観劇レビュー・感想

暮らし感じる、ソラホーム(「クラシカル ビジュー」感想)

こんばんは。

宝塚男子ピエールです。

ということで本日は、宙組トップスター朝夏まなとさん(まぁさま)の退団公演、
「クラシカル ビジュー」の感想を書かせていただきます。

たしかまだ大劇場で公演中だった頃、
どなたかがTwitterにおいて「クラシカルビジュー」を「暮らし感じる」に聞き間違ったというツイートが話題になっており。

「なんてセンスのある聞き間違い(笑)」と一人ニヤニヤして見ていたんですが、
この面白さを共有できる人が職場や友人におらず……。

「暮らし感じる」って何か住宅メーカーのキャッチコピーにありそうじゃないですか(笑)。

「暮らーしー感じる~♪」っていうテーマソングとともに幸せそうな三世代くらいの家族が映り、
「暮らし感じる、ソラホーム」みたいな遠藤憲一さんあたりのナレーションが最後に流れるCMを想像してしまい、
自分にそういうパロディ動画みたいなのを作るスキルがあったらと非常に歯がゆい思いをしておりました(//∀//)

で、観劇のときに「暮らし感じる」に聞こえて笑っちゃったらどうしようとすら心配していたのですが、
実際はショーの煌びやかさに惹き付けられて集中していたので心配無用でございました(笑)。

でもこの空耳、後世に残るハイセンスな聞き間違いなんじゃないかと、
この時代の宝塚をリアルタイムで見ていた世代として責任を持ってこれからも語り継いでいきたいと、
私このように思っております(`・ω・´)キリッ

 

ということで、普段からショーの感想をまとめるのが得意ではなくて、
しかも観劇から時間も経って来てしまって、
今回もどこの場面のどの人が~という感想があまり具体的ではないのですが。
(ならなぜチキンの記事とか書いていた)

とりあえず言葉にできる限り、細切れな感想ですが書き残しておきたいなとm(_ _)m

スポンサーリンク

サヨナラ色は薄目のショー

今回のショー、皆さんがどう感じたかは分からないのですが、
ピエール個人的には「サヨナラ色」はそれほど濃くないショーだった気がします。

人によってはそれが退団公演として物足りなく感じた方もいたかも知れないなと。

けれどピエールは逆にそこが好きでした。

退団公演、特にショーって、ひたすらサヨナラ色を前面に出した作品も多いですが、
それって初めて宝塚を見る人だったり、退団公演という事情を知らない人を置いてけぼりにしてしまう気がするんですよね。

長く応援してきたファンにとってはそれだけでも感動だと思うんですが、
やっぱり客席にはそれ以外の人たちもたくさんいるわけですし、
「切なくサヨナラ感出しときゃ泣くでしょ?( ̄∀ ̄)」って思われてそうなのがちょっとシャクで(笑)。

あからさまなサヨナラ色を出さずに、
退団公演だと知っている人にとってはそこに込められたサヨナラ色をあちこちに見つけられる。

それが僕が個人的に一番好きなタイプの退団公演なのです。

以前宝塚にいた荻田浩一先生とかはこれがすごく秀逸だったので大好きだったのですが、
残念ながら「ソロモンの指輪」という作品を最後に荻田先生自身が退団してしまい。

稲葉太地先生には、荻田先生の「さり気ないサヨナラ色」に通じるものを感じております。

同期に見送られる退団者たち

この公演で退団されるのはまぁさまの他に、
93期の瀬音リサさん、95期の彩花まりさん、涼華まやさん、伶美うららさんの娘役さん4名。

ピエール、初日をご覧になったOz様の感想を薄目で拝見していたときに、
「退団者4人が踊ってる途中で瀬音さんと他の3人に分かれるところがあって『何で?』って思ったら同期と踊ってることに気付いて泣いた」
みたいなことが書かれているのをやたら鮮明に覚えていたんです。

でもそれを読んでいたときはどういう状況なのかちゃんと理解できていなくて(笑)。

で、実際に観劇したとき。

 

