観劇レビュー・感想

みりみりみりお様(「MY HERO」感想その2)

こんばんは。

宝塚男子ピエールです。

突然ですけど、赤坂ACTシアターの中にある売店ってね。

こんな感じのラインアップになっているんですけどね。

最近めっきり貧乏性になってしまったピエール。

ここここここコーヒーが!?

ごごごごごごごひゃくえん!?(゚∇゚;)

ピエール、今より20代の頃の方がよほどお金持ちだったんでね、
若い頃は結構こういう価格でも気にせず飲みたい物を飲んでいたのですよ。

しかしこうして改めて見ると、こここコーヒー1杯がごごごごひゃくえんって、お高いですわね……( ̄∀ ̄;)

たたたたぬき蕎麦2杯分だもんなぁ……(笑)。

東京宝塚劇場ではいつも幕間に150円の自販機でコーヒー買うのが楽しみなんですけどね、
今回はさすがに我慢致しました( ̄∀ ̄;)

次からは忘れずにペットボトルを持参しよう、そうしよう……。

スポンサーリンク

「MY HERO」感想

ということでそんなごごごごひゃくえんのこここコーヒーが飲めるてぃてぃてぃTBS赤坂ACTシアターにて観劇してまいりました、
芹香斗亜さん主演の花組公演「MY HERO」の感想の続きを書かせていただきます。

例のごとくネタバレもあったりしますので、
これからご観劇の方はどうぞご注意くださいませm(_ _)m

まずですね、この公演、一言で言ってしまうと。

ととととあちゃんの魅了がいっぱい!(≧∀≦)

この一言に尽きます( ̄∀ ̄)

前回の記事で「とあちゃんの個性や魅力を引き出してくれている」と書きましたが、
今回とあちゃんが演じているノア・テイラーという役にはホントいろんな魅力が詰まっていました。

スーツ姿のカッコイイとあちゃん、
戦闘スーツでアクションしまくるダイナミックとあちゃん、
子ども嫌いでスキャンダル続きのクズとあちゃん、
本人はスター俳優としてのプライドがあるのに周りからコケにされるいじられとあちゃん、
そんな生活からまたスターに返り咲こうと奮起する苦悩とあちゃん。

とにかくとあちゃんがいろんな姿を見せてくれているのです!

作品そのものがピエール的にド真ん中かと言われるとちょっと違うのですが、
何かとにかく「とあちゃんのいろんな面が見れて良かった!」という満足感は満ちみちています(//∀//)

いっしょに観た姉に観劇後に感想を聞いても、
「とあちゃんがカッコ良かった」という言葉をひたすら繰り返していました(笑)。

先行画像が出たときに失礼ながら「ダサいなオイ……( ̄∀ ̄;)」と思っていた戦闘スーツも、
何かいざ舞台とスクリーン上に登場しているのを見ていたら「あれ?カッコイイ……?」って思えて来て、
しかもそれを着ているのが超絶スタイルのとあちゃんなのだからまたカッコ良くて。

ちなみに色違いの戦闘スーツを鳳月杏さんも着ていて、
あとは回想シーンでとあちゃんのお父さんを演じている綺城ひか理さんもまた別デザインのものを着ているのですが、
3人ともすごくスタイルがいいので本当に皆さん様になってました。

あんな奇抜なコスチュームでもカッコ良くなるタカラジェンヌってホントすごいですよね~(≧∀≦)

だってね、ここ数年の本家の戦隊ヒーローもののコスチュームと言ったら。

こんなんなんですのよ(笑)?( ̄∀ ̄;)

その他のキャストの方々

とあちゃん以外の方々で言うと、
まずはとあちゃん演じるノアのライバルであるテリー・ベネットを演じた鳳月さん。

最初ポスター見たときとか勝手に想像していた役どころは、
とあちゃんの行く手を阻む悪役とかなのかな~と思っていたんですが、
むしろとあちゃんの方がスター俳優としていい気になってる思い上がりキャラなのに対して、
鳳月さんはすごく真面目にスーツアクターという仕事に挑む超好青年でした。

ノアが「MASK☆J」に変身した後にそのスーツの中に入っているアクション俳優がテリーという関係なのですが、
ノアがスキャンダルで失脚してからは今度はテリーが「外身」を演じ、
さらに今度は逆にノアがスーツの中でアクションを担当するっていう流れになるんですけどね。

かつて馬鹿にしていたテリーが演じるヒーローのスーツアクターとして顔を隠して演じることに抵抗して、
「テリーがそのままアクションも演じればいいだろう!」ってノアは拒否するんですが、
「うん、たしかにそうだよね」って妙に納得してしまいました(笑)。

だってテリーはそもそもスーツアクションを担当していたのだから、
そのまま同じ人が演じられるなんてこれ以上ない話だろうと。

ちなみに先日ちょっと話に出た「電脳警察サイバーコップ」ってこんな感じなんですけどね。

これって外身の俳優が実際に戦闘スーツも着てアクションもやってたそうです。

あ~、懐かしいな~、斉藤先生はこれ知ってるかな~(笑)。

 

