宝塚の雑記

早っ!!月組「エリザベート」配役と「凱旋門」新公一部配役発表!!

こんばんは。

宝塚男子ピエールです。

ピエール、昨日は「ニクジマスペシャル2018初夏」に出演のため留守にしておりました。

ゴールデンウィークだから特に何もニュースとかは無いかなーとか思っていたら、
ピエールが肉島くんたちと遊んでいる間にしっかり発表がでておりましたね。

ということでまずは昨日発表されたニュースからですが。

絶賛お稽古中の雪組大劇場公演「凱旋門」の新人公演一部配役が発表されました!

専科の轟悠さんが雪組トップスター時代の2000年が初演の作品。

今回ふたたび轟さんが主演ということでいろいろ話題となっておりますが、
とりあえず発表された配役を表にしてみたいと思います。

配役 出演者 新人公演
ラヴィック 轟悠 縣千
ボリス 望海風斗 綾凰華
ジョアン 真彩希帆 潤花
フランソワーズ 美穂圭子
ウージェニー 梨花ますみ
シュナイダー 奏乃はると
デュラン 透真かずき
ヴェーベル 彩凪翔
アンリ 彩風咲奈
マルクス 煌羽レオ
ハイメ 朝美絢
ルート 朝月希和
ローゼンフェルト 永久輝せあ
ペペ 綾凰華
シビール 星南のぞみ
ユリア 彩みちる
 オットー  潤花

まず轟さん演じる主人公のラヴィック役に抜擢されたのは、
これが新人公演初主演となる101期生の縣千さん。

縣さん、おめでとうございます!

101期生での新公主演は「天は赤い河のほとり」で初主演に抜擢された鷹翔千空さんに続いて二人目ですね。

ちなみに娘役さんでは結愛かれんさん(「All for One」)と、
星蘭ひとみさん(「ベルリン、わが愛」「ANOTHER WORLD」)が新公ヒロインを経験していますね。

縣さんは組配属後の最初の「星逢一夜」の新公でいきなり「トワキン・スカイウォーカー」こと永久輝せあさんの汐太役で役が付いたのを皮切りに、
「るろうに剣心」では月城かなとさん本役の四乃森蒼紫、
「私立探偵ケイレブ・ハント」では彩風咲奈さんのカズノ、
「幕末太陽伝」では当時二番手の望海風斗さん(だいもん)の高杉晋作、
そして前回の「ひかりふる路」では再びトワキンが本役のフィリップ・ル・バと。

常にいわゆる路線系の方々の役に抜擢されていましたね。

確実にスターとして育てようというのは感じつつも、
いきなり主演をさせるとかはせず、すごく大事に育てられてるような印象でした。

そんな縣さんもついに新公主演か~、という感じですが、それでもまだ研4なんですね~。

 

そしてトップスターだいもんのボリス役には、
「ひかりふる路」で新公初主演を果たしたのに続き、
全国ツアー公演「誠の群像」で沖田総司役に抜擢されたりと注目度急上昇中、98期生の綾凰華さん!

今回の新公ではトップスターの役でも「新公主演」にはカウントされないんですかね~。

それから真彩希帆さんのジョアン役には102期生の潤花さん。

102期生で新公主演・ヒロイン経験があるのは今のところまだ潤さん一人かと思いますが、
「ひかり~」に続いて早くも2回目の新公ヒロインとなりますね。

スポンサーリンク

轟悠さん主演公演の新公主演経験者

轟さんが専科に異動されてから大劇場公演で主演されるのはたしかこれが7回目かと思いますが。

轟さんと言えば、別箱公演で轟さんの相手役としてヒロインを務めた娘役さんは、
かなりの確率で後にトップ娘役に就任するというジンクスが有名ですよね。

それだけ轟さんの相手役を務めるということは期待されている娘役さんという証なんだと思いますが、
では轟さんの役を新公で主演されてきた方々はどんな顔ぶれだったかな~と改めて振り返ってみたところ。

ここから「轟悠さんの役を新公で演じることに隠された意図」が分かるのではないかと考え、
当時のトップスターの役を演じた方と共に表にしてみました。

公演名  本役・轟悠 本役・トップ
()内は当時のトップ
野風の笛 愛音羽麗 華形ひかる
(春野寿美礼)
青い鳥を捜して 音月桂 凰稀かなめ
(朝海ひかる)
長崎しぐれ坂 柚希礼音 麻尋しゅん
(湖月わたる)
暁のローマ 星条海斗 龍真咲
(瀬奈じゅん)
黎明の風 鳳翔大 蓮水ゆうや
(大和悠河)
The Lost Glory 麻央侑希 礼真琴
(柚希礼音)
凱旋門 縣千 綾凰華
(望海風斗)

こ……!!

 

これは……!!

