宝塚の雑記

「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」一部配役&宙組大劇場ラインアップ&「グランドホテル」放送!(寝ている間のいろんな発表その2)

こんばんは。

先日ご結婚を発表された元宙組トップ娘役の野々すみ花さんが、
「『結婚』という言葉を使う日が来たことに、まだ実感がわきません」と心境を語られていましたが、
僕もまだ「独身」という言葉を使い続けていることに実感がわきません(現実です)、
宝塚男子ピエールです。

 

ということで、ピエールが寝込んでいる間に発表されていたもろもろの話題について、
昨日触れられなかったニュースをまとめさせていただきたいと思います。

まずは台湾公演でも上演される星組公演「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」

その一部配役が発表になりました!

ちなみに原作のテレビ版の予習を終えたピエールが、
年明け早々に簡単なキャラクター紹介と共に配役予想をしていた記事もありますので、
よろしければこちらもご参考にお読みくださいませ。
↓↓↓↓
「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」配役予想。

せっかくなのでそのときの予想と並べつつ今回発表された配役を追記してみたいと思います。

役名 出演者 ピエール予想
凜雪鴉リンセツア 紅ゆずる 紅ゆずる
丹翡タンヒ 綺咲愛里 綺咲愛里
捲殘雲ケンサンウン 礼真琴 天寿光希
殤不患ショウフカン 礼真琴
殺無生セツムショウ 七海ひろき
蔑天骸ベツテンガイ 十碧れいや
狩雲霄シュウンショウ 麻央侑希
形骸ケイガイ 有沙瞳
凋命チョウメイ 極美慎
獵魅リョウミ 音波みのり
妖荼黎ヨウジャレイ 万里柚美
廉耆レンキ 美稀千種
丹衡タンコウ 如月蓮

※配役予想時と順番は入れ替えております。

まず紅ゆずるさんは主人公の凜雪鴉(リンセツア)、
そして綺咲愛里さんはヒロインの丹翡(タンヒ)。

ここは原作における位置づけ通りだったので皆さん予想通りだったかなと。
(でもリンセツアとタンヒは恋愛関係ではないんですよね……ちょっと淋しい)

そして今回もう一人発表になったのは、
「サッカー少年」こと礼真琴さんの捲殘雲(ケンサンウン)!

これはちょっと予想と違ったのでビックリしましたが、
でも原作における役の大きさを考えなければキャラクター的にはすごいハマりそう!

あの槍を振り回す豪快な立ち回りも少年の身体能力ならかなりリアルに再現できそうで楽しみです(//∀//)

しかし二番手の少年がケンサンウンということは、間違い無く原作とは役の比重を変えてくるんだろうな~と。

となると原作で準主役級の大きさの殤不患(ショウフカン)がどなたになるかが次に注目を集めそうですが、
こうなったら我らが「北関東の恋人」こと七海ひろきさんにショウフカンをやって欲しくなってきたな~(≧∀≦)

当初予想していた殺無生(セツムショウ)もカッコイイけど、
あの脱力系なのにめちゃくちゃ強いイケオジのショウフカンを七海くんが演じたら、
また新境地のカッコ良さが炸裂しそうですし(//∀//)

ということで、その他の配役が発表されるのもますます待ち遠しくなってきました!

スポンサーリンク

真風涼帆、陰陽師 兼 ダヴィンチになる。

続きましては、新トップコンビ真風涼帆さんと星風まどかさんを中心に、
大劇場お披露目公演「天は赤い河のほとり/シトラスの風-Sunrise-」のお稽古中の宙組さん。

その大劇場2作目となる公演も発表になりました!

真風星風コンビの大劇場2作目は「白鷺の城/異人たちのルネサンス—ダ・ヴィンチが描いた記憶—」

「白鷺の城」は大野拓史先生。

陰陽師・安倍泰成(やすなり)と妖狐・玉藻前(たまものまえ)の、
千年にわたり転生を繰り返しながら争い、惹かれ合う宿縁を描いた日本物レヴュー。

なお、こちらには専科の松本悠里さんもご出演されるとのことです。

 

陰陽師なんて普通にお芝居作品でも待望されてそうな題材なのでショーにしてしまうのはもったいない気もしますが、
宙組20周年にして初の大劇場での日本物ショー作品ということになるでしょうか?

真風くんは星組時代に日本物ショー作品の経験も豊富ですし満を持して宙組も日本物のショーに挑戦ということになりそうですね!

真風くんが安倍泰成で、玉藻前が星風さんということでしょうか?

