宝塚の雑記

11月のカレンダーは雪組のCAPTAIN SAKINAです。

こんばんは。

宝塚男子ピエールです。

ということで、毎月ご紹介しております卓上カレンダー。

今年も残すところあと2ヶ月、というかほとんど1ヶ月になりましたね。

そんな11月はこちらの方が登場です!

日本青年館公演「CAPTAIN NEMO」で東上初主演を果たした、
雪組の彩風咲奈さんです!

新トップコンビ望海風斗さん(だいもん)と真彩希帆さんコンビのお披露目公演、
「ひかりふる路~革命家、マクシミリアン・ロベスピエール~/SUPER VOYAGER!~希望の海へ~」に出演中のさきちゃん。

こうやってちゃんと現在公演中の生徒さんがその月に来るようになってるんですよね~。

2007年初舞台の93期生のさきちゃんの同期生は、
宙組生となったばかりの芹香斗亜さんや同じく宙組の愛月ひかるさんなどなど。

また、元雪組トップ娘役の舞羽美海さんも93期生ですね。

とにかく93期はほんわかしていて人の良さそうな方々が多いというイメージです。

逆に言うと、さきちゃんは新人公演主演経験5回、
とあちゃんも4回、ひかるちゃんも4回、
さらには蒼羽りくさんも3回といった感じで、
新公主演回数だけを見てもかなり推されていた期でありながら、
自分からグイグイ前に出るタイプではないゆえに伸び悩んだ時期もあった期という印象もあります。

しかしとあちゃんは同期の中でもいち早く2番手になり、さきちゃんも新生雪組で2番手羽根を背負い、
組の中心となって活躍する時代が来ていますよね。

組が盛り上がるにはトップコンビだけでなく、
2番手、3番手くらいまでがトップに負けず劣らずな勢いを放つことも条件だと思っているんです。

でないと、そのトップスターの時代だけは盛り上がっても、
次のトップが誕生したときに一気に失速してしまいかねないと思うので。

そういう意味でも、さきちゃんは今だいもんのもとでたくさんのことを吸収して、
それをただ吸収するだけでなくアウトプットしていくことも求められる重要な時期に来ていると思います。

新生雪組のお披露目公演はお芝居・ショーともに好評のようなので、
ここからますますさきちゃんが弾けて魅力的な男役さんになって欲しいな~と期待しております。

 

ということで反対側はこんな感じです。

こないだTwitterで、「スリーピースのジャケットを脱いでベスト姿になった男性を見るのが好き」というつぶやきを見かけたんですが、
そのサンプルでアップされていたのが全部ハリウッドスターみたいな外国の人たちだったんですよ。

我々のような貧相なボディだと、ベスト姿ってどうにも様にならなくて申し訳ない……。

しかし宝塚の男役さんなんてそもそも女性なんだから、
ボディ自体は本物の男性よりよほど華奢なはずじゃないですか。

なのに普通にカッコ良くなっちゃうんだもんなぁ……。

この写真だとさきちゃんはジャケットを着ていますが、
何となくさきちゃんもベスト姿が似合いそうなイメージです。

なんつったってスタイル抜群ですからね~。

今回の公演では「魔女の宅急便」の「海の見える街」のアレンジ曲で踊るシーンがあるようなので、
ジブリ映画の中で「魔女宅」が一番好きなピエールも、
超絶スタイルジェンヌのさきちゃんのダンスを楽しみにしております( ´ ▽ ` )ノ

ブログランキングに参加しております。
ポチッとしていただけると幸せですm(_ _)m
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

スポンサーリンク

-宝塚の雑記
-

スポンサーリンク