宝塚の雑記

脚本がっ!できましたーっ!(≧∀≦)(「スカレーット・ピンパーネル」配役発表)

こんばんは。

宝塚男子ピエールです。

ということで星組新トップコンビ紅ゆずるさんと綺咲愛里さんの大劇場お披露目公演、
「スカーレット・ピンパーネル」の配役がようやく発表されました!

いや~、小池先生、一晩でどうにか脚本を書き上げたんですね~( ̄∀ ̄)チガウ?

なんか最近の記事、星組率が尋常じゃなく高くなっておりますな(//∀//)

ちなみに明日こそ遠征の話を……しよう……と……思っている……。

スポンサーリンク

初演と重なるキャスト陣

とりあえずいつも通り主な配役を表にしてみたいと思います。

だいぶ横長になってしまい、もしかしたらスマホで見ると右側が切れてしまってるかも知れませんがお許しくださいm(_ _)m

配役 出演者 2008年
(星組)
2010年
(月組)
パーシー 紅ゆずる 安蘭けい 霧夜大夢
マルグリッド 綺咲愛里 遠野あすか 蒼乃夕妃
ショーヴラン 礼真琴 柚希礼音 龍真咲
明日海りお
ロベスピエール 七海ひろき にしき愛 越乃リュウ
デュハースト 壱城あずさ  立樹遥 青樹泉
フォークス  天寿光希 涼紫央 星条海斗
アルマン 瀬央ゆりあ  和涼華 龍真咲
明日海りお
マリー 有沙瞳  夢咲ねね 憧花ゆりの
プリンスオブ
ウェールズ
英真なおき  英真なおき 桐生園加
オジー 十碧れいや 彩海早矢 光月るう
エルトン 麻央侑希 夢乃星夏 宇月颯
ファーレイ 紫藤りゅう 麻尋しゅん 紫門ゆりや
ベン 天華えま 紅ゆずる 煌月爽矢
ハル 綾凰華 壱城あずさ 珠城りょう
シュザンヌ 夢妃杏瑠  琴まりえ 彩星りおん
ケイト 音波みのり 蒼乃夕妃 夏月都
ルイ・シャルル 星蘭ひとみ  水瀬千秋 愛希れいか

まず主人公のパーシー・ブレイクニーが紅くん、
その妻のマルグリッド・サン・ジュストがアイリーン、
パーシーと対峙する革命家ショーヴランが「サッカー少年」こと礼真琴さん、
そして革命政府のジャコバン党のリーダーであるロベスピエールが「北関東の恋人」こと七海ひろきさんというところまで、
すでにだいぶ前に「一部配役」として発表されていたかと思います。

礼少年が憧れの元星組トップスター柚希礼音さんの当たり役であるショーヴランに挑むこと、
そしてこれまではあまり大きな役としての扱いではなかったロベスピーエルが、
今回から楽曲も追加されて演出が変わってくることが制作発表でも明言されており、
再演ながらどんな風に変わってくるのかがすごく楽しみになっております。

ところで「ジャコバン党」っていったいどんなものなのか全然分かってないんですけど、
さらっと「ジャコバン党」とか口にしてるとすごい賢くなった気分になれますよね( ̄∀ ̄)

似たようなワードに「ブルボン王朝」とか「アングロサクソン」とか「ハーケンクロイツ」とかがあります(笑)。

 

そしてそれ以外の役で注目していたのは、まずはマルグリッドの弟アルマン。

今回は「せおっち」こと瀬央ゆりあさんです!

いや~、これは嬉しい!(≧∀≦)ノシ

「スカピン」はパーシー、マルグリッド、ショーブランが群を抜いて大きな役で、
デュハーストやフォークス、そしてこのアルマンあたりがそれに次ぐ役という印象ですが、
その中でどれが一番の大役かというのは甲乙つけがたいといった記憶があり。

月組版では龍真咲さんと明日海りおさんがショーヴランと共に役替わりで演じた役でもあり、
当時は何やかんやアルマンが3番手ポジションだったのかな~と。

せおっちって同期の礼少年に比べると出遅れてる感を感じてしまいますが、
冷静に考えたら今の学年でアルマンってすごく順調な大役だと思うんですよね。

今年で研9になるせおっち、初演でアルマンを演じた和涼華さんもたしか初演のときは研9だったと思いますし。

それからそんなアルマンの恋人マリー。

初演では後にトップになる夢咲ねねさんが演じた娘役では2番手の大役ですが、
この公演より雪組から組替えしてくる「アリッサ」こと有沙瞳さんです!

