宝塚の雑記

ピエールオリジナル愛称集&用語集

こんばんは。

宝塚男子ピエールです。

ということでこのブログを始めてから今まで、
世間で使われている「宝塚用語」ではない、自分で勝手に言い出した表現だったり、
「おとめ」に載ってる公式の愛称以外のオリジナルの愛称を勝手に付けたりしてきました。

スポンサーリンク

何故オリジナルの用語を使うのか

公式の愛称で呼ばないことがあるのは決して世間への反骨精神とかとんがってるとかではなく、
例えば綺咲愛里さんの公式愛称は「あーちゃん」ですが、
30過ぎのおじさんが若い女の子を「あーちゃん」と呼ぶのがどうにも恥ずかしかったりするからでして(笑)。

ゆえに「アイリーン」と呼んで早1年以上が経過するという次第であります。

しかしながら以前とあるブログでアイリーンのことを「この子がアイリーンちゃんか~」と書かれているのを見て、
「はっ!?もしかして公式の愛称だと勘違いさせてしまっている……?」と不安になりました。

結果的にそのブログの方からは運命的にコメントを頂き、
どうやら「アイリーン」が公式愛称だという誤解は無かったことが確認できたのですが。
(ニコライ少尉どの~!見てる~!?( ´ ▽ ` )ノ)

皆さんそれぞれ好きな呼び方をされてるので問題無いかとは思っているものの、
最近このオリジナル愛称も増えてきたのでちょっと自分の整理も兼ねてまとめておきたいと思います。

使ってみたものの全然定着してる気がしないものはいったん除外しております(笑)。

気に入っていただけたのあったら皆さんもドシドシ使ってくださいませ(* ̄∀ ̄*)

新しい愛称ができたり書き忘れたのを思い出したりしたら随時追加していきます(笑)。

オリジナル愛称&用語一覧

(1) アイリーン
綺咲愛里さんのこと。
「アイリーーーーン!!(≧∀≦)」と叫ぶだけで幸せになれます。

(2) ノゾミーナ
星南のぞみさんのこと。
「ノッゾミーナ~~~~!(≧∀≦)」と叫ぶとこれまた幸せになれます。

(3) 北関東の恋人
七海ひろきさんのこと。
茨城県出身であることと、ピエールが女性だったら彼氏にしたい男役第一位であることに由来。

(4) 北関東の瞳
美弥るりかさんのこと。
同じく北関東出身であることと、一際輝く大きな瞳に由来。

(5) 北関東の舞姫
元月組の舞雛かのんさんこと。
群馬県出身であることと、下級生ながら目を引く美しいダンスが印象的だったことに由来。
「俺のかのん」とも呼ぶ。

(6) とあちゃん
芹香斗亜さんのこと。

(7) ひかるちゃん
愛月ひかるさんのこと。

(8) みりおん店長
実咲凜音さんのこと。
東京MXテレビで放送中の「TAKARAZUKA CAFE BREAK」における、
「みりおんカフェ」というコーナーに由来。
「みりおん」と呼ぶのは恥ずかしかったけど「みりおん店長」なら呼べる、そんな気がした。

(9) ちゃっぴー
愛希れいかさんのこと。
公式の愛称「ちゃぴ」と呼び捨てにするのは申し訳ないけれど、
「ちゃぴちゃん」と呼ぶのは30代のおじさんには恥ずかしすぎたための妥協案。

(10) 「少年」または「サッカー少年」
礼真琴さんのこと。
サッカー部の高校生のような少年的な雰囲気に由来。
後に本当に元Jリーガーのお嬢さんだったことを知り衝撃を受ける。

(11) 「風さま」
妃海風さんのこと。
「風ちゃん」と呼ぶには畏れ多いほどの存在感に由来。

(12) 「トワキン・スカイウォーカー」
永久輝せあさんのこと。
「スター・ウォーズ」のエピソード1~3の主人公で、
後にダースベイダーとなるアナキン・スカイウォーカーに由来。

(13) 「紅ゆずらない」
紅ゆずるさんの熱狂的なファン。
彼女たちは、紅くんのファンである思いを、決してゆずらない。

(14) 「マヂソワ」
「マヂでソワソワ」の略。
「マチネ(昼公演)」と「ソワレ(夜公演)」を続けて見る「マチソワ」に由来。

(15) 「あさづきんちゃん」
朝月希和さんのこと。
赤ずきんちゃんに由来。

(16) 「俺のしずく」
元月組の羽桜しずくさんのこと。

(17) 「瀬落ち」
「せおっち」こと星組の瀬央ゆりあさんの魅力に落ちること。

(18) 「ヴィジュアル・モンスター」
柚香光さんのこと。
その人間離れした華やかなルックスに由来。

(19) 「鎌倉の妖精」
朝美絢さんのこと。
鎌倉出身であることと、フェアリータイプの美しいルックスに由来。
また、「PUCK」の新人公演で主演をしていたことにも由来している。

(20) 「アリッサ」
有沙瞳さんのこと。

ブログランキングに参加しております。
楽しんでいただけましたら、
一日一回ポチッとしていただけますと嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

スポンサーリンク

-宝塚の雑記