誕生日ジェンヌ

3月17日は愛すみれさん、音佳りまさんの誕生日です。

こんにちは。

宝塚男子ピエールです。

3月17日は、雪組の愛すみれさん、星組の音佳りまさんの誕生日です。

愛さんは2009年初舞台の95期生。

言わずと知れたスター揃いの95期のお一人ですね。

愛さんの「おとめ」を見てみると、
「好きな花」はズバリ「スミレ」。

やっぱりスミレの花が好きだから「すみれ」というお名前にしたんですかね~。

そして「好きな食べ物」は「アイスロイヤルミルクティー」。

まさかアイスロイヤルミルクティーが好きだから「あいすみれ」……?( ̄∀ ̄)

ってことはもしホットロイヤルミルクティーが好きだったら「ホットすみれ」という芸名になっていたのでしょうか(笑)(//∀//)

 

そして音佳さんは2017年に初舞台を踏んだばかりの103期生。

兵庫県出身の音佳さんですが、
出身校の山陽女子中学校という学校は岡山県にある学校のようでして。

で、なんとこちらの学校は元月組トップ娘役の蒼乃夕妃さんの母校でもあるそうです!

それから「音佳」というお名前を見ると「音月桂」さんを思い浮かべるのはピエールだけでしょうか( ̄∀ ̄)

そして「音月桂」というお名前を見ると「月桂冠」を思い出します(笑)。

 

ということで3月17日について調べてみると。

「婦女は結婚してもなお所生の氏(婚姻前の氏)を用いること」という太政官指令が出され、
夫婦別姓が原則となったのが1876年3月17日だったそうです。

現在の日本は夫婦同姓が原則かと思いますが、
これは1898年の民法制定時に転換されたことによるもの。

今では再び夫婦別姓に戻そうという動きも大きくなってきていますよね。

結婚する予定もないピエールにとっては、正直どっちでもいい問題というのが本音だったりするのですが……(笑)。

でも女性は結婚して苗字が変わると免許や社会保険とかの氏名変更があったり、
会社のメールアドレスとかも実名と変わってしまったり、
いろいろ面倒なんだろうな~というのは感じたりします。

 

それから3月17日生まれの有名人を探してみますと。

豊臣秀吉が1537年3月17日生まれ。

あらゆる作品に登場している人物ですが、
最近ではやっぱり「NOBUNAGA」で秀吉を演じた「北関東の瞳」こと美弥るりかさんが印象に残ってますね~。

あれは史上最高に美形の秀吉だったと思います(//∀//)

また、我らが「北関東の恋人」こと七海ひろきさん主演の「燃ゆる風~軍師・竹中半兵衛~」では、
専科の悠真倫さんがコミカルに演じていた秀吉も大好きでした。

作品によって、あるいはどの時代を切り取るかによって印象が大きく変わる秀吉ですが、
晩年まで描かれた作品を見るとちょっと嫌いになってしまいがちな人物だったりします(^^;)

 

また、「ジロンド派の女王」ことロラン夫人が1754年3月17日生まれ。

「ひかりふる路」で「魔弾の射手ウィンク・スナイパー」こと彩凪翔さんが女役として演じた女性ですね。

この作品が無かったら「ロラン夫人」という名前自体知らずにいたと思うのですが、
宝塚のおかげでいろいろな歴史上の人物を知ることができてるんだな~としみじみ感じます。

原作や史実に関係ない完全オリジナル作品も大好きですが、
こういった史実に基づいた作品もいろんな世界を知るきっかけになって楽しいですよね~。

 

そしてそして!

宝塚が世界に誇る演出家、小池修一郎先生も1955年3月17日生まれだそうです!

Wikipediaの「3月17日が誕生日の人物」の欄に小池先生のお名前は無かったのですが。

たまたま「そういえば小池先生の誕生日っていつだろう?」とふと調べたら、
なんとちょうど3月17日だったのです!

すごない!?(突然のニコライ少尉どの登場)

 

ということで、愛さん、音桂さん、そして小池先生、誕生日おめでとうございます!ヾ(* ̄∀ ̄*)ノ

スポンサーリンク


ブログランキングに参加しております。
一部の環境下でボタンが表示されないようなのですが、
ポチッとしていただけますと嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

-誕生日ジェンヌ
-,