宝塚の雑記

早霧せいな「るろうに剣心」再演!?

こんばんは。

宝塚男子ピエールです。

はてさて、水曜日の本日は宝塚の公式サイトは静かでしたが、
別のところで驚きの発表がありましたね!

元雪組トップスター早霧せいなさん時代に上演された「るろうに剣心」

なんと宝塚版と同じ小池修一郎先生の演出により、
10月~11月に新橋演舞場および大阪松竹座にて上演されることが発表になりました!

宝塚が初演の作品が後に外部で再演されるということはこれまでもありましたが、
「るろ剣」と言うとちょっと前にほらいろいろあったので、
もう再演とかスカイステージの放送も難しいのかな……と思ったりした時期もありましたが、
映画版も再放送されたりしたので思ったよりも作品自体への影響は免れたのかなと思っていた今日この頃。

まさか外部で再演されるとは!!

しかしよくよく考えると、こういうのって年単位でかなり前から決まってるって言うじゃないですか。

ということはもしかしたら、あの事件よりも前から企画自体は決まっていたのかも知れませんね。

で、あの後どうにかこうにか企画がナシにならないように各方面の方々が奮闘し……。

みたいなことを想像してみたりして。

 

でもな~、あの雪組メンバーのキャストがビジュアル再現度が素晴らしくて好きだったんだけどな~、
特に剣心は早霧さん以外考えられないんだよな~、どんなキャストで上演されるんだろうな~。

とか思いながら見てみると……。

 

緋村剣心:早霧せいな

 

おろ~~~~~~!!!!!!(゚∇゚;)

 

早霧さんが再び剣心にーーーーーー!!!!ヽ(;▽;)ノ

いや、でもあれは本当に早霧さんだからこそと言うか、
もはや早霧さん以外の剣心なんて想像できないくらい「緋村剣心=早霧せいな」がハマり役だったけど。

まさか退団後に再び剣心を、というかそもそもまた男役・早霧せいなが見られるなんて!!!!

宝塚の男役というのは、どんなに男役を極めた方であっても、
退団後に男役を見られることは本当にごく限られたケースだけで。

男役としての姿を愛していたファンにとってはすごく淋しいけれど、
それをずっと求めてしまうのは女優や新たな道を歩み始めている人に対して失礼なのかなとも思ったり。

でもこうして再び早霧さんが男役を演じてくれるというのは、
やっぱりファンとしてすごく幸せなことですよね( ;∀;)

スポンサーリンク

「るろうに剣心」まさかのキャスト

となるとやはり他のキャストは誰が演じるのかな~というのも気になるところで。

どれどれと見てみると……。

 

加納惣三郎:松岡充

 

みつるーーーーーーーー!?!?!?!?( ;∀;)

 

望海風斗さん(だいもん)が演じていた加納惣三郎を、
SOPHIAの松岡充さんが演じるですと!?!?!?

あの、中高時代にビジュアル系バンド全盛期だったピエールにとって、
SOPHIAと言ったらGLAYやラルクと並んで青春を捧げて過ごした憧れのバンドの一つでして。

特にSOPHIAは姉も大好きだったので、
ライブも両手で足りないくらい通っていたのですよ!!

今日この発表があった後も姉から、
「ちぎと充が共演Σヾ( ̄0 ̄;ノ」というLINEが来ました(笑)。

 

SOPHIAとかを聴いてたのは大学時代くらいまでだったので、
その後の曲とかは全然知らないのですが。
(何を隠そうその頃ピエールの中でJ-POPに取って代わったのが宝塚)

高校時代にカラオケ行くと、
「君と揺れていたい」とか「街」とか必ず歌ってたな~。

あと発声練習も兼ねた一曲目は「little cloud」が定番でしたね。


(死ぬほど聴いた「little circus」)

