観劇レビュー・感想

梅田にも行きたくなってしまった(「WEST SIDE STORY」感想その2)

こんばんは。

宝塚男子ピエールです。

ということで本日は、宙組新トップコンビ真風涼帆さんと星風まどかさんのプレお披露目公演、
「WEST SIDE STORY」の感想の続きを書かせていただきます。

久しぶりとは言え再演ですし有名な作品なので、
ネタバレしながら感想書いてしまいますがご了承くださいm(_ _)m

 

まずは何と言ってもこれが宙組公演デビューとなる我らが芹香斗亜さん!

あの、観ていて思ったんですが。

 

だいぶ前から宙組にいましたっけ?(・∀・)

 

ってくらいに馴染んでませんか!?

まかじぇトニーは序盤なかなか登場しなくて、
とあちゃんのベルナルドの方が先に登場して桜木みなとさん演じるリフ率いるジェッツと喧嘩する姿が描かれていますが。

黒髪に赤シャツのいかにも悪役なベルナルドが登場して、
あの有名なY字バランスみたいなポーズを決めた瞬間、

 

とーあーちゃん!とーあーちゃん!(≧∀≦)

 

って分かってはいたけど大興奮して( ;∀;)

「ロミジュリ」のティボルトに当たるのがこのベルナルドですが、
ティボルトはジュリエットに片想いしているのに対し、
ベルナルドとヒロインのマリアの関係は兄妹であってベルナルドはベルナルドでアニータという恋人がいて。

最終的に辿る悲劇はティボルトと同じ運命なのですが、
アニータがいることでティボルトよりも報われているとも言える気がするんですよね。

しかし逆に言うと、アニータというイイ女に愛されているからには、
それにふさわしい色気を求められる役でもあって。

ピエールが最初にとあちゃんにがっつりハマったのは、
愛月ひかるさんといっしょに出ていたスカイステージの「プレシャススター」っていう番組で。

あのときはメイク用のブラシを手にサワサワして「ほぇ~(*´∇`*)」みたいな顔してた癒し系とあちゃんが、
いつの間にこんなに色気のある悪役をするようになっていたのか( ;∀;)

 

そんなとあちゃんベルナルドの恋人アニータ役の和希そらさん。

配役が発表になる前から「そら君にアニータを!」という待望論が多くて、
実際に配役が決まったときも皆さんがすごい興奮ぶりで、
それだけ期待値が上がっていたにも関わらず初日が明けても想像以上の評判で。

もう本当にそれが納得の、「男役が演じる女役」という枠すら飛び越えた、
「役者・和希そら」の演じるアニータがすごい迫力でした。

そら君のアニータの存在によって、自分が宝塚を観ているということを良い意味で忘れてしまい、
まるで古い映画の世界に迷い込んだような、今までに無い感覚を体験することができました。

言葉はもちろん日本語ですが、
そらアニータが実際の映画の中に登場していても全く違和感ないんじゃないかって気さえしたんですよね。

なんかもう「超宝塚」的なすごさでそれを表現できる語彙力が無いのが申し訳ないのですが。

 

そんなアニータのフルネームをベルナルドがちょっとからかうように呼ぶシーンがあるんですが、
完全にうろ覚えで「アニータ」以降を全て忘れてしまったんですが雰囲気で書くと、

「アニータ・ボニータ・二キータ・ロザライン・エリザベート・カルメン・マリヤーナ・エカテリーナ・マリー・エヴァ・トゥーランドット・ジャンヌ・ヴィヴィアンヌ・クリスティーヌ・ステイシー・レオノーラ・キャサリン・エトセトラ・エトセトラ……( ̄ー ̄)」

って感じで長~い名前言った後に「エトセトラ・エトセトラ……( ̄ー ̄)」って言うベルナルドの言い方が、

 

カッコイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイイ!!!!!!(≧∀≦)

 

いー!ろー!はー!にー!ほー!へー!とあちゃん!!(≧∀≦)

 

っていうカッコ良さでした(//∀//)

「いろはにほへとあちゃん」は思ってたより好評のようだったのでこれから使っていくことにしたワタシだよ( ̄∀ ̄)

しかし一幕で死んじゃうから二幕ほとんど出てこないのが淋しかった……( ;∀;)

スポンサーリンク

一番好きな曲

ちなみに実はピエールが今回観劇する前から一番好きだった曲が、
「Somewhere」だったのです。

と言っても劇中でどういう場面で歌われているかとかはほとんど知らなくて、
昔、何かのタカスペか何かのイベントのときに元専科の樹里咲穂さんが歌われていた「Somewhere」が本当に素晴らしくて、
それ以来たった一回聴いただけのその歌声が忘れられなくて、
「西側物語」の中で一番好きな曲にこの「Somewhere」が君臨し続けておりました。

樹里さんが歌っていたときのアレンジだと、
最後の「サムウェア~~」のところを「サ~ア~~ム!ウェ~~~~!!」って歌い上げるような感じで、
この歌声がホントに素晴らしかったのでまた聴きたいんだけど何のときに歌ってたのかが分からない……。

 

で、今回改めて観ていて、劇中でトニーとマリアが踊る幻想のような場面のカゲソロ?で歌われていたんですが、
そのときに二人以外にもう2カップル踊っていて。

プログラムが手元に無いので全員のお名前が分からないのですが、
たしか風馬翔さんと結乃かなりさんがいらっしゃったのは覚えております。

お二人がいるということはたぶんダンスの上手な方を揃えてるんですよね?