理解しました(泣)。

 

この場面でそのことに気付いた瞬間、
「Oz様ーー!!こういうことだったんですねーー!!( ;∀;)」
って叫びそうになりました(´;ω;`)

退団者としては95期の方が多いのですが、
ピエールは瀬音さんチームの93期の方についつい目を奪われてしまい。

一人退団していく同期の瀬音さんを見守りながらいっしょに踊る、
星吹彩翔さん、愛白もあさん、蒼羽りくさん、結乃かなりさん。

そして、人見知りだった瀬音さんに音楽学校に入って初めて声をかけてくれたという愛月ひかるさん。
(相変わらずこのエピソードが死ぬほど好きなピエール)

自分の推しメンと仲良しの人には必然的に感情移入してしまうことって多いと思うんですが、
ひかるちゃんと仲良しの瀬音さんがまさしくその一人で。

しかし噂ではこの場面の瀬音さん、
お客さんに見えない角度で同期に向かって変顔とかしてるらしいですね(笑)。

同期と言ってもそれぞれ特に仲のいい人とそこまでいっしょにいたわけじゃない人とかいると思うので、
この93期の中で誰と誰が仲良しなのかとかはよく分かってないのですが。

それでもこの瀬音さんを囲んで踊る93期の皆さんの笑顔はすごくキラキラしていて、
淋しさよりも祝福で瀬音さんを見送ろうという気持ちを感じました。

いいですねぇ、同期って……(中途入社ゆえぼっち社員のピエール)。

まいあんの話

まーいあーーーーん!!(・∀・)

 

ちょっと湿っぽくなってしまったので、華妃まいあさんの話を(どういう扱い)。

まだ研5のまいあん、さすがにセンターの場面とかは無いので、
大勢が出てくる場面とかだとついつい探しちゃいますよね( ̄∇ ̄*)ゞ

後々スカイステージで放送されたときとかにセンターの方々はたくさん映ってると思いますが、
やっぱり下級生とかはなかなかカメラに抜かれるチャンスも無いと思うので(宝塚ファンあるある)。

で、たしかプロローグでは黄色チームのまいあん。

スタイルがいいので、遠目に見ていても「あれかな?」と当たりが付けられるくらいにすらっとしております(//∀//)

ちなみにこのプロローグで娘役さんが肩に付けてる色とりどりのふわふわ、
Oz様もおっしゃってましたが、ちょっと微妙だった気がしました(ごめんなさい)。

なんか、学校の文化祭とかで壁に付ける飾りみたいな素材に見えて……。

たぶんいろんな宝石の色を現しているんだと思うんですが、
肩のラインはキレイに見せて、他のところに付いてたら良かった気がするんですけどね~。

 

あと、まいあんを発見しやすかったのは、やっぱりコラールの場面。

ピエール、スカステの映像でこの場面を見ていたとき、
星風まどかさんが頭に付けているサンゴの飾りを、
てっきりトナカイのツノだと思い込んでおりまして……(笑)。

ひかるちゃんたち探検隊がジャングルに迷い込んで、
トナカイの美女たちに誘惑されるという場面かと思っておりました( ̄∀ ̄;)

よく考えたらそもそもトナカイの美女って……(笑)。

ちなみにひかるちゃんは桜木みなとさんや和希そらさんと共に登場しますが、
まいあんはたしか主に桜木さんとコンビになって踊っていて。

サンゴの娘役さんたちはたくさん登場しますが、
その中でもまいあんはメインのサンゴの一人なのかな~という気がして嬉しかったです(≧∀≦)

だからホントね……そろそろアレよ……まいあんにも新公ヒロインをさ……。

まぁさまの集大成

そしてこのショー、何と言ってもまぁさま率いる男役の群舞!