この中の「float」と「ポトス」が大好きだったんですが、
大人になってから聴くと「CIRCUS」の良さとかもすごい分かるようになるんですよね。

それと獅子座の栃木県民としては「STRAWBERRY & LION」が発売されたときは嬉しかったな~。

ちょうどその頃「金髪いちご」ってあだ名を付けられたんだっけ……。

それから思えば生まれて初めて大阪に行ったのは「獅子に翼Ⅱ」だった気がする……。

そういえば「大夜總会」っていう全国ツアーをやったこともあったんですが、
後に宝塚デビューした公演が「満点星大夜總会」っていうのも縁を感じたり。

松岡さんのライブでの決め台詞が「サンキュー!」だったんですけど、
「Thank you」って曲がリリースされたときは「絶対解散だよ~( ;∀;)」って泣きそうになったけど違ったのも今ではいい思い出(笑)。

ちなみにピエールは「Thank you」ってトップスターの退団公演のショーの中で使うのに合ってるんじゃないかって昔から思ってるんですよね~。

フィナーレで大階段に現れたトップスターが一人で歌い始め。

後から出てきたトップ娘役を見つめながら、
「言い訳したり、一人拗ねたり、思えばいつもすぐ傍に君がいたから」っていうところを歌い。

一番が終わって「もしもどこかで、もしも君が泣くときは、この歌が君を慰めてくれますように」
ってところからカゲソロ(できれば二番手)に引き継ぐと同時にデュエットダンスが始まり。

最後の「使い古しの言葉 ありがとう」のところだけまたトップスターが銀橋で観客を見渡しながら歌って終わる、
っていう流れまで妄想してたりします。

 

で、思い出話が長くなり過ぎましたが。

しかし、ってことはあれですね、
加納も登場するということは、宝塚版とほぼ同様の脚本になるということでしょうか……?

でもよく見ると「小池修一郎の新演出で」と書かれております。

なるほどなるほど新演出……。

 

すっごく新しくなるといいなぁ(⌒∇⌒)(ディスってないです)

 

何が許せないってビジュアルは完璧なまでに可愛かった三条燕ちゃんをなぜか明るいキャラにしたのが許せなかったのですよ……。

燕ちゃんはネガティブで常にいじいじしてるところが魅力だったのにさ……。

 

ちなみに発表されている他のキャストを宝塚版と並べて見てみました。

配役 宝塚版 2018年版
緋村剣心 早霧せいな 早霧せいな
神谷薫 咲妃みゆ 上白石萌歌
加納惣三郎 望海風斗 松岡充
斎藤一 彩風咲奈 廣瀬友祐
武田観柳 彩凪翔 上山竜治
四乃森蒼紫 月城かなと 三浦涼介

わたくし、あまり舞台俳優さんたちに詳しくないのですが、
三浦涼介さんって「仮面ライダーオーズ」のアンクの人ですよね!?

タカ!トラ!バッタ!タットッバ!タトバ!タットッバ!のオーズですよね!?
(最初の数話しか見たことないけど何となく知ってる)

ちなみに松岡さんも「仮面ライダーW」の映画版で敵の仮面ライダーエターナルを演じてましたよね。
(「ちょwww仮面ライダーwww」って笑ってるんじゃなくて「仮面ライダーダブル」)

ピエール、リアルタイムではないんですが「W」は一応最初から最後まで観たことがあって、
このエターナルが登場する映画も、そのエターナルの過去を描いたVシネ版も観ました。

これね、子供番組と侮れないくらい本当に面白かったんですよ。

数えるほどしか知らないけど一番好きな仮面ライダーは「W」かも知れません(中でもやっぱりエターナルが好き)。

しかもエターナルの決め台詞。

 

「さぁ……地獄を楽しみな!」

 

これは「ANOTHER WORLD」への伏線だったのですねヽ(;▽;)ノ

ということで「るろ剣」の話からSOPHIAと仮面ライダーの話まで広がってしまい一体どれだけの人が最後まで付いてきてくれてるか心配ではありますが(笑)。

いや~、宝塚以外のミュージカルってお高いのでなかなか手が出ないのですが、
しかし調べたら新橋演舞場には3,500円の3階B席もあるという……。

そ、それなら行けるかも……?

ちぎ担 兼 充担だった姉とも相談してみたいと思います(笑)。

ブログランキングに参加しております。
楽しんでいただけましたら、
一日一回ポチッとしていただけますと嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

スポンサーリンク

-宝塚の雑記
-, ,