宝塚の雑記

○○にしたい男役。

こんばんは。

宝塚男子ピエールです。

よく「彼氏にしたい男役」とか「妹にしたい娘役」とかあるじゃないですか。

アレやります(雑な導入)。

いや、実は昨日、当初はこの記事を予約投稿して、
とある映画のレイトショーを観て帰ろうかなーと、16時過ぎくらいまでは思ってたんですよ。

でもご存知の通り17時にあの発表がありましたわけでして。

今日は更新休もうかなーとも思ったけど静かにしててマイナスなこと考えちゃうとアレだし、
かと言ってもう感情迷子になってて真面目な話はできなそうだなーと思うので今日こそギャグ回にしとこうかなと……(笑)。

 

でもね、男のピエールが「彼女にしたい娘役は○○さんです」とか言ったら、
何か生々しくて気持ち悪いじゃないですか。

なので、「○○にしたい男役」という縛りでやってみたいと思います。

と言いつつですね、実はこの記事、
そもそも先日の「サッカー宝塚代表メンバー発表について。」よりも前に書いていたものでございまして。

ゆえにあの記事に比べるとちょっとひねりが足りないと言いますか、
後から書いたあっちの方がより個性的な記事に仕上がったなという気がしておりまして(笑)。

なので読んでみたら「あれ~、なんか物足りないな~(´・ω・`)」と思われてしまうかも知れませんが、
そこはどうぞ大目に見ていただけましたらこれ幸いと思っておりますm(_ _)m

スポンサーリンク

お兄さんにしたい男役

まずは王道ですが、「お兄さんにしたい男役」から。

たくさんいる男役さんたちの中でお兄さんにしたいのは!

月組の輝月ゆうまさんです!

輝月さんと言えば、歌もダンスも芝居もできる、
しかも下級生時代から老け役もこなしてきた超実力派!

こんな多芸多才なお兄さんがいたらどうなるでしょう??

輝月さん、絶対何かしらの分野で大成功を収めると思うんです!

絶対一流企業で出世していく姿が目に浮かぶ!

しかもですよ、派手なIT企業とかではなく、
何か手堅い日系企業で堅実に財を成すイメージなのです。

そう、輝月さんから漂うは絶大なる安・定・感!!

お兄さんがこんなにしっかりしていたら、
弟のピエールも絶対食いっぱぐれが無い気がするんですよね( ^ω^ )

実際の年齢は間違いなくピエールの方が年上だと思うんですが、
どう考えてもピエールより輝月さんの方が頼もしい感じがするのでお兄さんとさせていただきました(笑)。

いっしょにちょっとしたパーティーに行きたい男役

次はいっしょにちょっとしたパーティーに行きたい男役さんです。

「ちょっとしたパーティー」というあいまいな表現にしたのはですね、
「合コン」とか「飲み会」とかいう表現はすみれコード的にちょっとそぐわないかも知れないという配慮でございます(笑)。

ちなみに合コンと言えば、ピエールは人生で合コンに行ったのって3回しかないんですけどね。

基本的にコミュ障なので、初対面の人たちと会話するなんて何を話していいか分からなくて全然楽しめないのですよ。

そんなときにいっしょにいてくれたらありがたい存在って誰かな~と考えてみたところ。

「だいもん」こと望海風斗さんがピッタリなんじゃないかと思うのです!

だいもんの名台詞と言ったら何でしょう?

そうです、「天海さんも、そんなことある?」ですよね!?

