宝塚の雑記

キツネーズ……??(「義経妖狐夢幻桜」配役発表)

こんばんは。

宝塚男子ピエールです。

ということで、本日は雪組バウホール公演「義経妖狐夢幻桜」の集合日。

「鎌倉の妖精」こと朝美絢さんのバウ単独初主演となる公演。

その配役が発表になりましたー!

まず主人公のヨシツネはもちろん主演の朝美ちゃん、
そしてヒロインの狐憑きの少女ツネはこれが別箱初ヒロインとなる、
我らが「ノゾミーナ」こと星南のぞみさんというところまではすでに発表になっておりました。

 

ノッゾミーナ~~~~!!(≧∀≦)

 

あ、やっぱり一回やっとかないとね( ̄∀ ̄)

ちなみにこの公演、ノゾミーナが初ヒロインということで、
ピエールもバウまで遠征する気まんまんだったんですけどね。

 

全っ然チケットが取れない( ;∀;)

 

いろんなプレイガイドの抽選に申し込んでみたんですけどね、
どれもこれも箸にも棒にも引っかからない感じで……。

ピエ茶の皆さんもご協力してくださっていっしょに抽選申し込みしてくださったりしてるんですが、
結果発表日には皆さんから怒涛の勢いで「ダメでしたー( ;∀;)」というご報告を頂き。

もうここまでやっていただいてダメだったら諦めもつきますよね……( ;∀;)

山より高く、海より深く感謝しております( ;∀;)

今までで一番チケット取りが大変だった実感があったのが、
「北関東の恋人」こと七海ひろきさん主演の「燃ゆる風」だったのですが、
そのときにチケットゲットしたのが某クレジットカードの先行販売でして。

別箱公演はそのカードの先行で確保できていたことが多かったので今回も当てにしていたんですが、
よりによって某公演の観劇の日にその先着順の発売日が当たってしまい、
受付開始時刻がまさに観劇中の時間で参戦できなかったのが痛かった……( ;∀;)

一応あと一つ結果待ちの抽選はあるので、
その結果が出るまでは諦めずに待ち続けたいと思います……ヽ(;▽;)ノ
(最後に一般もあるけどさらに取れる気がしない……)

 

スポンサーリンク

「義経妖狐夢幻桜」配役

ということで新作オリジナル作品なので役名見ても分かることは少なそうですが、
とにもかくにも発表された配役をまとめてみましょう、そうしましょう。

何と今回は全配役を表にしちゃいたいと思います!

配役 出演者
ヨシツネ 朝美絢
ツネ 星南のぞみ
ホウオウ 英真なおき
スザク 梨花ますみ
トキワ 舞咲りん
ベンケイ 真那春人
エイサイ 久城あす
キツネーズ 白峰ゆり
カゲトキ 橘幸
ヨリトモ 永久輝せあ
キツネーズ 沙羅アンナ
トモモリ 叶ゆうり
ヒロモト 諏訪さき
ヨシモリ 陽向春輝
マサコ 野々花ひまり
キツネーズ 羽織夕夏
シズカ 希々良うみ
イマワカ ゆめ真音
ヤスヒラ 縣千
オトワカ 琴羽りり

思ったより大変だった……。

 

まず公演解説に名前が登場している人物をピックアップしてみますと。

朝美ちゃん演じるヨシツネの兄にしてヨシツネを追い詰める存在でもあるヨリトモは、
「トワキン・スカイウォーカー」こと永久輝せあさん!

今回の出演者の中では朝美ちゃんを除くと唯一の新人公演主演経験者なので、
おそらくトワキンが演じるこのヨリトモが二番手ポジションになりそうですよね。

ピエール、歴史の勉強をサボっていた人間なのでよく分かってないのですが、
史実によると源義経は兄の頼朝によって殺されてしまうらしいですね。

この公演では必ずしも史実に沿った物語とは書かれていないのでどんな展開になるか分かりませんが、
ヨシツネをヨリトモが追い詰めるというのもこの辺の史実をモデルにしているんだろうなと。

 

それからもう一人、ヨシツネの従者ベンケイは真那春人さん!

これもあの弁慶がモデルになってるんだろうなと。
(弁慶ってマンガか何かのキャラだと思ってた……)

おそらく朝美ちゃんといっしょの場面も多そうな気がするので、
まなはるさんもかなり重要な役どころになりそうかなと。

キツネーズ

で、他の主要キャストと思われる人の前に、
何か触れないわけにいかない感じの役名が。

白峰ゆりさん、沙羅アンナさん、羽織夕夏さんのお三方の役名が揃って、

 

キツネーズ

 

キツネーズキツネーズ……………………。

 

あっ!

 

あれのことか!!