アリッサちゃんの公式の愛称は「くらっち」なので、
「せおっち」と「くらっち」がカップルになるわけですね(笑)(//∀//)

アルマンがね、「スカーレット・ピンパーネルの一員であることは誰にも話してはならない」って言われてるのに、
すごいあっさり「君にだけは隠せない」とか言ってマリーに話しちゃうんですよね。

最初に観たとき「ちょwwもう言うんかいww」って心の中で突っ込んだ思い出があります(笑)。

 

他には初演で当時の組長だった英真なおきさんが演じ、
すごくコミカルな演技で印象的だったプリンス・オブ・ウェールズ。

今回も英真さんが再び演じることになりました!

初演の新公で紅くんが初主演を果たしたときに組長として見守っていた英真さん。

今度はトップとしてパーシーを演じる紅くんを、
再び同じ役で同じ舞台に立つのは英真さんも紅くんも嬉しいでしょうね~。

ちなみに表には書いていませんが現組長の万里柚美さんドゥ・トゥルネー伯爵夫人、
そして現副組長の美稀千種さんもピポー軍曹として、
何と初演と同じキャストで帰ってくることに!

何だか組を挙げて紅くんのお披露目を祝福する空気に満ちております!(≧∀≦)ノシ

余談ですが赤坂ACTシアターで上演されたバージョンでは、
ロベスピエールとプリンス・オブ・ウェールズを同じ人が演じたんだとか?

しかも役替わりとかじゃなくて同じ回に一人二役で演じて、
さらには舞台上で着替えて役が切り替わるという謎の演出だったという噂を耳にした記憶が……。

この辺についてタカラヅカニュースとかでは放送されていませんでしたが、
先日の制作発表についてのネットニュースを見ると、
小池修一郎先生の口から「ロベスピエールとプリンス・オブ・ウェールズを同じ人が演じることはない」と明言されていたそうで、
宝塚版ではそのよく分からない状態にならないことは分かってホッとしておりました( ̄∀ ̄;)

いや、実際に観たわけじゃないのでどういうことかよく分からないんですけどね、
どう考えても舞台上で着替えて役が変わるって……ねぇ……?

 

他に注目すべきは「ピンパーネル団」と呼ばれるパーシーの仲間たち。

パーシーの片腕とも言えるフォークスを演じる天寿光希さんは、
紅くんが主演した新公でもフォークスを演じていたのですよ!

あのときのピンパーネル団が蘇る感じがしますね~(//∀//)

そしてその新公でもう一人の片腕のデュハーストを演じていたのが、
天寿さんと同じく「紅5」の一員である美弥るりかさんですが、
今回は美弥ちゃんの同期でやはり「紅5」である壱城あずささん!

さらに紅くんが初演で演じたベンには、
注目度急上昇中の天華えまさん!

そして月組版で愛希れいかさんも演じていたルイ・シャルルには、
今まで決して大きな役に抜擢されてきていないにも関わらず、
その圧倒的な美貌でうちの姉も注目している星蘭ひとみさんが抜擢されています!

何だか上から下まで注目のキャストが目白押しですね~!(≧∀≦)

 

ということで、いよいよお稽古も始まった新生星組の「スカーレット・ピンパーネル」。

久しぶりの再演で期待が高まると同時に、
また今までと違った演出でどう変わるのかも楽しみです!

本当なら大劇場の初日に行きたいのは山々ではありますが、
さすがに先日遠征したばかりで厳しいので、
ピンパーネル団とジャコバン党がドーバー海峡を渡って渡って渡り過ぎて東京まで辿り着くのをお待ちしております!(≧∀≦)ノシ

ブログランキングに参加しております。
楽しんでいただけましたら、
一日一回ポチッとしていただけますと嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

スポンサーリンク

-宝塚の雑記
-, , , ,

スポンサーリンク