 

特に何も分かりませんでした(ごめんなさい)。

ただし、意外にも轟さん特別出演の公演で新公主演した中で、
後にトップスターになっているのは今のところ音月桂さんと柚希礼音さんのみで。

「轟悠の相手役を演じるとかなりの確率でトップ娘役になる」というジンクスと比べると、
「轟悠の役を新公で演じるとトップスターになる」というほど簡単な話ではないんだな~という気がしてきますね。

娘役さんの方がトップ就任は基本的に早いので、
「轟悠の相手役を演じる」というのはむしろ「これからトップに就任する見込みの娘役さんのさらなる修行の場」という意味が大きいのかも知れませんね。

すなわち「轟悠の相手役を演じたからトップ娘役になれる」というのではなくて、
「トップ娘役になる人材だから轟悠の相手役を経験させる」という意味合いの方が大きいということであり。

それに対して新公主演というのはまだまだこれからどれだけ男役として伸びるかは未知数なので、
「轟悠の役を新公で演じればトップになれる」というほど単純な法則にはならないんだろうなという気がします。

なんかだんだん何言ってるか分からなくなってきました(笑)。

いずれにしても一つ言えることは、
以前よりも轟さんとトップスターの学年差も当然ながら大きくなっている中で、
新公で轟さんの役を演じる方には相当に大人のお芝居が要求されるというのは間違いないのではないかなと。

それを新公初主演、しかもまだ研4の縣さんが演じるというのはかなりのハードルになるかとは思いますが、
僕は新公はクオリティよりも伸びしろやスター性を見る方が楽しみだったりするので、
この表現で伝わるかどうかは分かりませんが「新人公演らしい新人公演」を見せて欲しいな~と思っております。

「エリザベート」配役発表!!

そしてこの記事を書いてる最中にビックリなニュースが舞い込んできました(笑)。

次回の月組大劇場公演「エリザベート」

何とその全配役が早くも発表されてしまいました!!

トートはトップスター珠城りょうさん(たまきち)、
エリザベートはこの公演で退団が発表されている愛希れいかさん。

そしてフランツは我らが「北関東の瞳」こと美弥るりかさん、
ルキーニは月城かなとさん、そしてルドルフに暁千星さんと風間柚乃さんの役替わり。

というメインキャストが先日発表されたのすらすごい早かったような気がしていたのですが、
なんと今日はその他のほぼ一通りの配役が発表されているではないですか!

こんなに早く発表されるなんて超異例じゃありません!?

少々混乱しておりますが、とりあえずこちらも表にしてみたいと思います。

配役 出演者
トート 珠城りょう
エリザベート 愛希れいか
フランツ 美弥るりか
ルキーニ 月城かなと
ルドルフ 暁千星
風間柚乃
ゾフィー 憧花ゆりの
ツェップス 光月るう
グリュンネ 紫門ゆりや
マダム・ヴォルフ 白雪さち花
マックス 輝月ゆうま
ジュラ 春海ゆう
黒天使 夢奈瑠音、他
ヘレネ 叶羽時
エルマー 蓮つかさ
暁千星
シュテファン 蓮つかさ
風間柚乃
ヴィンディッシュ嬢 海乃美月
女官/エトワール 美園さくら
マデレーネ 天紫珠李
少年ルドルフ 蘭世惠翔

何度も再演されている作品なので、
メインキャスト以外でも注目どころがたくさんありますよね。

まずルドルフの役替わりで話題になっていた暁くんと風間さんは、
それぞれルドルフでない日は何役になるのかな~と気になっていたところですが。

暁くんはエルマー、風間さんはシュテファンを、
共に蓮つかささん(れんこん)との役替わりで演じるとのことです。

ルドルフとエルマー・シュテファンはそれぞれ全然立場の異なる役だから逆に演じ分けやすいかも知れませんが、
何気にエルマーとシュテファンを演じるれんこん君の役作りも大変かも知れませんね~。

 

それからかなりの存在感を放つフランツの母親にしてシシイの姑ゾフィーは組長の憧花ゆりのさん!

いや~、もうなんかこれは納得というか「そうでしょうね( ̄∀ ̄)」って感じですね(笑)。

そして前回の宙組公演では伶美うららさんが演じ、
「マダム・ヴォルフのコレクショ~ン」と言っておきながら主が一番売れっ子なんじゃないかと言われたマダム・ヴォルフには白雪さち花さん。

こちらもゾフィーに負けずかなりの迫力になりそうですね~。

さらにれいか様の退団に伴い否が応でも注目される若手娘役の皆様ですが。

でも「エリザベート」ってあんまり若手娘役さんの演じる大役が少ないんですよね~。

そんな中、海乃美月さんはヴィンディッシュ嬢。

やっぱり現在の「カンパニー」での瀬川由衣役に比べるとちょっと出番の少ない役になってしまうのが淋しいなぁ。

そして美園さくらさんは「女官/エトワール」。

配役発表でエトワールまで発表されていることにビックリしたんですが、
今までも「エリザベート」のときってそうでしたっけ??

と思って前回の宙組版の配役表を見てみたんですが、
やっぱりエトワールまでは書いてませんでした。

娘役さんの役が少ないからせめて「エトワールやるよ~」というのを書いといてくれたということでしょうか。

何にせよとにかくチケット取らないことには観れないわけで。

こうやって配役を早く発表してくれたのも、
「のんびりしてるとチケット取り出遅れちゃうよ~」という警告なのかも知れません(;・∀・)

れいか様を宝塚の舞台で見られるのはこれが最後の公演ですし、
伝説に残る娘役になるであろうれいか様の最後の姿をしっかり見届けられるようにチケット確保に勤しみたいと思います( ̄^ ̄)ゞ

ブログランキングに参加しております。
楽しんでいただけましたら、
一日一回ポチッとしていただけますと嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

スポンサーリンク

-宝塚の雑記
-, ,