宝塚の雑記

サッカー宝塚代表メンバー発表について。

こんばんは。

宝塚男子ピエールです。

皆さん、ワールドカップご覧になってますか!?

ピエールはあんまり見てないんですけどね(オイ)。

ちょうど本日はこの後、
決勝トーナメント進出をかけたポルトガル戦、いや、ハンガリー戦?
じゃないな、カメルーン戦?グアテマラ戦??

えーっと、ヒッタイト戦が行なわれますね(たぶん違う)。

しかし最近何を見てても宝塚に関連付けてしまうピエール。

「タカラジェンヌでサッカーやるならどういうフォーメーションがいいかなぁ」と考えてみまして。

ということで本日は、
宝塚を代表する最強のイレブンを発表したいと思います!

なお、やはりサッカーは男女別で行われるのが通例であり、
現在開催中のワールドカップも男子の大会のため、
今回のタカラヅカ代表チームは原則として男役さんで構成しております。

また、ピエールは「歌劇」などの書籍類はほとんど読んでいないためジェンヌさんたちの情報に偏りがあり、
主にスカイステージで得た情報以外は多分にピエールの想像によるものも多く、
選抜に当たっての評価ポイントなども実際の情報とは異なる可能性がありますこともご了承ください。

そして今回採用されたフォーメーションについてですが、
サッカーに詳しくない方でも分かりやすいように最も伝統的かつスタンダードなフォーメーションの一つ、
4-4-2をベースとして組ませていただきます。

なんか真面目に説明していますがここから先はちゃんとふざけて書くのでご安心ください(笑)。

スポンサーリンク

鉄壁の守備陣

最初は守りを固めるディフェンス陣から発表です!

まずはセンターバックを務めるのはこの二人!

お~っと~!

なんとセンターバックは真風涼帆さんと珠城りょうさん(たまきち)!

いきなり宙組と月組のトップスターが守備の要を固めるという鉄壁の布陣!

なぜこのお二人にしたかと言いますと、
やっぱりたまきちくんと言えばその胸板の厚さからものすごい防御力ありそうじゃないですか。

しかも真風くんとの体格のいい長身コンビ!

どんなクロスボールが上がってきてもこの二人がいたら跳ね返してくれるでしょう!

 

ではサイドバックは誰を配置するかというとこちらの二人!

まず左サイドバックは和希そらさん!

日本代表の左サイドバックと言えば、
小柄ながらも抜群の運動力を誇る長友選手。

ピエール的にそら君ってタカラジェンヌの中でもすごい運動能力の高い人っていうイメージなんですよね。

一方、右サイドバックには鳳月杏さん!

これはですね、鳳月さんの足の長さはどこでもいいからどっかに入れたかったっていうのが一番の理由です(笑)。

でももし右サイドを突破されたとしても、
鳳月さんの足の長さならグラウンドの端から端までまぁ3歩も頂ければ追いつけるんじゃないかなと( ̄∀ ̄)

 

しかしそうは言っても人間だもの、
ミスをして守備網を突破されてしまう可能性はありますよね。

では最後の砦のゴールマウスを守るキーパーはどなたに!?

そう、専科の轟悠さんです!

皆さん、冷静に考えてみてください?

 

轟悠さんに向かってボール蹴れる人います??

 

上下関係が絶対の宝塚の世界。

例えキーパーと一対一になろうとも、
ゴール前に轟さんが立ちはだかっていたら誰もシュートを打つことなんてできるわけありません!

そう、サッカーの守備における鉄則はシュートを止めることではなく、
シュートを打たせないことなのです!

 

しかしそれでも念には念を入れたいですよね。

轟さんに絶対当たらない角度にボールを蹴り込んでくる人もいるかも知れません。

あるいは轟さんのことだから、
「全然気にしないで思いっきり蹴ってきてくれていいよ(⌒∇⌒)」とかおっしゃって、
真に受けた怖いもの知らずの下級生がホントにシュートしてきちゃうかも知れません。

なのでこんな対策もしておきたいなと。

ゴール裏に松本悠里さんにいてもらいます。

 

さすがにここまでしたら誰もボールを蹴ろうなんて思わないでしょう!?

