよく聞くんですが観たことないんですよね~(>_<)

七海くんにとっても憧れの天海祐希さんの主演作品だそうです。

作品自体を観たことが無いのでどういう場面かよく分かってないのですが、
七海くんが思い入れのある作品と聞くと一気に観てみたくなりますね~( ̄∀ ̄)

ちなみにヒロインを演じた小桜さんは「ほっぺが……電光石火が……駆け抜け……」と、
「意識不明状態」に続く名言を放っていました(笑)。

七海くんへの手料理のプレゼント

そしてインターミッションでは、
ゲストの皆さんから七海くんへ思いのこもったお弁当をプレゼントするというコーナー。

初回ではギター、第2回ではお菓子作りに挑戦していたのに、
第3回のショッピングに続き今ではまったく何かにチャレンジする要素は無くなってしまったようです(笑)。

まずは小桜さんが憧れの先輩に手作りのお弁当をプレゼントという設定。

「私、初めてひろきさんに会ったとき、頭の中で、ベルがね、鳴ったの」と、
「ほのかワールド全開」というテロップが流されるほど独特の世界が繰り広げられていました(笑)。

しかもハート型のサンドイッチという、
切り落とした部分をちゃんと食べてるのか気になるメニュー(//∀//)

そのサンドイッチには蜂の人形の付いた楊枝が刺さっているのですが、
「蜂は、ハチミツの蜂です」という、
テロップも「???」しか出せない謎の発言が飛び出す始末(笑)。

 

続いては紫さんのお弁当。

渡すときの台詞は、
「ひろきさんのことを考えていたらいつの間にかお弁当を作ってしまいました。責任を取ってください!」と。

七海くんは「取りましょう」と言ってお弁当を受け取りましたが、
紫さんはカーテンの向こうに逃げて行ってしまいました(//∀//)

しかしアレですね、「いつの間にかお弁当を作ってしまった」というのは、
早めに診察を受けた方が安心かも知れません(笑)。

 

さらに音波さんは付き合ってるカップルという設定。

喧嘩した翌日に仲直りのために作ってきたお弁当は、
何と七海くんがこよなく愛するアザラシ柄の弁当箱と袋に入って、
中身もアザラシのキャラ弁という手の込み具合!

いや~、これを探してくれてるとか想像しただけで嬉しいですよね~。

七海くん、いろんな方から愛されてることをしみじみ感じたのか、
後から収録を振り返っていて思わず涙ぐんでしまっていました(T^T)

 

ちなみに如月さんは一体何をしてくれるのかと思っていたら、
一応如月くんパターンも撮影していました!

何故か七海くんが大学受験生という設定で、
「兄貴、これで合格間違い無し!」と如月さんから呼ばれつつ渡された弁当は、
さっきまでの可愛い弁当箱とは打って変わって使い捨てのプラスチック容器(笑)。

いや~、さすが如月さん(//∀//)

一瞬、焼肉屋さんのお弁当か何かと思いました(笑)。

オフィス編

そして続いては宝塚の名場面とは別に、
オフィスを舞台にしたサイレントのミニドラマ。

ロッカーの上に置かれたファイルに手が届かなくて困っている音波さんを見て、
さり気なくファイルを取ってくれる七海くん。

上司の如月部長にミスを怒られた音波さんを慰める七海くん。

如月部長と話しつつ音波さんに渡したファイルに「19時、いつもの場所で」と書かれたメモを忍ばせる七海くん。

音声は一切無しの中でもそこにいるだけでカッコイイ七海くんが目白押しです!(≧∀≦)

そして後からモニターチェックをしていた如月さんは、
「じゃあ、私は20時にいつもの場所でいいですか?(・∀・)」とオチをつけていました(笑)。

大空さん推しの七海くん

さらにドラマは紫さんをヒロインに迎え、
「ヴァレンチノ」の場面をモチーフに。

これも「ドンファン」のスティーブと同じく大空さんが演じた役ですよね~。

七海くん、何気にかなりの大空さん推しなのかも知れませんね(//∀//)

やっぱり初舞台公演に出ていた上級生で、
後に自分の組のトップスターとなった方ですし、
他の方とは違う特別な憧れがあるのかな~(* ̄∀ ̄*)

ちなみにこの公演で七海くんはナターシャという女役を演じていて、
その姿が印象的で七海くんに注目し始めたという方もたくさんいらっしゃるそうなのですが、
実はピエール、この作品まだ観たことが無いのです(>_<)

早急に再放送キボンヌ~~!!

如月さんもしっかりヒロイン

如月さんはどこかで男役として登場するのかと思っていたら。

「BLUFF~復讐のシナリオ~」をモチーフにした再現ドラマでしっかりヒロインを務めていました(笑)!

すごいごついメガネをかけて、
「せっかく綺麗になったのに、それかけると、またブスだよ?」と七海くんに言われる蓮ちゃん。

メガネを外されて「や~だ~!(>_<)」と抵抗する姿が、
何でしょう、女の人が女の人を演じてるだけなのに、
何とも言えないこのざわざわ感……(笑)(//∀//)

そしてこれは正塚晴彦先生の作品じゃないですか~!

これまた観たことない……是非ともこれも放送してくれ~!!

正塚先生の作品と七海くんって絶対相性いいと思うんですよね~。

大人の男役の包容力と繊細な芝居心が求められる作品が多いので、
まさに七海くんにうってつけだと思うのです。

最後はあの人がサプライズ登場!

そして番組のラスト、
NGカットを公開している中で油断していたら!

何とそこに現れたのは紅ゆずるさん!

収録中の七海くんたちのために差し入れを持って来てくれたそうです!

不意打ちのベニカイ~~!!(≧∀≦)

いや~、今回もまた最後の最後まで幸せな30分間でした(* ̄∀ ̄*)

ブログランキングに参加しております。
楽しんでいただけましたら、
一日一回ポチッとしていただけますと嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

スポンサーリンク

-スカイステージ
-, , , ,