スカイステージ

安定の6分と紅くんの天丼(「ANOTHER WORLD/Killer Rouge」千秋楽)

こんばんは。

宝塚男子ピエールです。

ということで、7月22日(日)に千秋楽を迎えた紅ゆずるさんと綺咲愛里さん(アイリーン)コンビを中心とした星組東京公演、
「ANOTHER WORLD/Killer Rouge」

タカラヅカニュースで放送されたその模様を拝見致しました。

ちなみに本日初日を迎えた宙組「WEST SIDE STORY」の稽古場映像はたったの30秒で涙を飲んだ方も多いかと思いますが、
ピエールと同じようにストップウォッチで計っていた方が他にもいらしたことにウケました(笑)。

なんか対抗意識が芽生えたのか本日放送された星組の千秋楽映像の時間も計ってみたくなってしまいましてですね。

終演後の退団者や紅くんの舞台挨拶等は除き、
純粋に公演本編部分が放送された時間を計ってみたところ。

6分です(⌒∇⌒)(ひかるちゃん友情出演)

 

しかもですよ、お芝居とショー、キッチリ3分ずつだったのです。

今まで「だいたい5~6分かな~」というくらいしか意識したことが無かったのですが、
毎回「稽古場は○分、初日は○分、千秋楽は6分」みたいにちゃんと決まってるんですかね~。

 

そんなこんなですが思い起こせば配役が発表されて人物相関図が公開されて、
我らが「北関東の恋人」こと七海ひろきのお兄様が鯖を食べて死ぬ役らしいということと、
紅くん演じる康次郎といっしょに冥途を旅する役らしいということなどがちょっとずつ見えてきて。

相関図で紅くんと七海くんの二人が同じボックスで囲まれてたのを見たとき嬉しかったなぁ、とか思い出してみたり。

大劇場の初日をご覧になった方からの情報で、
「カイちゃん大活躍だよー!貧乏で服ボロいけど(笑)」と、
とにかくいつもと何か違うものが生まれたらしいということが分かったり。

演目が発表されてからの節目節目がどれもついこないだのことのように思えるのに、
いつの間にかもう終わってしまったんだなぁという淋しさが込み上げてきて(´;ω;`)

Twitterのお兄鯖ファンの同志の方々の様子を見ると、
「喜六ちゃん、もう成仏しちゃったんだなぁ……(´;ω;`)」とすっかり喜六ロスになっていて、
むしろファンは地縛霊のように喜六の面影にすがりついている様子を微笑ましく見つつも自分も同じ気持ちでおります( ;∀;)

余談ですがさっき帰ってきてテレビ付けたら、
「鯖には血液サラサラ効果のあるEPAが豊富に含まれている!」っていう特集をちょうどやっておりまして。

刺身で食べるよりもサバ缶の方がさらに含有量も多いそうなのですが、
阿呆の喜六さんはEPAよりむしろ頭が良くなると言われるDHA目的で鯖を食べるべきだよな~とか考えながら見ておりました(笑)。

 

そういえば先日Twitterでフォロワーさんがツイートされているのを見て思い出したのですが、
冥途歌劇団を見物する場面で康次郎が喜六を呼んで「喜六ー!見てごらんよー!」って言う場面。

あの場面、康次郎がなんやかんや言いながら喜六のこと好きなんだな~というのが伝わってきて微笑ましい場面ですよね~(* ̄∀ ̄*)

千秋楽映像でまさにその場面も放送してくれたので嬉しかったです(≧∀≦)

 

それからコメディ作品ということでアドリブも満載だったようで。

「閻魔様に咎められるようなことはひとっつも~、おーまへんで~♪ てってって~♪ サバ♪サバ♪サバ~♪ヾ(〃^∇^)ノ」
と噂の鯖ソングもしっかり映してくれました~o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o

鯖が原因で死んだのにゴキゲンに鯖の歌を歌うあたりがまた阿呆ですよね(笑)(//∀//)

紅くんの康次郎が瀬央ゆりあさん演じる赤鬼赤太郎から「ぶち生かされ」そうになるところではなぜかどんどんお互いの姿勢が低くなり、
「その金棒で!ぶち生かすんだけは!低すぎるぅぅぅ!!」というアドリブも飛び出してたり。

それからこの公演で退団された十碧れいやさん演じる小五郎が同期の夢妃杏瑠さん演じる阿漕姐さんに、
「座頭には、最後の最後までお供させて~いただきまっせ~!」といつも以上に熱く誓う場面ではひと際大きな拍手が起きてましたね。

 

そしてショーの方では十碧さんがピーターパンに扮している姿も映っていて。

このときの緑の衣装、最初は気付かなかったのですが、
「MY HERO」で十碧さんの同期の芹香斗亜さん(当時花組)が着ていた衣装だったのですね( ;∀;)

「キラルー」も「MY HERO」も同じ斎藤吉正先生の作品。

共に初舞台後は星組配属だったお二人を繋ぐ愛なのかも知れませんね( ;∀;)

 

それからひろきのお兄様の女泥棒のシーン。

何種類かカツラがあったと思うんですが、
考えてみるとピエールが観たときは全部マリリン・モンロー風の髪形だったんですよね~。

他のバージョンが見られなかったのはちょっと残念ですが、
お陰でピエールの中では「女泥棒=ナナミン・モンロー」のイメージが確立されました(笑)。

 