玉藻って聞くとピエールは「地獄先生ぬ~べ~」の玉藻先生を思い浮かべるので男のイメージだったんですが、
調べてみると悪女として有名な妲己とかも玉藻前の化身だったとか言われていたりするようで、
むしろ美女に化ける妖狐のことみたいですね。

大野先生の作品が好きなピエールとしては大劇場公演のお芝居を熱望していたのですが、
大野先生なら日本物のショーでもすごい雅な世界観を演出してくれそうで楽しみです!
(あと久しぶりにスクリューボールコメディも観たい)

 

ちなみに陰陽師と言えば映画「陰陽師」の楽曲を羽生結弦選手が使用して金メダルを獲得したことで話題になっていたので、
ピエールもAmazonプライムでその映画版をついこないだ観ておりました。

主人公の安倍晴明を演じる野村萬斎さんと、
その敵の陰陽師・道尊の真田広之さんのお芝居の迫力に圧倒されたのですが、
何と言うか、名前を出すのは控えますが、
海猿の人や、新幹線で手を繋いで寝てる人との演技力の落差がすごかった……( ̄∀ ̄;)

ついでに言うとパート2はさらにすごいことになっていた……(笑)。

 

そして後もののお芝居は「異人たちのルネサンス-ダ・ヴィンチが描いた記憶-」。

サブタイトルにある通り、かの有名なレオナルド・ダ・ヴィンチと彼を取り巻く人々の愛憎を描いた作品だそうです。

ダ・ヴィンチって名前はあちこちで聞きますが、
彼自身がどんな人物だったのかはそういえばあまり知らないので、
これまた面白そうな作品で楽しみです!

こちらは田渕大輔先生の大劇場2作目となりますね。

田渕先生の作品も好きなので楽しみだな~。

田渕先生は大劇場デビュー作の「王妃の館」も宙組でしたし、
愛月ひかるさん主演のバウホール公演「SANCTUARY」
桜木みなとさん主演の「相続人の肖像」と宙組率がかなり高くなってますね。

ひかるちゃんと桜木さんそれぞれのバウ初主演作を担い、
宙組生の魅力も存分に理解してくれていると思われるので期待も高まります!

そしてお芝居が後の作品となるので、
田渕先生がどんなフィナーレを作られるのかも楽しみ(≧∀≦)

あの作品もこの作品も放送される!

それから先日の発表とは別件ですがスカイステージ関連でも大きなニュースが!

月組トップスター珠城りょうさんの大劇場お披露目公演として上演された「グランドホテル」

権利関係の面で非常に厳しい作品として知られ、
Blu-ray&DVDの発売も通常よりかなり長い時間がかかった作品ではありますが。

何と東京公演の千秋楽が4月にスカイステージで放送されることが発表になりましたよ~!o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o

DVDが発売されてもスカステの放送は無い作品も過去にはあったので、
正直「グラホ」は厳しいのかな……とか思ったりもしましたが、
きっと劇団の、なんかそういう担当の部署の方ががんばってくれたんでしょうね( ;∀;)

ちなみに何と初回はいきなり4月1日だそうです!

 

それから同じく4月のスカステにて「ビジュアル・モンスター」こと柚香光さん主演、
「はいからさんが通る」が早くも放送されることも発表になりました!!(//∀//)

我らが「オハナちゃん」こと華優希さんがヒロインの紅緒を演じたあの興奮の秋から半年!

 

再びオハナちゃんが通るよぉぉぉぉぉぉぉぉっっ!!!!( ;∀;)

 

「はいからさん」が上演されたのは昨年10月。

この公演はDVDが発売されなかったので、
どうやらDVD化されない作品はバウホール公演同様、
およそ半年後にスカステ放送してくれるということでしょうか!?

ということは、ということはですよ?

これは「はいからさん」の放送決定のニュースであると同時にそれのみにあらず!

同じくDVDは発売されなかったドラマシティ公演、
愛月ひかるさん主演の「不滅の棘」も半年後に放送されるということですよね!?( ;∀;)

ということは7月くらい!?もしくは8月!?

7月にしよ!?ね!?いっそ6月でもいいよ!?

地球の歴史に比べたら一ヶ月や二ヶ月なんて誤差みたいなもんなんだから!ヽ(;▽;)ノ

それなら梅芸版「オシャンティ」ももう放送しちゃってくれてもいいんだよ!?( ;∀;)

そしてどうぞこの勢いで「WEST SIDE STORY」もDVD化&スカステ放送が叶いますように……!!ヽ(;▽;)ノ

スポンサーリンク


ブログランキングに参加しております。
一部の環境下でボタンが表示されないようなのですが、
ポチッとしていただけますと嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

-宝塚の雑記
-, ,