観劇レビュー・感想

思った以上に淋しかった、あの人の不在(「Killer Rouge/星秀☆煌紅」感想)

こんばんは。

宝塚男子ピエールです。

ということでお芝居の感想からちょっと間が空いてしまったのですが、
本日は紅ゆずるさんと綺咲愛里さん(アイリーン)を中心とした星組による梅田芸術劇場メインホール公演、
ショーの「Killer Rouge/星秀☆煌紅」の感想を書かせていただきたいと思います。

と言いつつ、やはり初お目見えの「サンファン」の興奮が凄かったのと、
幕間に公開されているのを目撃した七海ひろきのお兄様のディナーショーのポスターの衝撃とかで感情が忙しくて、
既に若干記憶が曖昧になってる部分も多いのですが(笑)。

とりあえず思い出せる範囲で初日の感想を書いておきたいと思います。

 

ところで皆さん、ご存知でした??

このショーのタイトル、大劇場版では「キラー・ルージュ」だけだったじゃないですか。

でも何と今回の梅芸から台湾公演に向けてのニューバージョンだと、
「アメイジング・スター・キラー・ルージュ」って読むそうですよ!

ご存知でした??

いや、たしかによく見ると公演解説のページに「アメイジングスター☆キラールージュ」って書いてあるんですけど。

ピエールは初日の終演後のご挨拶で、組長の万里柚美さんが読み上げてるのを聞いて初めて気付きました(笑)。

スポンサーリンク

天寿光希さん大活躍

ということで台湾公演バージョンの「キラルー」。

稽古場映像では新場面とかはあまり映ってなかったので、
大劇場版とそんなに構成変わらないのかなーと思っていたりしたのですが。

でも実際に観たら結構変わった箇所が盛りだくさんでしたよ!

その中でも一番活躍の場が増えたと感じたのは天寿光希さんだったような気がします。

大劇場版に出演していて今回は出ていない華形ひかるさんのポジションは、
ほとんど天寿くんが引き継いでいたんじゃないかな??

パッと思い出せるだけでも、
プロローグ後に華形くんが男役さんを引き連れていた「Wonder Rouge」の場面は、
天寿くんがセンターで美稀千種さん、麻央侑希さん、
そして娘役が加わって紫月音寧さんと夢妃杏瑠さんといった大人のメンバーになり。

パレードはソロの人がかなり増えていたんですが、
天寿くんももちろんソロで降りてきて、
麻央さんや天華えまさん、さらに娘役としては珍しく有沙瞳さんもソロで歌い降りてきて。

そして順番が前後しますがフィナーレの西城秀樹さんの「炎」を歌う場面。

大劇場では華形くんが歌っていたパートを天寿くんが歌っているのですが、
何と天寿くんは後ろの大階段(中階段?)の上で座り込んで歌っているのです!

これ、華形くんは座り込んでませんでしたよね!?

最初に見たときビックリして、
「えっ?天寿くん体調悪くて座り込んじゃったの?それにしては色気を放ってるけど?(;・∀・)」
と動揺するほどだったのですが。

でも2日目以降にご覧になった方も口々にあの座り込み天寿くんについてツイートされていたので、
これはこういう演出だということが分かってホッと致しました( ̄∀ ̄)

いや~、しかしあんな激しい曲を階段上に座り込んで歌うなんて斬新ですね~!

黒髪女泥棒

我らがひろきのお兄様の登場シーンは、大劇場版と大きく変わらないところが多いのですが。

大劇場版のプロローグの中で、
音波みのりさん(ミノリーン)とデュエットダンスした後で歌い出しながらミノリーンから飛ばされてきた投げキッスをお兄様がキャッチするという名場面が生まれましたが、
そのミノリーンのポジションはやはり夢妃さんになっておりました!

夢妃さんの投げキッスもしっかりキャッチしてましたよ~( *´艸`)

 

そして「Mask of Rouge」こと女泥棒の場面では、
台湾公演に向けて新しいカツラを新調して登場しております!

たぶんこれで4種類目になるのかな?

初日映像にもバッチリ映っていましたが、
クレオパトラのような黒髪ロングストレートで、
よりオリエンタルビューティー感が増しております!

しかも噂では何日目かの公演のとき、
この場面の最後に「その女誰よ?」と奥さん(紫月さん)に聞かれた紅パパが、
「七海ひろきさんだと思いまーす」と正体を見破ってしまったそうではないですか(笑)!

正体を分かった上でMask of Rougeとあんなお戯れをしていたなんて(//∀//)

 

それと今回のショーでお兄様最大の見せ場の一つである「罪な薔薇」。

今回もカッコ良かったな~( *´艸`)

大劇場版では銀橋を渡りながら歌う場面でしたが、
梅芸では銀橋は無いので舞台上でそのまま歌うのですが。

しかし銀橋ではないから後ろで踊っている人たちとの距離が近いのをいいことに、
後ろにいたアイリーンに向かって投げキッスするお兄様!(//∀//)

しかもですよ?

ちょっと他の方の目撃情報が見当たらなかったのでピエールの願望が見せた幻だったら申し訳ないのですが、
なんとここで七海くんの投げキッスを今度はアイリーンがキャッチしていたように見えたのです!