あと、スターの仲間入りをしたテリーがそのプロモーションの一環的に歌手デビューするんですが、
テリーの歌う曲のタイトルが「Milion Summer」で。

「ミリオンサマ~、ミリオンサマ~、ミリ~ミリ~、ミリオンサマ~」って歌ってるんですけどね。

これ絶対「みりお様~」に聞こえるように狙ってますよね(笑)(//∀//)

他にも現在公演中の全国ツアーチームにかけて、
「ロマネスクなんちゃら」とか「EXCITER!!なんちゃら」っていう社名が出てきたり。

「部長のフジイさんはいますか?」「二日酔いで休んでます」っていうくだりで、
斉藤先生と仲良しの藤井大介先生をいじってたり(笑)。

コメディならではの小ネタがあちこちに散りばめられていて、
宝塚ファンであれば思わず吹き出してしまう仕掛けがたくさんでした(//∀//)

 

それから物語の二人のヒロイン、
クロエ・スペンサーを演じている朝月希和さん(あさづきんちゃん)と、
マイラ・パーカー役の音くり寿さん(おとくりちゃん)。

実質的なヒロインはおとくりちゃんの方なのかな?

歌がすごく上手な下級生というのは聞いていたんですがちゃんと意識して聴いたのは今回が初めてで、
たしかに下級生ながらにすごい歌唱力だな~と感じました。

ただ、特に歌ってるときとか感情的な場面とかになると表情を大げさに作り過ぎてるように感じたと言いますか、
歌とか芝居にすごく熱が入りやすい方という印象なので、
相手役を選んでしまうタイプの娘役さんかもな~と。

同じように歌や芝居がパワフルな男役さんとだとすごく相性も良さそうな気がしたんですが、
ちょっとシュッとした感じのクールな人の相手役だとヒロインの方がパワフル過ぎる感じになってしまいそうで。

なので逆にもうちょっと抑えた歌や演技をした方が、
より幅広い役がハマるようになるんじゃないかなと思いました。

 

一方のあさづきんちゃんの方は何かもうこういう女の人いそう!っていうちょっとウザいキャラで(笑)。

ウザいんだけど仲良くなってくると憎めなくなるあたりも実際にいそうだな~と。

自分のことをよく「クロエ」って呼んでるんですけどね、
「クロエ、行っきま~す」とか「クロエ、何か言いました?」みたいな台詞がたくさんあって、
自分で自分を名前で呼ぶことでお馴染みと言ったら「篠原」と「指原」だと思うんですよ。

ピエールの中でこの「自分を名前で呼ぶウザキャラ」として、
「篠原ともえ」「指原莉乃」「クロエ・スペンサー」っていう3強体制ができつつあります、
と言ってるピエールも自分のことを「ピエール」って言ってますが(笑)。

 

 

それからスマイル・スマイリーという役名が出た時点で話題をさらっていった天真みちるさん。

名前からして常に笑顔のいい人役なんだと思ってたんですけどね、
まさか悪役だったとは見事に騙されました(//∀//)

実は稽古場映像を見ていたときに、
「あれ?天真さんってこんな嘘くさい笑顔をする人だったっけ……?」って気になったんです。

でもまさかそれが「良い人っぽく見えるけど実は悪役」という芝居によるものだったとは!

つくづくすごい人です、天真みちるさん( ̄∀ ̄)

それとノアのお父さんのハル・テイラー役の綺城さん。

出番は決して多くないですしノアたちとの直接的な絡みも無いですが、
回想シーンとはいえお父さん役にまったく違和感がなくてすごかったです。

普通、下級生がお父さん役とかをやるとどこか違和感があることが多いと思うんですが、
綺城さんはその落ち着いた佇まいが本当に若き日のお父さんっていう感じで。

フィナーレではとあちゃんと鳳月さんと3人で踊るシーンがあり、
そのときは何と綺城さんがソロで歌うという大抜擢なのでどうぞご注目ください。

新公学年とは思えない男らしい低音がカッコイイです(//∀//)

他にも「華雅!りりかです!(・∀・)」でお馴染みの華雅りりかさんもすごい弾けた役で、
ピエールは華雅さんのあのチャキチャキ感が結構好きなので嬉しかったです。

あのキャラは娘役さんとしてはすごく貴重だと思うので、
これからも品とチャキチャキ感を兼ね備えた娘役さんとして活躍して欲しいですね~。

 

ということで最後になりますが、
終演後には他の諸々のお買い物もあったので赤坂から日比谷のキャトルまで向かいまして。

「MY HERO」のこれも買いましたよ~!ヾ(* ̄∀ ̄*)ノ

これってテレフォンカードでも何かのプリペイドカードでもないので、
興味無い人からしたら「そんなの何のために買うの?」って言われそうなんですけどね。

改めて商品名見てて用途が分かりました。

「コレクションカード」

「集めるため」に買うんです(笑)!(・∀・)

スポンサーリンク


ブログランキングに参加しております。
一部の環境下でボタンが表示されないようなのですが、
ポチッとしていただけますと嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

-観劇レビュー・感想
-, , , ,