ピエール、中学時代サッカー部だったんですけど、
練習のときいつもゴールの真後ろで顧問の先生がパイプ椅子に座ってるんですよ。

一応ネットがあるからボールがぶつかることは無いと分かってはいるものの、
シュート打つときとか当たっちゃったらどうしようって怖くて怖くて……。

なのでゴール裏に目上の人がいるというのはものすごい抑止力になるのであります!

とは言っても松本さんは現在のタカラジェンヌの中でも最上級生、
万が一ボールが飛んできてお怪我でもさせてしまったら大変です。

なのでさらに万全を喫してこの方の出番です!

小川理事長にガードに入っていただきます。

 

スポーツ経験の豊富な小川理事長であれば、
ゴール裏に流れ弾が飛んできてもしっかり松本さんを守ってくれることでしょう!

花形の中盤

鉄壁の守備が固まったところで、
続いては中盤メンバーの発表でございます!

攻撃と守備をつなぐ中盤は非常に重要な役割が求められますからね。

まず現代サッカーに置ける花形ポジションの一つ、ボランチはこの方!

「サッカー少年」こと礼真琴さんが登場です!

ピエール、少年のことを初めて知ったとき、
「高校のサッカー部にいそうだな~」って思って「サッカー少年」って呼び始めたんですよ。

さらに「背番号はたぶん8番でポジションはボランチだな」みたいなことをブログでも書いていたのです。

で、何と後になってから知ったんですが、
少年のお父様は名古屋グランパスなどで活躍した元Jリーガーで日本代表経験もある浅野哲也さんだというではないですか!

Jリーグが発足したのはピエールが小学生の頃だったんですが、
浅野選手のこともリアルタイムで見ていたのでよく覚えております。

しかも背番号は8を付けていたことが多くて、
なおかつたしか現役時代のポジションは今で言うボランチに当たるディフェンシブハーフだったかと!

もうこうなったらボランチは礼少年しかいないですよね!?

 

では逆に攻撃的ミッドフィルダーには誰を配置しましょう?

ポジションこそ「トップ下」なのでややこしいですが雪組トップスター望海風斗さん(だいもん)です!

トップ下は前線に向かって多彩なパスを繰り出す役割。

だいもんと言えば挨拶などで困ったときに隣の人に丸投げすることでお馴染み、
それはそれは素早く前線にボールを放り込んでくれるはず!

しかも噂では現在の「Gato Bonito!!」の黒猫のタンゴの場面では、
毎日様々なネタでアドリブ力に磨きがかかってるというだいもん。

ということはただ単に丸投げするだけでなくバリエーション豊かなパスを出してくれるはずです!

後ほど発表するフォワード陣に鮮やかなスルーパス、
その名も必殺「そんなことあルーパス」をじゃんじゃん見せていただきたいと思います。

 

では同じく中盤の両サイドはどなたになるか?

まず左サイドはこの人にお任せ!

お待たせしました!

我らが「北関東の恋人」こと七海ひろきのお兄様でございます!

そもそもこの企画、
「七海くんがサッカーやるとしたらどのポジションが合いそうかな~」と考え始めたのがきっかけだったんですよ。

しかしとにかく暑がりで有名な七海くん。

 

とりあえず夏の試合は勘弁してあげて。

 

ということしか思いつかなくて(笑)。

なのであまり炎天下でボール追いかけてる姿が想像つかなかったんですが、
そうは言ってもどこかに入れないわけにはいかない!ということで。

となったらやっぱり一番モテそうな中盤がいいなと。

で、サッカーファンの方はご存知かも知れませんが、
「七海ひろき」に名前がそっくりな「名波ななみひろし」という選手がかつて日本代表にいたんですね。

名波選手と言えば左足から繰り出される芸術的なキックがそれはそれは素晴らしくて。

なので何となく左サイドにしようかなと(雑な発想)。

しかも名波選手は別に左サイドじゃなかった気がするけど……まぁいいか(笑)。

 

しかしこうなってくると他の推しメンの処遇も気になりますよね。

「ちょっと!キキちゃんは!?」というララさんの怒声がブブゼラの音と共に聞こえて来るようです。

なのでここで芹香斗亜さんのポジションを発表したいのですが、
とあちゃんと言えば誰よりも走ることが嫌いでお馴染み。

これは七海くん同様にどこに配置してあげたらいいか……。

ということで苦肉の策です!

