宝塚の雑記

納得できる理由なんて無い宙組トップ娘役不在。

こんばんは。

宝塚男子ピエールです。

昨日宣言しましたとおり、ピエール本日はお風邪を召された中を職場の忘年会に参加しておりまして。

本日の記事は事前に書いておいたものを予約投稿するつもりでしたが、
こんなときに限ってというか案の定というか大きなニュースが発表になり。

やっぱりさすがにこんなときに他の記事更新してるのも後で見たときに何かアレだな~と思い、
予約投稿やめました。

胴上げされて二次会に連れて行かれそうになったところを命からがら逃げ帰ってきました(。-∀-)

本日は遅くなってしまったので、
とりあえず手短に今回の発表を見た瞬間のピエールの思いを書かせていただきます。

ちなみにラインアップの発表もありましたが、
それもいまいち詳細を理解できていないのでまた後日触れさせていただけたらと……。

スポンサーリンク

宙組トップ娘役不在

現宙組トップ娘役の実咲凛音さん(みりおん店長)が退団後、
朝夏まなとさん(まぁさま)の相手役となる固定のトップ娘役は不在となることが発表されました。

ピエールの気持ち、一言で言いますと。

 

 

いーやーだーっ!!!!

 

 

何でこういうことするの……?

過去に何度くらいこういうケースがあったのか分かりませんが、
ピエールが宝塚ファンになってからだけで言うとたしか3回あったと記憶しています。

一つ目が彩輝直さんが月組トップスターだった時代、
映美くららさんの退団後にトップ娘役不在のまま彩輝さんの退団公演「エリザベート」が行われました。

二つ目は同じく月組、瀬奈じゅんさんがトップの時代。

瀬奈さんと同時にトップに就任した彩乃かなみさんが退団した後、
やはりトップ娘役は固定されないまま、
「夢の浮橋/Apasionado!!」「エリザベート」「ラストプレイ/Heat on Beat!」と大劇場3公演が行われ、
その後、瀬奈さんは新しい相手役を迎えることのないまま退団されました。

そして三つ目は雪組トップスターに音月桂さんが就任した際。

音月さんは後に舞羽美海さんを相手役に迎えることができましたが、
トップ就任当初は相手役が不在の状態でした。

どのケースのときのことを振り返っても共通して思い出すのは、
「淋しかった」という感覚です。

ピエールはいわゆる「コンビ萌え」はあまりしないタイプではありますが、
それでもやっぱりトップスターには相手役のトップ娘役さんがいて欲しいです。

中でもまぁさまとみりおん店長のコンビは、
おそらく世間で言う「コンビ萌え」とは違う感覚でコンビとして大好きなお2人です。

特定のトップ娘役を置かないことについては様々な理由を想像することはできますが、
そのどれも「あ~、なるほどそれなら仕方ないよね」と納得できるものではないです。

どんなにそれっぽい理由で説明されても、
「そうは言ってもトップ娘役不在にする必要なくない?」と思います。

だったらみりおん店長もまだ退団しなくていいじゃん……と思ってしまいます。

みりおん店長は後任がいるかいないかに関わらず決断されたのだとは思いますが……。

ちょっと気持ちが整理できないので今日はこれ以上書くのは控えますが、
とにかくトップ娘役不在なんて淋しい状況はどうか一公演限りにして、
すぐにまたまぁさまの隣に立つトップ娘役さんが誕生してくれることを願います。

ブログランキングに参加しております。
楽しんでいただけましたら、
一日一回ポチッとしていただけますと嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

スポンサーリンク

-宝塚の雑記
-,

スポンサーリンク