初対面の人たちとのパーリーで自分からなかなか話に入っていけないピエールのような人間にとっては、
「へ~、○○ちゃんは映画が趣味なんだ~。ピエールもそんなことある?」
って話を振ってくれるだいもんってすごくありがたい存在なのです。

「そんなことある?」というイエスかノーで答えられる質問なので、
とりあえず「ある」「ない」って答えてれば会話に入れてもらえますし、
自分の得意分野のテーマのときだけ踏み込んでいけばいいので非常に助かります。

ちなみに合コンの最初の自己紹介コーナーって、
その日の場の盛り上がりを決定づける大事な時間じゃないですか。

ピエール、不慣れな合コンの自己紹介でいきなりトップバッターにさせられて、
合コンのテンションというものを知らないもんだから就職の面接みたいに淡々と自己紹介して、
その日の合コンを完全にお通夜みたいな空気にしてしまったことがあります( ^ω^ )

若い頃はまだ「慣れればこういう初対面の人たちとの飲み会も楽しくなるはず」って思って頑張ってたんですが、
今はそもそも知らない人と「ウェ~イヾ(〃^∇^)ノ」ってやる自分の滑稽さに気付いてしまったからもう一生無理だろうなぁ……。

上司にしたい男役

次は「こんな人が職場にいたらいいな~」っていう「上司にしたい男役」です!

これね、実はすぐ決まったんですよ。

「北関東の瞳」こと月組の美弥るりかさんです!

美弥ちゃんって下級生にもすごく優しい人っていう印象がありまして。

優しいだけじゃなくて、すごく話しやすい雰囲気を作ってくれますよね。

こんな優しい上司だったら、毎日仕事に行くのも全然ストレスにならないと思うんです。

しかもね?

美弥ちゃんって言ったら音楽学校時代、
レッスンが終わると誰よりも早く寮の部屋に帰ってたって話してたじゃないですか。
(今はめちゃくちゃお稽古してると思われるけどこのエピソードが大好きなピエール)

定時になると共に上司が真っ先に会社を出る。

そうすると他の人たちもみんな定時で帰りやすくなると思うのです!

ホワイト企業には美弥ちゃんが欠かせませんよ!

ワールドカップで対戦したい男役

先日、ヒッタイトの優勝で幕を閉じたワールドカップ。

もしワールドカップのような大舞台で対戦するなら誰がいいでしょう?

そしたらコレ、芹香斗亜さんじゃないでしょうか!?

だってとあちゃんってば、
「邪馬台国の風」のクコチヒコ、
「WEST SIDE STORY」のベルナルド、
「天は赤い河のほとり」のラムセスと。

ビジュアルは完璧にカッコイイのになんやかんや最後に負けてることが多いじゃないですか!

しかも負け方がまたバリエーション豊富ですよね。

ベルナルドは愚かな若者たちの激しい争いの果てに散っていったし。

ラムセスは戦いに負けこそはしたけどカイルとの間に男同士の友情が芽生える美しい負け方だったし。

クコチヒコは何か知らないけど急に死んじゃったし。

自分の対戦相手がとあちゃんだったら、
最終的に絶対勝たせてもらえる上にいろんな勝ち方を楽しませてもらえるから何だか自分に自信が付きそうです!(≧∀≦)

Wikipediaにしたい男役

ブログやってるとね、記事を書きながらいろいろ調べ物をする必要に迫られることが多いのですよ。

特にピエールはWikipediaにはよくお世話になってるんですが、
最近はもう話相手がWikipediaしかいない人みたいな気分になって淋しくて。

で、Wikipediaの代わりに宝塚の情報を教えてくえる人いないかな?って考えたら、
やっぱりこの人しかいないのではないかと。

そう、愛月ひかるさんです!

ひかるちゃんと言えばタカラジェンヌの中でも生粋のヅカオタジェンヌとして有名ですよね。

元星組トップ娘役の白城あやかさんをゲストに迎えた「ときめきの原点」で、
出演していた白城さんご本人も知らない「あの場面は7分です(⌒∇⌒)」って情報を当たり前のように披露したり、
たぶんひかるちゃんの脳内はWiki以上のデータベースになってるのではないでしょうか!