右サイドに入ると見せかけてベンチで休んでいるーー!!

 

たぶんとあちゃんレベルに走るのが嫌いな人は、
どのポジションも拒否されそうなのでもう諦めてベンチでヤジを飛ばしてもらおうと思います(笑)。

しかしそう言えばもう一人、試合に出たがらなさそうな人がいるなと。

はい、この人です!

「北関東の瞳」こと美弥るりかさんでございます!

美弥ちゃんと言えば用事の無い日はひたすら家で寝てるという話を聞くほどピエールの中では出不精のイメージで。

となるとたぶん試合出ずにのんびりしてる方が好きだと思うんですよね(笑)。

なのでとあちゃんといっしょにベンチで楽しくトークを盛り上げていただきたいなと。

 

でもそうは言ってもやはり誰か右サイドにも入ってもらう必要がありますよね。

ということでとあちゃんたちに間近で見守られるポジションにはこの方!

愛月ひかるさんでございます!

ひかるちゃんもあんまりサッカーのイメージが無いのでどのポジションにしていいか悩んだんですけどね。

とりあえずとあちゃんから一番近いところにいさせてあげようかなと(笑)。

これならとあちゃんも「愛ちゃんどこ~?( ;∀;)」ってなる心配も無いでしょう!

ツートップはダブル○○○

さぁ、これで中盤までのメンバーが出揃いました。

しかしどんなに守備を固めても、
どんなに個性豊かな中盤が充実しても、
サッカーは点を取らないことには勝てません。

「この試合、一点でも多く点を取った方が勝つ!」という迷言もあるように、
やはり確実に点を取ってくれる人が必要です。

ということで一人目のフォワードはこの方!

花組トップスター、明日海りおさんです!

フォワードに最も求められるもの、それは決定力です。

皆さん、思い出してください?

これまでの明日海さんの初日や千秋楽のご挨拶の数々。

 

毎回ハズレなし。

 

どんな季節だろうがどんな公演だろうが、
そのときそのときに必ずトリッキーなご挨拶で笑いを巻き起こす明日海さんの決定力。

予測のつかないそのセンスはきっと相手の守備陣をかき回してくれるはずです!

そんな明日海さんとツートップを組むのはどなたでしょう?

はい、もうお分かりですね?

この方です!

星組トップスター紅ゆずるさんでございます!

どんな状況においても所かまわずボケまくる明日海さん、
そんな明日海さんのボケを全て拾えるとしたら、
紅くんのトーク力しかないのではないでしょうか!?(サッカーはどうした)

しかも皆さん、お気付きでしょうか??

紅くんと明日海さんの共通点。

そう。

 

さゆみ!!

 

共に「さゆみ」という愛称のお二人。

敵チームにとって、名前とか見た目とか何かしら似たような人が近いポジションにいるというのは非常にややこしいのです。

ここはそれを逆手にとって「ダブルさゆみ」をツートップとして並べ、
相手チームの混乱を誘いたいと思います!

もちろん味方選手には「紅さん」とか「みりおさん」と呼ぶのは禁止して、
敢えてどちらに対しても「さゆみさん」と呼んでもらいます。

「さゆみさん、そっち走って!」と言う掛け声を聞いた相手選手は、
「え?さゆみ?どっちの?(;・∀・)」と混乱してマークもグダグダになるに違いありません!

 

他にも召集したいメンバーはたくさんいたのですが、出場枠にも限りがあるのでこんな布陣を組んでみました。

真面目に宝塚の情報を求めてこのブログに来ていただいた方には無益な回となってしまい大変申し訳ございません(でもやめない)。

しかしこの記事、メンバー選びの難しさと不慣れな画像の編集にてこずっていつもの3倍くらいの時間がかかっております(笑)。

どうか皆様にも3倍笑っていただけたら幸いでございます( ^ω^ )

ブログランキングに参加しております。
楽しんでいただけましたら、
一日一回ポチッとしていただけますと嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

スポンサーリンク

-宝塚の雑記
-,