黒燕尾で踊る「ザ・群舞」なフィナーレ。

トップスターがダンサーのときに最大化される、
男役群舞の真骨頂がそこにありました。

2番手の真風涼帆さんも、3番手のひかるちゃんも長身ピラミッドなので、
群舞もすごく見応えがありますよね。

羽山紀代美先生の振付も本当にカッコ良くて。

毎公演シンプルな黒燕尾だと変わり映えしないというのもあると思いますが、
ちょっと変わった衣装での群舞だと個人的に淋しく感じるときもあって。

やっぱり何作品も作ってるとちょっと変わったことやらなくてはという気持ちになるんだと思いますが、
サヨナラ公演のときとかはこういうのが見たい!という「ザ・黒燕尾」でした。

「黒燕尾の安定感を恐れるな」

これピエールの座右の銘です( ̄∀ ̄)

パレードにおける娘役さんの役割

そしてパレードのスタートを飾るエトワールは、
次期トップ娘役の星風さん。

大劇場の初日が明けたとき、
星風さんに対して結構厳しい声が飛んでいた記憶があります。

その理由は星風さん自身に対してというよりは、
瀬音さんや彩花さんといった歌姫の退団者にエトワールをさせてあげて欲しかった、というものだったのかなと。

もちろん退団者の方がエトワールだったとしたらそれはそれで歓迎していたと思いますが、
個人的には星風さんのエトワールもすごく嬉しかったです。

「次期トップのお披露目にエトワールを使わないで欲しい」という声もあったんですが、
ピエールの中ではエトワールって2番手娘役さんの見せ場でもあるイメージで。

もちろん歌姫タイプの娘役さんでなければ無理にエトワールを担わせる必要は無いと思うのですが、
宝塚ファンになった初期の頃に娘役2番手だった、
彩乃かなみさんや遠野あすかさんや白羽ゆりさんと言った方々がエトワールをされているのをよく見ていたので。

今回の星風さんのエトワールは「次期トップのお披露目」というより、
正式に2番手娘役として認められての大役という風に受け止めました。

 

そして星風さんが2番手ということは、必然的に伶美さんがトップ娘役の役割。

パレードでは、星風さんの次にソロで歌いながら降りてきました。

本当にトップ娘役であればまぁさまの直前に降りてくるので、
もちろん伶美さんの扱いはトップ娘役としてのものではないのですが。

娘役さんとしてはすごくレアなパレードのソロという扱いも、
それだけ伶美さんが今の宙組にとって大きな存在として認められているからだと。

まさにトップ娘役不在だった瀬奈じゅんさんの退団公演の「Heat on Beat!」でも、
ヒロイン格のポジションを分け合っていた城咲あいさんと羽桜しずくさんがパレードでそれぞれソロを歌っていましたよね。

最後に銀橋で並ぶときは、真風くんと共にまぁさまの隣に立っていた伶美さん。

これに対しても、「トップ娘役でもないのにあそこに立たないで欲しい」という厳しい声も見かけました。

でも、僕は伶美さんがトップ娘役ポジションに立っていたことも嬉しかったです。

単純に、トップスターの両サイドが男役というのもちょっと男くさすぎて淋しいですしね(笑)。

 

ということで、細切れな感想になってしまいました、
まぁさまの宝塚最後の公演、お芝居もショーも本当に満足でした!

例のごとくライビュは落選してしまったので、
その週末は大人しく実家に帰るか、断捨裸零離くんと遊ぶか、
はたまた出待ちだけ行こうかとかいろいろ調整中です(笑)。

寒くなってきたので出待ちも大変な季節になってしまいましたけどね~( ̄∀ ̄;)

まぁさま、退団はもう少し暖かくなるまで延長しません……(笑)?ヽ(;▽;)ノ

とにもかくにも、千秋楽まであとわずか。

宝塚生活の最後の瞬間まで、まぁさまと、退団者の皆様と、そのファンの方々が、
最高に楽しい時間を過ごせますように!(≧∀≦)

ブログランキングに参加しております。
ポチッとしていただけると幸せですm(_ _)m
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

スポンサーリンク

-観劇レビュー・感想
-, , ,

スポンサーリンク