観劇レビュー・感想

はいからさんが通りましたーー!!ヽ(*T▽T*)ノ(「はいからさんが通る」感想その1)

こんばんは。

宝塚男子ピエールです。

 

あのー………………。

 

 

星組の振り分けはまだでしょうか??( ;∀;)

 

 

今日こそは今日こそはとマヂソワし続けて早幾日……。

ホントにホントに今日こそはと思っていたんですが今日も出ず……。

いつもこんなに遅かったでしたっけ??(。-∀-)

もうすぐ友の会の申し込みも始まってしまうというのに……( ;∀;)

こんなに遅いとなると、何か理由があるんじゃないかと勘繰ってしまいますよね……。

うう……怖い……。

 

ということで怖がっていても何も出てこないのでとりあえず本日の本題に……。

「ビジュアル・モンスター」こと柚香光さん主演の花組公演「はいからさんが通る」

ピエールもついに観てまいりましたーー!!ヽ(*T▽T*)ノ

ということで、今回はその感想を書かせていただきます。

とりあえずですね、物語の流れとか、原作と比較しながらどんな感じかとかは、
原作ファンの「愛媛の文学少女」ことOz様が、
どの記事のリンク貼ったらいいか分からないくらい熱く熱く綴ってらっしゃいますので(笑)。

なんかもうピエールが書くこと無いんじゃないかって感じなのですが、
ピエールなりの感想をお聞かせしましょうかマッダ~ム?って感じで行きたいと思います( ´ ▽ ` )ノ

スポンサーリンク

酔っぱらっても可愛いオハナちゃん

まずは何はともあれヒロインの「はいからさん」こと花村紅緒を演じるのは、
我らが「オハナちゃん」こと華優希さんについて語りたいなと。

分かってはいたけど、とにかく可愛い!(//∀//)

何が可愛いって、あの酔っ払い姿!

足がふらふらしながら酔っぱらう姿、
宝塚のヒロインとしては珍しいお芝居ですが、
オハナちゃんの振り切った演技が本当に可愛いのです(≧∀≦)

「目が座ってる……」って言われる場面があるんですが、
そのときの目の座り方がまた本当に可愛くて(*´∇`*)

観ている間はその一挙手一投足を食い入るように見ていたのに、
今振り返ると「可愛い」しか出てこない……(笑)。

幕開きも可愛いオハナちゃん

幕開きから大盛り上がりのプロローグ、
アニソン感の溢れる曲は本来なら決してピエールの好みというタイプではないのですが、
やっぱり漫画原作の作品にはあの雰囲気が合ってる気がしましたし。

振付もすごく個性的なのですが、
特に「時は大正ロマネスク」のところでの時計の針みたいな振付。

ここのオハナちゃんがまた可愛いのです!

たぶんね、それぞれのキャラクターの皆さんが、
あの同じ振付でも個性が出ていて面白いんだろうな~と思うんですが、
ピエールのオペラグラスはどうしても勝手にオハナちゃんにロックされてしまい……(*´∇`*)

あの袴の袖を振り回しながら踊る感じが可愛いんだよな~。

不思議だな~、他の人を見ようと思ってるのに勝手にオハナちゃんに向いてるんだもんな~( ̄∇ ̄*)ゞ

でもね、ちょうどピエールから見てオハナちゃんの後ろに陣取ってたのが、
伊集院伯爵を演じている専科の英真なおきさんで。

英真さん、おじいちゃんの格好だけど今回もノリノリで踊ってましたよ(//∀//)

けれどやっぱり一番可愛いのはオハナちゃん(*´∇`*)

「とっおっるっ♪」のところで両手をチョンチョンチョン♪ってやる振りが一番印象的かと思いますが、
ピエール的には二回目の「とっおっるっ♪」のときにその場で走るような動きをするときのオハナちゃんもまた可愛くて好きです(//∀//)

紅緒になりきって、一つ一つの動きが全力なのがまた可愛いんですよね~(≧∀≦)

それと初日映像で全ピエールを虜にした、
「モンペのアンサンブルで決めたずら(* ̄∀ ̄*)」の場面。

 

あの「決めたずら」のポーズ決めた瞬間の舞台写真が出てないってどういうことですかーーーー( ;∀;)

 

あんなに可愛かったのに……!ヽ(;▽;)ノ

オハナちゃんと聖乃さん

オハナちゃんはこないだの「邪馬台国の風」で新公初ヒロインに抜擢されたばかり。

それまでは決して大役や通し役に恵まれていたわけではないので、
たぶん相当なプレッシャーだと思うんですよ。

おそらく歌、ダンス、お芝居の中ではお芝居が一番得意なタイプだと思うので、
すごく堂々と紅緒になりきってる感じで安心感があるんですが、
実際は結構てんやわんやしてるんじゃないかなと(そこがまた愛おしい)。

そんなオハナちゃんがのびのびとお芝居できてるのは、
幼なじみの藤枝蘭丸を演じる同期の聖乃あすかさんの存在も大きいのではないかなと。

どちらも学年比で言ったらかなりの大役なので大変だと思いますが、
同じ作品でこんなに近い存在の役っていうのはきっとお互いに頼もしいですよね。

以前、夢咲ねねさんが、たしか「ブエノスアイレスの風」のヒロインに抜擢されたときに、
お稽古で全然できなくていっぱいいっぱいになっていたそうで。

ちょうど同じ時期に隣の稽古場で博多座の「ME AND MY GIRL」のお稽古中だった同期の羽桜しずくさん(俺のしずく)と、
「あ~あ!できないよね~!ヽ(;▽;)ノ」って二人でいっしょに途方に暮れていたという話を思い出しまして。

