宝塚の雑記

宙組東京宝塚劇場公演チケットのご紹介と、月組博多座&ドラマシティ公演画像更新!

こんばんは。

宝塚男子ピエールです。

今日は月組の感想の続きを書こうと思って下書きしていたのですが、
そんな日に限って公式サイトが更新されており。

予定を変更してそちらの話をさせていただきたいなと( ̄∀ ̄)

 

と、その前に本日は別件で最初にちょっとご紹介なのですが。

以前からちょっとしたご縁で面識のある「オズモール」というサイトのご担当の方から、
宙組東京宝塚劇場公演「王妃の館/VIVA! FESTA!」のチケット販売のご連絡をいただきまして。
↓↓↓↓
「宝塚歌劇宙組公演B席鑑賞と『ラ・メール・プラール東京』の名物オムレツディナー」

オズモールさんでは現在この公演のチケットと、
有楽町「ラ・メール・プラール東京」というフレンチレストランのディナーがセットになったプランを販売されているそうです。

S席のプランとB席のプランを販売していたそうですが、
S席は完売したもののB席のプランは現在もわずかながら残席があるとのことで。

オズモールって女性がターゲットのサイトだと思うので、
ピエールがあまり見ることが無いのはそもそも仕方ないのですが、
たぶん宝塚ファンの女性でも「オズモールで宝塚の公演を取り扱っている」ってこと自体ご存じない方が多いのではないでしょうか?

「チケットはどこにいった~?あるところにはあ~るさ~!」って宝塚ファンなら一度は歌いたくなるフレーズかと思いますが、
「ここで売ってる」ってことが認知されないだけでチケットが残ってしまうっていうのは何とももったいない気がして、
ちょっとお力になれたらと思いご紹介させていただきます。

現在公演中の大劇場公演をご覧になった方のお話では、
「今まで宝塚でこんなに笑ったことない!」ってくらいすごい盛り上がってるそうですし。

しかもショーでは2階席への客席降りもあるそうなので、
B席でもいつもよりお得感があるんじゃないかな~と(ピエールはそもそもB席が定位置)。

ということで宙組公演を観たいけどまだチケットが確保できていない方、
あるいはもう一回分くらい取っておきたいという方は、
どうぞオズモールさんのプランも候補に入れてみてはいかがでしょう?
↓↓↓↓
「宝塚歌劇宙組公演B席鑑賞と『ラ・メール・プラール東京』の名物オムレツディナー」

今回取り扱いがあるのは平日の公演のみのようですが、
ご都合が合う方は是非どうぞ( ̄∀ ̄)ノ

スポンサーリンク

月組画像更新

ということで本日は210の日でしたが特に何も発表はなく。

「なーんだ今日もコカ・コーラ貸切の情報だけか~(* ̄∇ ̄*)」とか思っていたら!

月組博多座公演「長崎しぐれ坂/カルーセル輪舞曲」のポスター画像と、
美弥るりかさん主演のドラマシティ公演「瑠璃色の刻」の選考画像が公開されました!

まず博多座の方は、トップコンビの珠城りょうさん(たまきち)と愛希れいかさん(れいか様)に加え、
特別出演の轟悠さんのスリーショット。

そういえば初演のポスターはショーの「ソウル・オブ・シバ!」の方の画像だったので、
ポスターはショーの「カルーセル」の方で来たりするかな~と思ったんですが、
今回はお芝居の「しぐれ坂」の方のポスターでしたね。

僕は基本的に日本物でもなんでもポスターはお芝居の方が好きなので、
今回のポスターは個人的に嬉しいです。

でも一般的には、やっぱり日本物のポスターの方が引きは弱くなっちゃうのかな~。

特に今回は全国ツアーではなく一か月近く続く博多座公演なので、
いかにたくさんの方が興味を持ってくれるかが鍵になりそうですよね。

それにしても初演のときからほとんど見た目変わってないんじゃないかという轟さんと、
青天が似合いすぎてしまう男役たまきちくんと、
白塗り和装が超艶やかなれいか様(//∀//)

「しぐれ坂」ってね、正直そんなキャッチーな作品じゃないイメージなんですよ(笑)。

最近は和物でも結構独創的な作品とかも増えているので、
そういうのに比べると決してインパクトのある作品という感じではなかった記憶なんですが。

でも、いわゆる「よ~く見てるといい作品」と言いますか、
あまり奇をてらったものを期待して観るというよりは、
「宝塚でもこんな渋い作品やるんだ~」というのを楽しむ気持ちで観劇すると、
意外に良かった~ってなるんじゃないかな~と思ったりします。

年に一度しか宝塚が観られない博多座で、
九州の宝塚ファンたちにとって優しい演目選びかどうかはまた別ですが(^_^;)

 

そして美弥ちゃんの「瑠璃色」の方は、
まだ先行画像なのにもうポスターのような世界観が溢れている!(//∀//)

たぶんこの背景の色が瑠璃色なんですよね?

こういう長いウェイビ~な髪型って、
いくらタカラジェンヌといえど人によってはちょっと違和感が出たりしてしまうと思うんですが、
美弥ちゃんはもう完全に地毛かのようなしっくり感!

ほんとこういうミステリアスな雰囲気が似合いますよね~。

何だか海外のファンタジー映画のような世界観!

この怪しい世界観の中で、
雪組から美の爆弾を引っ提げて舞い降りる月城かなとさんのビジュアルもどんな感じになるのか、
こちらもまたドキドキします(≧∀≦)

僕は博多座の方は行けないので、
美弥ちゃんの東上単独初主演はぜひとも見届けたいと思っているのですが……。

しかし諸事情によりかなりの財政難が続いているガスパール家、
今年の観劇はかなり抑えないといけないことになっており。

一応チケット取りには挑んでいるのですがまだ取れておらず、
この公演が観られるかどうかはまだ未定でございます……。

「北関東の瞳」の記念すべき単独初主演なので、
何とかして観たいな~とは思ってるんですけどね~(>_<)

 

ということでまだ画像が出たばかりではありますが、
どちらも公演のイメージが膨らんできましたね~。

博多座公演ももちろんですが、
美弥ちゃんの単独&東上初主演も素晴らしい作品になりますように!(≧∀≦)ノシ

スポンサーリンク


ブログランキングに参加しております。
一部の環境下でボタンが表示されないようなのですが、
ポチッとしていただけますと嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

-宝塚の雑記
-, , , , ,