スカイステージ

いつの間にか千秋楽を迎えていつの間にか放送されていた雪組。

こんばんは。

宝塚男子ピエールです。

ということで、雪組新トップコンビ望海風斗さん(だいもん)と真彩希帆さんの大劇場お披露目公演、
「ひかりふる路~革命家、マクシミリアン・ロベスピエール~/SUPER VOYAGER!~希望の海へ~」

2017年の宝塚大劇場最後の公演でもあり、
「もうすぐ今年も終わりか~(。-∀-)」とピエールが馬鹿みたいな顔で過ごしていたら。

 

いきなり千秋楽になっていた。

 

いや、大劇場って年末ぎりぎりまでやってないのは把握していて、
そろそろ千秋楽だな~というのは認識していたんですが、
普段って大劇場は月曜日が千秋楽じゃないですか??

なので12月18日(月)が千秋楽だと思い込んでいたんですよ( ̄∀ ̄;)

Twitterで金曜日に「雪組もう千秋楽か~」って言ってる方をちらほら見かけたんですが、
「今週末で終わるな~」みたいなことだと思っていまして(笑)。

 

しかし金曜の夜に、この公演で退団される沙央くらまさんのご挨拶とかのレポが上がっていて、
「え!?今日が千秋楽だったの!?(;・∀・)」って初めて気付いたんですが。

年末なのでいつもとは違って変則的なスケジュールなんだな~と思い。

「ってことは千秋楽の模様は月曜のタカラヅカニュースで放送されるのね~」と思っていたら今度は何と。

 

週末の総集編で放送されていた。

 

そのことに気付いたのも土曜の夜……。

慌てて日曜朝のやつを録画予約しました(普段は総集編は毎週録画していないピエール)。

スポンサーリンク

本編については少しだけ……

ということでとりあえず本編については印象に残ったところを簡潔に述べますと。

彩風咲奈さんが今までに無く男らしく踊っている姿がその超絶スタイルもあってすごくカッコ良かったのと。

お芝居の映像には見つけられなかったけどショーの方で永久輝せあさんと朝月希和さんと三人で歌い踊ってるシーンが映った星南のぞみさんがヴォイジャ・ヴォイジャー・ヴォイジェストな可愛さだったのと。

彩凪翔さん演じるロラン夫人の胸に描かれた谷間の模様です(笑)。

今回の公演、ピエールが観られるのは年が明けての東京公演なのでまだこれからですが、
「彩風咲奈=ダンサー」というイメージが一気に定着するんじゃないかという予感がしております!

そして「星南のぞみ=可愛い」も定着したら嬉しいなと(*´∇`*)ノッゾミ~ナ~

でも「彩凪翔=谷間」は定着しないことを祈ります(笑)。

心のポンポン

そして終演後。

まずは組長の梨花ますみさんのご挨拶が。

今回の公演は客席参加型としてポンポンを振る場面がありますが、
そのポンポンも公演を重ねるごとに増えていったことを話していました。

新トップコンビお披露目ということで初日はやはりポンポン持参率は高かっただろうなと思いましたが、
その後も回を重ねるごとに増えていったんですね~。

ピエールは2階席なこともあり購入の予定はないのですが……(ごめんなさい)。

あと公演終わった後どうしようっていう現実的なこと考えちゃって……(笑)( ̄∀ ̄;)

でも心のポンポンをしっかり振って新生雪組の誕生を祝福する所存であります!ヾ(* ̄∀ ̄*)ノ(心のポンポンって)

 

続いてこの公演で退団される方が、最後の大劇場の大階段を降りてのご挨拶。

まずは夢乃花舞さん。

98期生ということで、真彩さんやノゾミーナ、
そしてこの公演から雪組生となった綾凰華さんらと同期生の方。

組からの花束はだいもんから、
同期生からの花束はその綾さんから渡されたようです。

「夢の舞台に立たせていただき、たくさんの愛を頂き、本当に幸せでございます。舞台を作り上げる皆さんと過ごした時間は、私にとって一生の宝物です。大好きな雪組の皆さま、かけがえのない大切な大切な同期、そしていつも見守り励ましてくださった客席のお客様。私に携わってくださったすべての皆さまに、感謝の気持ちと愛込めまして。本当にありがとうございました」
と笑顔で挨拶されていました。

沙央くらま、大劇場最後の日

もう一人は、古巣雪組に専科生として帰って来て退団される沙央くらまさん。

専科からの花束は「ひかりふる路」に出演されている夏美ようさんから。

そして同期生からの花束は、雪組時代に共に過ごした、
元雪組トップスター早霧せいなさんが駆けつけてくれたようです。

元々宙組生だった早霧さんが雪組に組替えしたのは、
たしか研8の終わりくらいだったでしょうか?