「WONDER5」の最後の決めポーズではベニカイリーンの3ショットも拝めましたし。

「サッカー少年」こと礼真琴さんと音波みのりさんの妖艶なタンゴも見れましたし。

そして十碧さんの銀橋ソロはもちろん、
その後ろの舞台上で踊るもう一人の退団者の白鳥ゆりやさんの表情もしっかり捉えてくれましたし。

千秋楽の映像って、随所に愛を感じていいですよね( ;∀;)

スポンサーリンク

紅くんの天丼芸

そして終演後は、この公演で宝塚を卒業されたお二人が最後の大階段を降りてのご挨拶。

まず白鳥ゆりやさんへの組からの花束は副組長の美稀千種さん、
同期生からの花束は音咲いつきさんから渡されていました。

「9年間、白鳥ゆりやとして生きた時間は、私にとってかけがえのない宝物です。明日からは、清く、正しく、美しくの教えを胸に、新たな世界へと羽ばたきます」
と語っていた白鳥さん。

タカラジェンヌって退団しても「元タカラジェンヌ」「宝塚OG」「宝塚出身」として見られることが多く、
「宝塚出身」であることが肩書にもなれば人によっては重荷にもなってしまうのかなと感じることもあって。

でも退団しても「清く、正しく、美しく」という品格を守り続けてくれているOGの方を見ると、
やっぱりファンとしても嬉しくなります。

 

十碧れいやさんへの組からの花束は紅くんから、
同期生からの花束は夢妃さんから渡されました。

「こんなにも愛おしいと思える場所で、男役に没頭し駆け抜けてきた日々に、悔いはありません。感謝の気持ちを胸に、大好きな場所から本日卒業致します!」と、
淋しさも滲ませつつもいつも通りの「ニカッ!(⌒∇⌒)」という眩しい笑顔。

王子様は白い服でも緑の袴でもやっぱり王子様ですね( ;∀;)

 

最後はトップスター紅くんのご挨拶。

冒頭では、この公演期間中に西日本を中心に発生した豪雨で被災された方々へのお見舞いの言葉も述べられました。

そして専科から特別出演のお二人についても、
「いつもとっても怖い、そしてとってもキュートな閻魔大王」と汝鳥伶さんを紹介した後で、
貧乏神のびんちゃんを演じた華形ひかるさんについては「可愛く、ペットにしたくなるような貧乏神」と紹介すると、
照れながらペコペコとお辞儀している華形くんがびんちゃん並みのキュートさ(//∀//)

 

一回目のカーテンコールでは、
「私たちが皆様に元気をお届けしなければならないのですが、私たちの方がいつも元気を頂いております!……そんなことを断言して、どうするんだという話ですが……」
と笑いを誘う紅くん(笑)。

千秋楽の映像を見るといつも思うんですが、
紅くんって退団者との別れや公演が終わってしまうことを人一倍淋しがってるように思えて、
こうやって笑いに変えて誤魔化してるように見えるんですよね( ;∀;)

でもやっぱり淋しさが込み上げてるからなのか、
いつものようなキレのある笑いというよりどこかグダグダな笑いがまた好きです(笑)( ;∀;)

 

さらなるカーテンコールでは退団者お二人の肩に終始手を置いていた紅くんが印象的で。

「近いですか?(⌒∇⌒)」と白鳥さんの顔を覗き込む紅くん(笑)。

肩を抱かれたまま最後にもう一言求められた白鳥さんは、
「あの世に行っても、冥途歌劇団に就職します!」と。

まだあの世に行くのを考えるには早いよ~(笑)( ;∀;)

紅くんが反対側の十碧さんを振り向くと十碧さんも涙を流していて、
「もうやめて~、どっちも泣いてるよ~(´・ω・`)」という紅くんに、
「さゆみさんが優しいから……(´;ω;`)」と答える十碧さん。

「え~、もっと言って~( ̄∀ ̄)」とおどける紅くんですが、
本当に優しい人なんだろうな~と、退団者を見送る紅くんの姿を見る度に感じて。

ピエールは千秋楽を迎える度に紅くんが好きになっていく気がします( ;∀;)

 

そして「では、星組の愉快な仲間たちを呼んでみましょ~(⌒∇⌒)……プラス華形ひかるさんを呼んでみましょ~(⌒∇⌒)」とペットにしたいびんちゃんの華形くんいじりも忘れず(笑)。

さらに最後のカーテンコールでも、
「では、愉快な仲間と……華形ひかるさんを呼んでみたいと思います(⌒∇⌒)」と。

さすが関西人の紅くん、見事な天丼です(笑)(≧∀≦)
(天丼には海老が2本乗っていることが多いことから一度ウケたネタをもう一度繰り返して笑いを取るテクニックを「天丼」と呼ぶそうです。海老天が5本とか6本とかたくさん乗っていればいいという訳ではないのと同じように2回目もウケたとしても何回まで重ねるかの判断が天丼芸の難しいところでもあります(何の話))

次はいよいよ台湾公演に向けてお稽古が始まりますね~。

「キラルー」の出演メンバーは今より少なくなり、
十碧さんや白鳥さんはもう出演されないことを考えると淋しいですが。

けれどきっと今よりさらに進化した姿を見せてくれるのを楽しみにしております!

スポンサーリンク


ブログランキングに参加しております。
一部の環境下でボタンが表示されないようなのですが、
ポチッとしていただけますと嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

-スカイステージ
-, , , ,