ピエール、結乃さんのダンスすごい好きなんですよね~。

なんか体重をまったく感じさせない軽やかさというか、
昔、星奈優里さんのダンスを見たときの感覚を思い出しました。

あと風馬さんと言えばジェッツで一番強い男ことディーゼルさんなわけですが、
ディーゼルってもう名前がずるいですよね。

だって「ディーゼル」のイメージって。

こういう感じじゃないですか(笑)!?

もう名前からして強そうなんだもん(//∀//)

「お前の相手はこのディーゼルだ」って言われたら勝てる気がしない……(笑)。

不憫なチノ

蒼羽りくさん演じるチノ。

ベルナルドの傍にいる、たぶん右腕的な存在で、
妹のマリアと結婚させようとしている信頼できる仲間。

チノはマリアのことが好きだけど、
マリアはチノに対して何とも思ってない、これが不憫ポイントその①。

もうね、この時点で、男としてすごい「チノーーーーー( ;∀;)」ってなるのです。

でね、チノってたぶんすごく優しい男だと思うのです。

喧嘩ばっかりやってるジェッツとシャークスの中でも、
たぶんわりとまともな家庭を築けそうな人で。

だけど恋に恋するマリアにとってはそんなところがまた物足りなく映っちゃうんですかね~。

ここが不憫ポイントその②。

チノーーーーーー( ;∀;)

で、リフが死に、ベルナルドが死に、事の顛末をマリアに伝えようと必死でやってきたのに、
マリアはお兄さんが殺されたってことも知らずに心配してるのはその兄の敵であるトニーのこと。

ここでチノが逆上してさらなる不幸につながる不憫ポイント③。

チノーーーーーー( ;∀;)

逆上したチノは、マリアと再会したトニーを脇から撃ってしまい逮捕。

リフを殺したベルナルドは死に、
ベルナルドを殺したトニーも死に、
そしてトニーもまたチノによって殺されて、みんな死んでしまうのに、
チノだけは生きて罪を償うことを課せられてしまう。

これが不憫ポイント④。

罪を償っても、自分と同じ十字架を背負った男たちは誰もこの世に残っていない、
自分だけが人を殺めた人間として生きて行かなくてはいけない孤独。

チーーノーーーーーー( ;∀;)

役の大きさ的には、トニー、ベルナルド、リフ、さらにはアニータも含めると男役さんの中で5番目かも知れないけれど、
ある意味この作品の中で一番辛い思いをして生きている人かも知れないと思いました。

だってトニーもベルナルドもリフもそれぞれ愛してくれる人がいたのに、
トニーが死んだことによってもう永遠にマリアの中でチノがトニーに勝てる見込みは無くなってしまいましたものね。

チーーーーーーノーーーーーーーー( ;∀;)

何気にチノって、出過ぎず引っ込み過ぎずなバランスがすごく難しい役な気がするのですが、
蒼羽さんのお芝居はそれがすごく絶妙で引き付けられました。

もしかしたら多くの人々にとって、
トニーたちの人間関係からどこか置き去りにされてしまったチノは一番自己投影してしまう存在かも知れないと思いました。

梅芸にも行きたくなってしまった。

はてさて、この西側物語は、
夏の梅田芸術劇場メインホール公演でも再演されることが既に決定してますよね。

ピエール、当初は梅田に行くつもりは全く無かったのですが。

だって今年はもう2月に中日遠征控えてるし、
3月もチケット取れたら雪組バウ遠征も狙ってるし……。

もう今年の遠征これで打ち止めなのでは?って思っていたのですよ、財政的に。

で、「ウエストサイド」という作品自体にも当初は特に思い入れはありませんでしたし、
仮にメインキャストがほぼ同じメンバーだったら東京で観れたし諦めようかな~とか、
もしメインキャストが変わっていたとしても作品自体は一度観れたから良しとしようかな~とか、
本当にそれくらいの気持ちでいたのです。

が、しかし。

実際に観てしまったら、この作品の持つ力に魅了されてしまいまして。

「こ、これはもしかして夏にもう一回観たくなるやつかも知れないぞ……( ̄∀ ̄;)」と、
素晴らしい作品に出会えたこと自体は本当に幸せなことなんですが財布に優しくない感情が芽生えてきております( ;∀;)

しかももし今回の東京版は紆余曲折あってDVDが出せたとしても、
梅芸版のDVD化はほぼ無いでしょうし……。

スカステでの放送もできないとしたら、梅芸版は映像に残らないということに……。

ぐぬぬぬぬぬ……!!

今はまだ考えないでおこう( ;∀;)

 

何はともあれ、お披露目が素敵な作品で本当に良かったな~と思いました!

真風くん、星風さん、トップお披露目おめでとうございます!(≧∀≦)ノシ

ブログランキングに参加しております。
楽しんでいただけましたら、
一日一回ポチッとしていただけますと嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

スポンサーリンク

-観劇レビュー・感想
-, , ,

スポンサーリンク