宝塚の雑記

「ポーの一族」出演者・一部配役発表!あの人の名は……?

こんばんは。

先日、何かの話の流れで(もう忘れた)accessとIcemanの話を出したら、
あまりにも熱く反応してくださる方がいらっしゃったお陰で、
YouTubeでaccessの曲を聴き漁っております、
宝塚男子ピエールです。

ちなみに特に今ピエールの中で最も熱いのがこちらの「SCANDALOUS BLUE」という曲でございます。

もうね、このイントロの、
「チチチ~ンチチッチ~……ッチ~ン……ジャーンジャーンジャーーン!ジャッジャーンジャーンジャーーン!ジャーンジャーンジャーンジャジャジャジャーンジャーンジャーーーーン!」
ってフレーズだけ繰り返し聴いてても飽きないくらい大好きな曲でして。

しかしながらこのPVをご覧いただけたら、
「え?どういうこと?このPVのストーリーってもしかして……」
ってお気付きになるかも知れませんが、
今風に言うとBL、当時は「ホモ」と話題になったストーリーが込められた作品になっております。

この前後にリリースされた「DRASTIC MERMAID」と「TEAR'S LIBERATION」という曲と併せて「3部作」と呼ばれていて、
PVも3曲が繋がったストーリーになっているのです。

その中でもこの「SCANDALOUS BLUE」が一番好きでしてねぇ。

でもこの曲が好きと言うと「もしかしてゲイなん?」みたいなリアクションされたら嫌なので、
あんまりオープンに言って来なかったような気もします(笑)。

この曲の何がすごいってね、
BLの曲だと言われて聴くとたしかにそう受け止められる曲なんですが、
そうと知らずに聴いたら普通に秘密を抱えた男女の話としても成立しているところなのですよ。

いや~、もうホントにこの曲いいわ~。

サビの「愛だから云えない 人目引くAttention」っていうこのワンフレーズだけでもすごいドキドキして、
ピエール小学生のときにこの「Attention」って単語を覚えまして、
それ以来、飛行機とかの「アテンション・プリ~ズ」っていうの聞くと毎回この曲思い出しちゃうくらいです。

ということでこれからしばらくは懐かしのaccessおよびIcemanの曲を漁って過ごしたいと思います。

スポンサーリンク

「ポーの一族」出演者

そんなわけでまたもや話が逸れました、というかスタート地点がズレていた気もしますね(笑)。

本日は実家に猫帰省のため下書きしておいた記事をアップしようとついさっきまで思っていたのですが、
今日は特に大きなニュースは無かったな~と思っていたところに夜になってから公式サイトが更新されておりました。

それは花組大劇場公演「ポーの一族」の出演者!

花組のメンバーに加えて出演者に名を連ねたのは!

専科の一樹千尋さんと飛鳥裕さん!

 

と、いうことは。

 

いろいろ噂されていたアレは無かったということですね(笑)。

もう今だからハッキリ書いてしまいますが、
「北関東の瞳」こと月組の美弥るりかさんのディナーショーのスケジュールがやけに前倒しというか、
その後に「ポー」のお稽古に参加できそうなくらい早い時期に設定されていたため、
「美弥ちゃんが花組に組替えして出演するからなのではないか?」という噂があったと認識しています。

というかピエールもそれを書いてしまうと怒られそうだから書かなかっただけで、
正直かなり本気でそう思ってました(笑)。

しかし実際は美弥ちゃんの名前なんて当たり前のようにその中には無く。

美弥ちゃんご本人や当事者の方々からしたら、
「違うんだけどな~……」って気持ちだったかも知れませんね(^_^;)

となると美弥ちゃんのスケジュールが通常よりかなり空いているのは何故なのか……。

ただ単にたまにはちょっと長めの休みをもらえるということなんですかね~。

一部配役も発表

そして同時に、一部配役も発表になりましたので見てみたいと思います!

配役 出演者
エドガー・ポーツネル 明日海りお
シーラ・ポーツネル男爵夫人 仙名彩世
アラン・トワイライト 柚香光

まず明日海りおさんは主人公エドガー、
「ビジュアル・モンスター」こと柚香光さんがアラン、
そして仙名彩世さんは何とシーラ・ポーツネル男爵夫人です!

 

…………(・∀・)

 

分からない(笑)( ̄∀ ̄)

 

いや、ピエール、原作知らないもんで……(笑)。

しかしたしか原作でヒロイン的な存在は、
メリーベルというエドガーの妹の女の子だと聞いたような聞いてないような。

で、改めてWikiってみたところ、
仙名さんの演じるシーラというのは、
エドガーやメリーベルを養子に迎えたフランク・ポーツネル男爵の妻で、
すなわちエドガーたちの母親的な存在の女性ということですよね?

ということはこの「ポーの一族」という公演、
ロマンスも何もない感じの作品なのでしょうか。

そうなんですか~(´・ω・`)

 

そして我らが芹香斗亜さんの宙組への組替えに伴い、
花組の2番手は誰になるんだろう?と気になっておりましたが。

少なくともこの「ポー」においては、
現3番手の柚香さんが2番手を務めることになるようですね。

柚香さんは人気も順調に上昇中で、
課題と言われていた歌も着実に成長してきていると思うのですが。

数名の柚香さんファンの方のお気持ちを聞かせていただいた際に、
結構皆さん口を揃えて「まだ2番手にはなって欲しくない」とおっしゃっていたんですよね。

もちろんいずれはトップスターになって欲しいけれど、
今はまだ3番手としてオイシイ役を経験してしっかり実力を磨いて欲しいし、
明日海さんの次に、というのはちょっと早すぎてもったいないし、
もっと学年を経て成長して、機が熟してからトップになってもらいたい、
と思っていると口を揃えておっしゃっていました。

もちろんほんの数名のご意見なのでそれが柚香さんファンの総意と思ってるわけではないのですが、
自分が柚香さんのファンだったとしても同じように考えるだろうな~と……。

今だから言いますが、とあちゃんが「カリスタの海に抱かれて」で2番手になったときも、
まだ3番手としていろんな役を見てみたかったな~と思っていたんですよね。

宝塚ファンになってすぐの頃だったら、自分が好きになった若手の方に対しても、
「早くトップになった姿が見たい~!」って思っていた頃もあったんですが、
10年以上宝塚を見ていると、やっぱりある程度熟してからトップになってくれないと、
消化不良のまま終わってしまうということを何度か経験しておりまして。

ただ単に次の公演の配役が発表されただけなのにこんなことを心配するのもアレかも知れませんが、
何となくいろいろ今後のあれやこれやが心配な気持ちも否めないところです。

 

と、いろいろ思うところはありますが。

今からあれやこれやモヤモヤしていても目の前の公演を楽しめなくなってしまうので、
とりあえずはそろそろ漫画喫茶に行って「ポー」の予習でも始めようかなと……(笑)。

しかし「はいからさんが通る」やら「天は赤い河のほとり」やら、
最近は漫画原作の公演が多いので予習するのも大変ですね( ̄∀ ̄;)

さーて、変な時間に発表があってびっくりしちゃったから気持ちを落ち着けて猫と遊ぼーっと……(笑)。

スポンサーリンク


ブログランキングに参加しております。
一部の環境下でボタンが表示されないようなのですが、
ポチッとしていただけますと嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

-宝塚の雑記
-, , ,