 

 

おっとこれはオヨネーズでした( ̄∇ ̄*)ゞ

あのね、決してピエールはオヨネーズジェネレーションではないと思うんですけど何でこれを知ってるかと言いますと。

学生の頃に友達とカラオケに行ったとき、
恥ずかしがってなかなか歌わない子っているじゃないですか。

で、あるとき、例のごとく全然歌わずに静かにアイスティーを飲んでる女の子がいたのですよ。

本人は別にそれでいいって感じだったんですが、
やっぱり周りは「何でもいいから歌いなよ~」ってなるじゃないですか。

「え~、私ヘタだからいいよぅ……何歌っていいか分からないしぃ……」って言うその子に、
「別に上手くなくていいんだよ~、みんなの知ってる曲じゃなくてもいいし~」と周りがグイグイせがんだ結果その子が歌ったのが。

 

麦畑

 

とりあえずみんないったん固まりますよね( ̄∀ ̄)

でもなんかよく分かんないけど、
みんながGLAYやらラルクやら安室ちゃんやら何やら歌う中で異彩を放ったこの女の子、仮にオヨネちゃんとしますとね。

曲の途中からみんなだんだん笑えてきて、
「オ、オヨネちゃん、面白い曲知ってるね~!すごいすごい!」
ってなったんですが。

で、その曲を歌い終わったあとにオヨネちゃんはまた歌わなくなってしまって。

誰ともなしに冗談半分で言ってしまったんですよ。

 

「オヨネちゃん、もう一回『麦畑』歌ってよ~!」

 

こういうのをね、「悪ノリ」って言います。

「え~、またぁ~?」と言いながらさすがにオヨネちゃんも辞退するだろうなと思ったら。

 

歌うオヨネちゃん(笑)。

 

ピエール、このとき学びましたね。

天然の子をヘタにいじってはいけない、と。

一回目はわりと笑いながら聴いていた「麦畑」もさすがに二回目になるとさっきほど盛り上がらず。

時間だけが……ただ気まずい時間だけが流れていきました……。

これを聴く度に、昔のアイドル歌手みたいに両手でマイクを持って棒立ちで歌うオヨネちゃんの姿を思い出します……。

キツネーズの3名はおそらく狐の精のような役で節目節目で麦畑を歌う役ということになりそうです。

歴史上の人物たち

はい、オヨネーズの話はこの辺にしまして。

新作オリジナルだから役名見ても全然分からないだろうな~と思っていましたが、
ちらほらと目に留まる「なんか聞いたことある響きの名前たち」。

と言っても歴史に疎いピエールはすぐにピンと来るわけではないのですが、
何となく響き的に歴史上の人物にいそうな名前がいる気がするなと。

試しに久城あすさんの演じる「エイサイ」をググってみようとすると、
予測ワードに「栄西」という名前が。

で、その栄西のプロフィールを見てみると、
どうやら平安時代末期から鎌倉時代初期のお坊さんで、仏教の臨済宗の開祖だと。

あー、なんかそういえば日本史で出てきた気がするようなしないような……。

あとは縣千さんあたりにもきっといい役が付きそうだなと思い「ヤスヒラ」をググってみると、
「藤原泰衡」といういかにもコレっぽい人物が。

どんな人物かをざっくり読んでみると頼朝や義経の名前も出てくるので、
同じ時代の人物っぽいのでやっぱりこの人がモデルになってる役なのではないかと。

それから娘役さんも新公ヒロイン経験のある野々花ひまりさんあたりがきっといい役になるんじゃないかという予想のもと役名を見てみると。

 

マサコ

 

まさかの十輝いりすさんの役でした(違います)。

これはおそらく頼朝の正室の北条政子のことっぽいですね。

ということはトワキンの奥さん役が野々花さんということでしょうか。

他にも希々良うみさん演じる「シズカ」という。

はっは~ん。

もう分かりましたよ。

源義経でシズカと言ったら!

 

源静香!!

 

まさかのドラえもんからの特別出演ですね( ̄∀ ̄)

はい、ごめんなさい、違うの分かってます。

亀井静香さんのことですね「静御前(しずかごぜん)」っていう義経の愛妾の人物のようですね。

 

と、ピエールの薄っぺらい知識ではまだ紐解いていくのはこれが限界でございますが。

何やらパラレルワールド的な世界の麦畑で繰り広げられるファンタジーになりそうだなというのは分かってきた気がします。

気がするのですが、チケットが取れないことにはどうにもならないんですよね( ;∀;)

もはや崖っぷちで観れる気がしなくなってきたピエールではありますが、
これだけ超絶チケ難になる朝美ちゃん待望の単独主演作で、
ノゾミーナがヒロインに抜擢されたということはそれだけ誉れ高いことだと嬉しく受け止めたいと思いますヽ(;▽;)ノ

どうか……どうか当たりますように……!!(-人-)

ブログランキングに参加しております。
楽しんでいただけましたら、
一日一回ポチッとしていただけますと嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

スポンサーリンク

-宝塚の雑記
-, , , ,