観劇レビュー・感想

ビジュアルよりも、色気よりも、歌声を聴きに行ってみて欲しい(「オーム・シャンティ・オーム」感想その1)。

こんばんは。

宝塚男子ピエールです。

ということで、しつこいくらい毎日言っておりますが。

ピエールこの度、星組梅田芸術劇場メインホール公演、
「オーム・シャンティ・オーム~恋する輪廻~」の初日に!

 

遠征してまいりましたーーーー!!o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o

 

1月に紅ゆずるさんと綺咲愛里さんのプレお披露目公演として上演された作品の再演ですが、
ピエール、人から言われて気付いたんですけどね、
東京公演のときも「オシャンティ」の初日を観劇できたわけですよ。

ということはもしかしてピエールって、
東京も梅芸も初日を観ることができた人なんじゃないですか!?(//∀//)

しかも東京のときは初日が金曜日だったので休みを取って観に行って、
今回の梅芸版では大阪まで遠征しての観劇という。

もしかしてピエールってアレですか?

 

追っかけ

 

ってやつですか??

自分ではそんなに熱いファンだとは思ってなかったんですけどね~( ̄∇ ̄*)ゞ

 

ということでそんな梅芸版オシャンティの感想を書かせていただきます。

まずですね、やっぱり今回の遠征の目的と言えば。

もちろん紅リーンにピッタリなオシャンティという作品を今一度観たい!というのもあったんですが、
たぶんそれだけでは一度観た作品のために半年後に大阪まで行こうとは踏み切れなかった気がするのです。

では何がピエールを突き動かしたのか?

もったいつけて言ってても分かってると思うのでさっさと書きますね(笑)。

 

「北関東の恋人」こと七海ひろきさん演じるムケーシュですよ~~~~!!(≧∀≦)

 

東京版では「サッカー少年」こと礼真琴さんが演じていたムケーシュ。

ホントにゲスイけどカッコイイ役だったのでね、
東京公演中に再演が発表になったときから、
まだ七海くんがムケーシュを演じるなんて発表にもなってなかったのに、
「この役を演じる七海くんが見たい……!(//∀//)」って興奮が止まらなかったのです(* ̄∀ ̄*)

だからプロローグで後ろの両サイドからシャンティ役のアイリーンと共に登場した七海くんを見た瞬間に。

 

ホントに七海くんが出てるよーーーーーーーー!!!!( ;∀;)

 

ってすごい昂りでした(//∀//)

スポンサーリンク

ビジュアルの美しさとダダ漏れの色気

まず七海ムケーシュのビジュアル。

何せ竹中半兵衛といいロベスピエールといい、
もうビジュアルの美しさでは常にファンの期待を何倍も上回る美しさを見せつけてくる七海くん、
何ら心配はしていなかったんですが。

数年ぶりに挑戦したという七海くんの黒塗り。

 

カッコイイーーーーーーーー!!!!(//∀//)

 

そしてプロローグを終えて本編で最初にムケーシュとして登場した瞬間(そこそこ待たされる)。

劇場中が「ササッ(/◉_◉ )」ってオペラグラスを上げる、
ロベスピエールのときと全く同じ現象がーーーー!!!!(≧∀≦)

そして「シャンティ……」と最初に口を開いた瞬間の!

口から漏れる色気!

 

色気!

 

色気!

 

この状態、何かに似ていると思ったら、
ドラマで見たことのあるガス中毒が発生するときのガスの元栓の締め忘れ!

「しゅーーーーーー……」ってガスが漏れているあの描写が、
まさに舞台上の七海くんの色気によって再現されておりました!!(≧∀≦)

もう「七海ひろきは歌が苦手」とは言わせない。

そして今回一番注目していただきたい場面。

それが物語後半で七海ムケーシュの歌う「バラ色の人生」という歌。

これ、結構長い歌で、初演で最初に聴いたときから難しそうな歌だな~と思ったんです。

たしか映画版には登場しない曲でして、
そもそも映画ではムケーシュって全然歌ってなかった気がするんですが、
おそらく初演で少年がムケーシュを演じたことに合わせて作られた曲だと思うので、
たぶん相当に難しい曲だと思うんですよ。

しかも結構踊りながら歌う場面なので、
歌だけに意識を集中させることもできなくて、
歌もダンスも得意な少年だからあんな簡単そうにこなしてたんだろうな~と。

今だから言いますけどね、
七海くんがムケーシュを演じると発表になったとき、
ビジュアルやキャラクターは絶対似合うしカッコイイという確信があったので楽しみだったのですが、
「あの難しそうな曲を七海くんが歌うのか~」というのだけは、
やっぱりちょっと心配な気持ちも否めなかったのです。

少年だから軽々と簡単そうに歌いこなしてましたけど、
七海くんに限らず他のいろんなスターたちにとっても結構難しい曲だと思うんです。

だから、これだけ「七海くんのムケーシュ絶対カッコイイから見てー!」とか、
「オシャンティ絶対楽しいからみんな観に行こうーー!!」とかゴリ押ししつつ、
初日を迎えるまでこの歌だけはどうなるだろうと、
大変失礼ながら結構ドキドキしていたんです。

 

でも!

