日常ネタ

梅田で帰宅難民になったピエール。

こんばんは。

宝塚男子ピエールです。

いや~~~~~。

 

疲れました。

 

実はピエール、昨日宙組公演「WEST SIDE STORY」のために梅田に遠征しておりまして(訳あってこちらの感想はあまり書くことができなさそうなのですが……)。

本当は昨日「梅田に来ております~ヾ(〃^∇^)ノ」っていう記事をアップするつもりでいたんですけどね。

 

帰れなくなりましてん。

 

ちょっと体力が無いのでまた後日説明させていただきますが、
平たく言うと台風の影響で帰りの夜行バスが運休になってしまい、
じゃあちょっと早めに新幹線で帰ろうと思ってたらそれも途中の区間が運転見合わせになってしまったと聞いて乗るのやめて(翌朝の新幹線に変更)。

結果的に漫画喫茶で夜を明かすということになりました( ̄∀ ̄;)

スポンサーリンク

漫画喫茶の夜 in 梅田

この漫喫がですね、終電が終わって新幹線も止まった状態だったせいか受付が長蛇の列で、
途中で店員さんのこんな声が聞こえて来たんですよ。

 

「これ、大声で『個室は満席です』って言っといた方がいいですかね?」

 

どうやらかなり混雑しているようで個室のブースは満席になってしまっているという気配が漂ってまいりまして。

近くにもう一軒あるのは知っていたんですが、
この様子だとそちらも似たような状況かも知れませんし、
せっかく途中まで並んだのに列を離れてしまってまた並び直すのもな~と思ってとりあえずそのまま受付をしたんですが。

個室ではないので横になることとかもできないブースで、
しかもなぜか知らないけどエアコンが効かないエリアらしくて。

入った直後の浴室みたいな蒸し暑さだったのですよ( ̄∀ ̄;)

これ結構キツイな~、まいったな~、とか思っていたけどチラッと入り口の様子を見に行ったら、
どうやらピエールの少し後に完全に満席になってしまったらしく、
入ることのできなかった人たちが入り口の椅子に座って夜を明かそうとしていて。

どうやらむしろ自分は勝ち組だったっぽいぞ……と思ってありがたく自分のスペースを確保して雨風をしのがせていただきました。

こんなときでもないと漫喫に来る機会なんてなかなか無いから、
ちょうど読みたかった「キン肉マン」でも読んで朝を待とうと思いまして。

無事に発見して持ってきたものの。

3ページくらい読んだ時点で体力が底を尽きてまったく読めずに終わりました(笑)。

 

結局ぐったりしたままTwitter開いて皆さんの様子を窺ったり生存報告してみたり。

ピエールが半死の状態でツイートしたその一部。

今見返すとホント何の有益性も無いツイートだな……でもTwitterって本来そういうものだよねということで……。

(結果的に我慢できずに食べたたこ焼き)

 

バスの運休や新幹線が止まったりした時点では全然雨も降ってなくて、
「最近災害多いからちょっと弱腰になってるのかな~」とか言ってたんですが。

噂ではピエールが漫喫に入ったさらに後、
深夜3時くらい?には恐ろしい暴風雨だったとかいう情報も聞いていたり……(外の様子が全然分からなかった)。

なので結果的に無理して動かずにいて正解だったようでございます。

 

ちなみに新幹線を翌朝のやつに変更する際、
最初は6時台のやつにして早く帰ろうと思ってたんですが。

窓口で何分発のがあるか聞いてたときに一通り6時台の列車を読み上げた窓口のお姉さんが。

「あとは次の7:03とかですかね~」

 

7時3分……?

 

7……3……?

(迷わず7:03を選んだピエール)

 

しかしハプニング続きにもかかわらず、
関西にいらっしゃる皆様がいろいろ助けて下さいまして、
なんとか本日の午前中には家に帰ることができました。

いや~、わたくし一人で知り合いもいなかったらどうしていいか分からなくてホントに駅で寝るとかになってた気がしますね……。

向こうでお世話になった皆様、本当にありがとうございましたm(_ _)m

なんかあれですね、10数人がかりでピエールの遠征の道のりを舗装してくださってる感じでした(笑)。

そんな話もまた後日できたらと思うのですが。

しかしよりによって台風の日に更新サボってしまっていよいよピエールやばいんじゃないかと思われてるとあれだなと思いまして、
とりあえず生存報告だけさせていただきました(笑)m(_ _)m

いやー、今までの遠征で一番疲れた……( ̄∀ ̄;)

スポンサーリンク


ブログランキングに参加しております。
一部の環境下でボタンが表示されないようなのですが、
ポチッとしていただけますと嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

-日常ネタ