絶対キャッチしてたように見えたんだよな……見間違いじゃないと思うんだよな……初日だけだったのかな……。

ずっとミノリーンの投げキッスをキャッチしてたのに夢妃さんに変わったと思ったら、
今度は自分から投げキッスしてそれをアイリーンにキャッチさせるという、
男女の痴情のもつれが幾重にも重なったショーになっております(//∀//)

しかし今回のショー、自分でも思ってた以上にミノリーンの不在が淋しくて……。

カイミノリーンが見たいよぉ……(;ω;)

ああ、はるこさん……あなたは今どこに……(;ω;)(もうすぐ集合日)

ビビアイリーン

そして台湾にちなんだ場面として、
台湾人歌手の曲も追加されたようなのですが。

一つ目はアイリーンが「サッカー少年」こと礼真琴さんと天華くんと共に3人で歌う「Trio de Rouge」の場面。

残念ながらピエールはこの原曲はまったく知らない曲だったのですが、
めちゃくちゃロックな曲で激しく歌うアイリーンがカッコ良かったな~(//∀//)

 

それともう一つがブラック・ビスケッツの「タイミング」!!

若い方は知らない人もいるのかな……。

千秋さん、ウッチャン、ウド鈴木さんの「ポケットビスケッツ」に対抗して結成された、
ビビアン・スーさん、ナンチャン、天野くんによる「ブラックビスケッツ」のヒット曲「タイミング」。

ピエールも子どもの頃聴いてましたよ~。

何でブラビなんだろう?って思ったんですが、
ビビアンが台湾出身だからなんですね~。

「なんでなんでなんで~?」って歌うアイリーンの可愛いことよ……(*´∇`*)

 

ビビアイリーーーーーーーーーーーーーン!!!!(≧∀≦)

ウノ!ドス!トレス!クワトロ!

そしてフィナーレも変わっておりまして。

大劇場版では「情熱の嵐」と「炎」という西城秀樹さんの名曲が二曲使われておりましたが、
今回は「情熱の嵐」の方は無かったですね。

礼少年が中心となって男役さんたちが降りて来たときに、
「あれ?ここで『君が望むなら~』って曲を歌ってなかったっけ?」って思いながら観ていたら、
どこかで聴いた「ウノ!ドス!トレス!クワトロ!」っていう掛け声が始まって。

一瞬混乱したので「キラルー」に元からあった場面のような錯覚に陥ってしまったのですが、
これは「La Esmeralda」の群舞の曲でしたね!

 

それから順番が前後しますが、
紅くんが黒燕尾でソロを踊る場面がありまして。

紅くんとは切っても切れない存在である柚希礼音さんが、
こうやってソロで踊る場面がいくつもあったな~と何だか懐かしくなって。

第一回の台湾公演を率いたトップスターだった柚希さんを二番手として支えた紅くんが、
今度はこうしてトップスターとして台湾公演に挑むんだな~という時間の流れと受け継がれる魂のようなものを感じて胸が熱くなりました。

紅子、海を渡る

そして今回のショー、通常よりも10分長いという前情報もあったので、
そんなにたくさん新場面が増えるのかな~とかドキドキしていたんですが。

何とかつて柚希さんのコンサートなどで登場した紅くんの伝説のキャラクター、
客席案内係の紅子ちゃん!

僕は3階席だったので、紅子ちゃんが客席を練り歩いている間は声しか聞こえませんでしたが、
ピエール、紅子ちゃんが誕生した頃は別箱公演とかほとんど行ってなかった時代でして、
生紅子ちゃんを見たのは今回が初めてだったのですよヽ(;▽;)ノ

紅子ちゃんが登場するという情報はスカステとかでも出てなかった気がするので、
客席から紅子ちゃんが登場したときの盛り上がり凄かったな~。

あとで確認したらプログラムに「紅子、海を渡る」って書いてあったんですけどね(笑)。

しかも何と今回はアイリーンによる「愛子ちゃん」というキャラクターも!(≧∀≦)

さらにそのあとには礼少年の「礼子ちゃん」も登場しました(笑)。

七子ちゃんも出てきてくれればいいのにな~( ;∀;)

でもそれを言い出したらどんどん長くなって10分追加どころじゃ足りなくなりますかね(笑)。

しかしコンサートとかではなく別箱とは言えショーの一場面でこんなトークコーナーが設けられるというのも、
今の星組ならではの構成だな~という感じがしました。

でもこれ台湾でアドリブのトークをどうやってやるんだろう(笑)?

お馴染み通訳のシュさんが上演中から同時通訳してくれるのかな?(//∀//)

何にせよ東京公演でもアドリブ満載で盛り上がると思うので、
「サンファン」ともども東京でまた観られるのが楽しみでワクワクウキウキフワフワドキドキサンサンファンファンアメアメキラキラでございます!(≧∀≦)

スポンサーリンク


ブログランキングに参加しております。
一部の環境下でボタンが表示されないようなのですが、
ポチッとしていただけますと嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

-観劇レビュー・感想
-, , , ,