ピエール、七海くんがこの歌を歌っている間。

 

パニックになりました( ̄∀ ̄)

 

だってね、どれだけメロディが進んでいっても、
危なっかしさがまったく無いんですよ?

七海くんって音程がどうこうというよりも、
声量というか歌声の迫力がもうちょっと伸びればな~と思ってたんです。

だけどこの「バラ色の人生」を歌う七海ムケーシュ。

 

すごい迫力でした。

 

ものすごく力強い歌声が聞こえてくるけれど、
目の前の舞台上で歌っているのは間違いなく七海くんで。

「え?上手くない?贔屓目で見てるから上手く聞こえるの?でもホントに上手くない??(゚∇゚;)」
ってしばらく頭が混乱してしまったほどに。

周りの他のお客さんがどう思ってるのかすごい気になって、
でもその場で聞いて回るわけにもいかないのでじっとしていたんですが、
だけど間違いなく劇場中が七海くんの歌声に聞き入ってるのを感じて。

歌い終わった後の拍手、ものすごかったです。

しかもあれは決して「七海ひろき、頑張ったね!」っていうのではなくて、
「どうした七海ひろき!すごいじゃん!」っていう驚嘆を感じました。

 

いつも七海くんの出ている公演を観終わった後に姉と話すときって、
「七海くんの歌、大丈夫だったよね!?」っていう感じだったんですが。

今回ばかりはお互いに恐る恐る、

「……大丈夫どころか普通に超上手くなかった??」

って顔を見合わせましたもん( ;∀;)

どう表現したら伝わるか分からないんですが、
「頑張ってた」とか「健闘」っていうレベルの話じゃなくて、
普通に歌ウマな人が歌っているのを聞いているときのように、
本当に本当に超絶迫力ある歌声だったんです!

もしかして初日ハイでうまく聴こえてたのかなとか、
初日は気合い入ってたけど二日目にはちょっとダウンしちゃってたらどうしようとか、
ファンの風上にも置けない不安も幾ばくか残ってはいたのですが。

二日目にもう一度聴いたときに確信しました。

 

七海くんは「バラ色の人生」を本当に歌いこなしている!

 

もちろん、超歌ウマの少年と並べて聞いたら、
やっぱり少年の圧倒的な歌唱力には及ばないかも知れません。

歌に厳しいファンの方が聴いたら、
いろいろ指摘される細かい粗もあるかも知れません。

たまたま声質やキーが合っていた曲に恵まれた面もあるかも知れません。

でも、少なくとも少年との比較ではなく一つの役として七海ムケーシュの歌を聞いたとき、
ムケーシュとしての物足りなさは全く微塵も感じませんでした。

 

七海くんファンの皆様。

七海くんは歌が課題だと感じている皆様。

どうか、少しでも行ける可能性があるならば、七海くんのムケーシュを見に行ってください!

七海くんのムケーシュ、ビジュアルも本当にカッコイイです。

色気もすごいです。

でも今回は、むしろ七海くんの歌を聴きに行って欲しいと勧めたい気持ちが一番大きいです。

それくらいすごいことになってます(でもやっぱりビジュアルのカッコ良さも見て欲しい。てへっ)。

タカラヅカニュースでその場面が流れたら絶対みんなビックリする!とワクワクしていたのですが、
残念ながらなぜかその場面は放送されず……(´・ω・`)

あの場面が放送されたら、それだけでチケットの売れ行きも一気に加速すると思っていたのに(>_<)

 

次回の大劇場公演でも、
どうか七海くんにこれくらい聞きごたえのある長いソロを歌うチャンスを与えて欲しいと思いました。

そして今回の「オシャンティ」にはどうしても来られなかった人にも、
大劇場でもっともっとたくさんのファンに生まれ変わった七海くんを見せつけて欲しい!

この感覚を、もっとたくさんの方にも味わって欲しい!

 

「オシャンティ」の東京の初演に七海くんは出演しておらず、
大阪公演だけの再演のときに七海くんが出演するというのが東京在住の七海くんファンとしては悔しい気持ちも最初はありました。

でも、きっと七海くんは、
「燃ゆる風~軍師・竹中半兵衛~」でのバウ単独初主演、
そして「THE SCARLET PIMPERNEL」でのロベスピエールという当たり役を経て、
実力も自信も格段に身に付けたんだと感じました。

だから、今はむしろ、七海くんが半兵衛もロベスピエールも経た今ムケーシュという役を演じるチャンスが来たことに、
「このタイミングで良かった!」と感謝しています。

半年前に七海くんの演じるムケーシュを見ていたら、
もしかしたらここまでの感動は得られなかったかも知れません。

それくらい、ムケーシュはこの半年間で七海くんの得たものの大きさを感じさせてくれる姿です。

どうかこの感動を、一人でも多くの七海くんファンの方にも感じて欲しいと、心の底から思っております。

 

ということで、例のごとく七海くんの話で長くなってしまったので、
続きはまた次回の記事で書かせていただきたいと思います( ´ ▽ ` )ノ

ブログランキングに参加しております。
楽しんでいただけましたら、
一日一回ポチッとしていただけますと嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

スポンサーリンク

-観劇レビュー・感想
-, , ,