男役としてとても重要な時期を共に過ごすことになった早霧さんと沙央さん。

後に沙央さんがスカイステージで語っていたのを聞いた記憶があるのですが、
同期で、背丈も同じくらいで昔から似ていると言われることもあった二人が同じ組にいると、
いろいろと比べられたり、競い合うことを要求されたりすることもあったと思います。

最終的にトップスターと専科と異なる立場で宝塚の舞台を去ることになったお二人ですが、
やはり沙央さんにとって早霧さんの存在は特別なものなようで。

花束を持ってきた早霧さんの姿を見た途端に顔をくしゃくしゃにして涙を流し、
そんな沙央さんを早霧さんは熱く抱きしめて。

きっと言葉は交わさなくてもお互いに通じ合う気持ちがあったでしょうし、
見ている人にもそれが伝わるお二人の関係性を感じました。

 

「まず始めに。今、まさかの、泣いてしまいました」と泣き笑いしながら語り出した沙央さん。

「やはり早霧ともう一度(この舞台に)立ちたかったなと、心から思いました」と、
淋しそうに、でも幸せそうに微笑む沙央さんの表情にこちらも込み上げてくるものがありますね(´;ω;`)

「本当に、宝塚を通じて、たくさんの方々に出会えたんだなと思います。雪組、月組、そして専科になってから(特別出演した)宙組、そしてまたこうして雪組に戻ってこれて、素敵な仲間たちに囲まれながら卒業できること、そして、いつも情熱を持って私たちを支え宝塚を作ってくださっている先生方やスタッフの皆さまの愛や、何よりもこうしてず~~っと17年間歩み続けた私のことを色んな気持ちで応援してくださり、温かく深い愛情で包み込んでくださいましたファンの皆様に出会えて、本当に良かったな~と思います」と、
涙を流しながらも充実した表情で語っていました。

 

僕がこのブログを始めたばかりの頃。

まだ読んでくれる人もコメントもわずかだった頃に、
何度かコメントをくれた方がいました。

その方はまだ当時月組から専科に異動したばかりだった沙央さんのファンで、
沙央さんへの愛を熱く語ってらっしゃいました。

申し訳ないことに今までコメントくださった方々すべてのことを覚えているわけではないのですが、
やっぱり初期の頃にコメントくださった方は覚えていることも多く。

それから間もなく、その方がコメントをくださることは無くなってしまったので、
沙央さんについて触れることが決して多くはなかったこのブログはもう読んでいただけていないのかなとは思うのですが、
沙央さんの退団発表があったときもその人のことをふと思い出し、
「沙央さんの退団を聞いて、あの人はどうしてるかな~……」と気になったりしておりました。

そしてこの沙央さんのご挨拶を聞いて、またその方のことを思い出しました。

うまく表現できないのですが、「ファン⇔タカラジェンヌ」という一対一の繋がりだけじゃなくて、
一人のタカラジェンヌを通してまったく知らない人同士を出会わせてくれる、
宝塚という場の温かさや大きさのようなものを感じております。

トップスター望海風斗、初めての大劇場千秋楽のご挨拶

そして最後に、新トップスター望海風斗さんのご挨拶。

「初日に出航しました白雪号は、無事に荒波を乗り越え旅を終えて、いったんここ宝塚港にイカリを下ろし、また東京に向けてパワーを溜めたいと思います」と語るだいもん。

「大劇場で得たことを追い風にして、専科の夏美ようさん、そして今日大劇場を卒業される沙央さん、夢乃花、そしてこの公演で組替えとなる桜庭(=桜庭舞さん)、そしてここにいる仲間全員で、全力で、東京でも船を漕ぎ続けたいと思います!」
と力強く決意表明していました。

初日のご挨拶のときも思ったんですが、
「漕ぎ続ける」ってことは白雪号って人力なんですね(笑)(//∀//)

いい話のときにごめんなさい……こういうのついいじりたくなっちゃう性分で……( ̄∇ ̄*)ゞ

 

そしてカーテンコールでは、
「今の気持ちを2人に叫んでもらいたいと思います」とだいもんから振られた退団者のお二人。

夢乃花さんは「幸せです!本当にありがとうございました!」。

沙央さんは「もう十分喋ってしまったんですけれども」とおどけつつ。

「だいもんが、『(本当に)お披露目なのか?』って思うくらい常にブレずに立っている」と、
既に貫禄十分なだいもんを讃えると、
「いやいや、ハクハクですよ!?」と恐縮するだいもんでした(笑)。

「そんな彼女と最後に出会えて幸せでしたし、本当に温かくて……幸せです(≧∀≦)」
と最後は夢乃花さんの真似をしたのか娘役さん風のハイトーンで叫んでいました(//∀//)

だいもんと沙央さんは雪組生としてかぶっていた時期は無いのでこれが初共演だったかと思いますが、
上級生に可愛がられるだいもんと、下級生からも慕われる沙央さんの温かさを、
このやりとりだけでも感じられた気がする一場面でした。

 

「初日には『白雪号、出航~!』と皆さまに言っていただいたんですけれども、千秋楽はどうしようかなと思いまして……」
と切り出しただいもん。

「CAPTAIN NEMO」で主演したさきちゃんの方に、
「ネモ船長に相談して案を頂きました」と。

さきちゃん発案により、
「白雪号、東京に向けて~!」というだいもんの掛け声と共に、
全員で「出航~!」と叫んで締め括っていました。

今回の雪組は新幹線ではなく海路で東京に来てくれるみたいですね(笑)(≧∀≦)

来週末には星組の東京公演も終わり、「タカラヅカスペシャル」も行われ、
着々と2017年の終わりが近付いておりますが。

2018年もピエールは年明けからいろいろと外せない観劇予定だらけで大忙しになりそうですが、
おそらく観劇始めになるのはこの雪組公演だと思いますので、
新生雪組を迎えるために港の整備に勤しみたいと思います( ´ ▽ ` )ノ

スポンサーリンク


ブログランキングに参加しております。
一部の環境下でボタンが表示されないようなのですが、
ポチッとしていただけますと嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

-スカイステージ
-, , , ,