きっとオハナちゃんと聖乃さんの二人もいっぱいいっぱいになりながら励まし合ったりしていたんじゃないかな~と、
勝手に想像してみたり。

もはやピエールはオハナちゃんを年の離れた妹を見守るような気分なので、
劇中ずっと聖乃さんに対して「うちのオハナをよろしくお願い致しますm(_ _)m」って拝むような気持ちでおりました(笑)。

紅緒と蘭丸

蘭丸は基本的に女の子っぽい頼りない存在ですが、
そんな蘭丸がときに男らしさも垣間見せる場面も。

少尉に向かって、「僕は臆病だけど必死だった!」と叫ぶシーン。

女の子みたいな格好をして、紅緒からは男として見られてこなかったかも知れないけど、
登場人物たちの中で誰よりも長く紅緒を想い続けてきたのは蘭丸なんですもんね( ;∀;)

これ、男目線で見ているから感じるのかも知れませんが、
あの場面で蘭丸があれだけ必死になれるのは、
「紅緒は自分のものにはならない」と悟っているからなのかも知れないなと思いました。

「プロポーズとかで『一生、君を守る』なんて言葉は一国と戦えるくらいの軍事力を持った男じゃないと言う資格はない」
みたいなことをケンコバさんも言っていましたが、
ピエールこれ首がもげるほど共感なのですよ(笑)。

だってね、「守る」って言ったってミサイル飛んで来たらどうしようもないですもの。

紅緒には伊集院少尉という存在がいて、
蘭丸はもうきっと自分が紅緒の一番になれないということを分かっていて。

だから、「自分から紅緒さんを奪って行くなら何があっても守れ!」っていう気持ちが抑えきれなかったんじゃないかなと。

少尉が「安心してください、紅緒さんは必ず守ります」って答えたあと、
心なしか蘭丸が悔しそうな表情をしたような気がしたのです。

もしかしたら、蘭丸自身は剣道のお稽古ですら紅緒さんにも歯が立たずに生きてきたのに、
あっさり「守ります」と答えることができてしまう少尉に、
余計に悔しさが込み上げてきたんじゃないか、なんてことを感じました。

華優希、まだ誰のものでもありません。

で、オハナちゃんが可愛いという話に戻ってしまうんですけどね。

最後の場面で、紅緒の方から少尉にキスするシーンがあるじゃないですか。

その直前に、紅緒が何かずっと「よっし!うっし!おっし!」みたいに気合い入れてるんですよ。

ピエール、定位置の2階の後ろの方の席だったので、
最初何してるのかよく分からなかったんですが。

あれってもしかして、「よし!キスするぞ!してやっぞ!(`・ω・´)」みたいに気合い入れてるってことでしょうか!?

 

この可愛いさは事件だ……!!(`・ω・´)

 

オハナちゃんが可愛いってのもあるんですが、
紅緒ってホントいろんな可愛いポイントに溢れた子ですよね~(*´∇`*)

それこそが「はいからさんが通る」という漫画がこれだけ伝説的に人気となった理由なのかも知れませんが、
それを舞台化するに当たってはヒロイン選びってすごい難しかったと思うんです。

宝塚を知らない原作ファンであれば単にビジュアルの近い子を選べば良いかも知れませんが、
宝塚ファンにとってはそれぞれの娘役さんにそれなりのイメージが定着しているもので。

「はいからさん」という超話題作のヒロインなので、
もっと安定感のある娘役さんを選ぶという選択肢もあったかも知れません。

ピエールも配役が発表になる前は、
「すごい話題作になりそうだからヒロイン経験の豊富な娘役さんが選ばれるんじゃないかな~」と思っておりました。

でも、それだと「紅緒」ではなくその娘役さん自身のイメージが強すぎて、
同じく既にイメージが出来上がっている紅緒というヒロインとぶつかり合ってしまった気もします。

ゆえに、新公ヒロインも初めて経験したばかりのオハナちゃんは、
まだ何色にも染まっていない真っ白な状態で紅緒という役に挑めたんじゃないかなと。

 

あとね、ピエールがオハナちゃん推しになるきっかけにもなった、
「あのお兄様」の存在。

お兄様もドラマシティで「はいからさん」をご観劇されたという情報を聞いておりますが。

少女漫画のヒロインらしく、
少尉、冬星、蘭丸と、たくさんの男性に愛される引く手あまたな紅緒さん。

いろんな男の間で揺れるオハナちゃんを見たお兄様が、
どれだけ歯ぎしりするような思いだったろうと……。

そればかりが気がかりだよねという話で姉と一致しました(笑)。

 

そんなわけで、続きは別記事で書かせていただきます( ´ ▽ ` )ノ

書かせていただきますが、二階席の後ろの方からオペラグラスでオハナちゃんばっかり見ていたので、
「オハナちゃん可愛い(*´∇`*)」以外の感想が出て来なくて困っております(笑)(//∀//)

ブログランキングに参加しております。
ポチッとしていただけると幸せですm(_ _)m
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

スポンサーリンク

-観劇レビュー・感想
-, ,

スポンサーリンク