ってことはひかるちゃんが隣にいてくれたら、
ちょっと過去の情報とか確認したくなったときにもういちいちググったりしなくても、

「ひかるちゃん、☆☆さんの新公初主演ってどの作品だっけ?」

「ひかるちゃん、あの作品の○○さんの役名って何?」

「ひかるちゃん、このショーの群舞の振付の先生誰?」

「ひかるちゃん、△△先生のデビュー作教えて」

「ひかるちゃん、お風呂沸かして」

「ひかるちゃん、キッチンペーパー注文して」

って感じで一家に一台ひかるちゃんがいてくれるだけで生活がすごく楽になると思うのです!

ひかるちゃん、スカステ付けて!(≧∀≦)

生命保険の受取人にしたい男役

最近、自分の人生ってどんな結末を迎えるんだろうってよく考えてしまいましてね。

きっと一生独り身で最終的に孤独死するんだろうなーとか(。-∀-)

でも、人間誰しもいつかは死ぬじゃないですか?

だからピエールも生命保険に入らなきゃって考えたら、
誰を受取人にしようかって迷っちゃったのですよ。

結婚してたり子どもがいたりしたら奥さんとか子どもとかにするのが一般的かと思いますが、
ほらピエール一生結婚できなそうってニコライ少尉にも言われちゃいましたし。

だから代わりに保険金受け取って欲しい人を考えてみたんですけど、
これはやっぱり七海ひろきのお兄様しかおりません!

ひろきのお兄様と言ったら、
「ロベスピエールに粛清されたい」とか、
「ムケーシュに焼き殺されたい」とか、
挙句の果てには「喜六といっしょに鯖を食べてあの世に行きたい」とか、
なんか気付いたらここしばらくファンがずっと死ぬことばっかり考えてるじゃないですか!

これじゃ命がいくつあっても足りないって思ったけど、
逆に言うと生命保険には入りがいがあると思いません!?

ひろきのお兄様に保険金捧げるために何度だって死んでやります!

これがそれがしの「命の使い道」でございます(⌒∇⌒)

飲食店を経営して欲しい男役

ピエールの生命保険の受取人も決まったところで終わるかと思いきやもう一つ続きます!

居酒屋だったり、ファミレスだったり、あるいは小さなカフェだったり。

飲食店を選ぶ理由って、味や雰囲気もありますが、
店員さんが魅力的だとついついまた行きたくなっちゃいますよね。

そんなリピートしたくなるような飲食店を経営して欲しい男役は誰でしょう?

ズバリ!

「あきら」こと瀬戸かずやさんでございます!

瀬戸さんと言えば、学生時代にオムライス屋さんでアルバイトしていたというのは有名な話。

しかも女子高生なのにホールじゃなくてまさかの厨房担当という、
音楽学校に入る前から男役道を歩み始めていたようなカッコ良さです。

そんな瀬戸さんが腕をふるったオムライスを出す「アキラのオムライス屋さん」、行ってみたくありませんか??

 

そして何と瀬戸さんだけではありません。

真風涼帆さんの経営する伝説の「スズホのパン屋さん」との共同経営が決まりました!

瀬戸さんのオムライスを食べながら、特製デミグラスソースをスズホのパンに付けて食べたり。

さらには何と、スズホ特製のパンの中に、
カズヤ特製のデミグラスソースととろっとろの玉子を閉じ込めた新商品、
「スズホパン de アキライス」はお持ち帰りいただくことも可能です!

ただしスズホのパン屋さんと合併して以降、お会計を間違いやすくなったという話ですのでご注意ください( ^ω^ )

 

一応最初は真面目に考えようとしたはずだったんですが、
ついついふざけたくなっちゃう癖はどうにかならないもんでしょうか(どうにもなりません)。

でもたぶんここまで読んでくれてる人って概ねこっち側の人たちだと思うので大丈夫ですよね(⌒∇⌒)

気が向いたら娘役さんバージョンもやってみたいと思います( ^ω^ )

ブログランキングに参加しております。
楽しんでいただけましたら、
一日一回ポチッとしていただけますと嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

スポンサーリンク

-宝塚の雑記
-, , , , , , ,