スカイステージ 宝塚の雑記

「オーム・シャンティ・オーム」配役発表と、七海くんから美弥ちゃんへ受け継がれるブリドリネクスト!

こんばんは。

宝塚男子ピエールです。

昨日の記事の冒頭で女の人がしてる大きな輪っかのイヤリングをディスったピエールですが、
「大きいってどれくらいの大きさですか?」と意外と食い付いてくれる方がいらっしゃいました(笑)。

ピエールのイメージしてるものを伝えるために実物を探してみたのですが。

どうです?伝わりました?( ̄∀ ̄)

昨日、この大きさを伝えるために「たたむ前の餃子の皮くらい」って言ってたんですが、
今日電車に乗りながら「つり革くらいって言えば良かった……」って思いつきました(笑)。

 

そんなこんなで本日も宝塚のニュースが飛び込んでまいりました!

スポンサーリンク

「オシャンティ」配役発表!

まず本日は星組新トップコンビ紅ゆずるさんと綺咲愛里さん(アイリーン)のプレお披露目公演、
「オーム・シャンティ・オーム~恋する輪廻~」の集合日!

いや~、紅リーンがついに始動致しました……!

あ、余談ですがこの「紅リーン」という呼び名をいっしょに使ってくれる方がちらほらいらっしゃって非常に嬉しいのですが、
時々「べにりーん」と呼んでいる方がいらっしゃいまして、
でもピエール的な正式呼称は「くれないりーん」でございます(笑)。

「そんなのどっちでもいいだろう」とか「長くて言いづらい」とかいろいろ言いたいことも言えないこんな世の中じゃポイズンかも知れませんが、
これにはちゃんとこだわりがありまして。

紅リーンを英語で書くと"kurenaireen"とかになりますでしょ?

これただ単に「くれない」と「あいりーん」を適当にくっつけてるだけじゃなくてですね、
これをそれぞれバラしてよーく見てみると。

kurenai
kurenaireen
↓↓↓
kurenaireen

ホラ!ちゃんとキレイに"ai"すなわち「愛」で繋がってるんですよ!

このスッキリ感伝わりますかね~(笑)( ̄∀ ̄)

ということでそんな愛で結ばれた紅リーンのプレお披露目「オシャンティ」の配役が発表になりました!

役名 出演者
オーム 紅ゆずる
シャンティ/サンディ 綺咲愛里
ムケーシュ 礼真琴
ベラ 美稀千種
ラージェシュ 壱城あずさ
リシ 十碧れいや
パップー 瀬央ゆりあ

以下、役どころを整理するためにちょっと映画版のネタバレも含みますのでご了承くださいませm(_ _)m

まず「一部配役」として既に発表されていたのが、
紅くんが演じる主人公のオームとアイリーンが演じるヒロインのシャンティプリヤ(通称:シャンティ)、
そしてシャンティに瓜二つの女性サンディ。

それから映画プロデューサーでシャンティと極秘に結婚しているムケーシュが「サッカー少年」礼真琴さんで、
オームの親友で役者仲間のパップーが瀬央ゆりあさんというところまでは発表になっていました。

ちなみに映画未見の方のために軽くご説明しますと、
紅くんの役名が2つあるのは、
まず物語前半では若き日のオームとパップーが売れない俳優として脇役生活をしつつ、
シャンティと出会うところが描かれていまして、
そのときのオームが「オーム・プラカーシュ・マキージャー」。

そして公演解説にもあります通り、
ムケーシュが妻シャンティを殺そうとしているところを助けようとして、
オームは命を落としてしまうんですが、
そのオームがこの世を去ったまさにその日に同じく「オーム」と名付けられた子どもがとある場所で生まれるのです。

その子が成長して超売れっ子俳優として活躍する30年後が物語後半なのですが、
そっちの「生まれ変わったオーム」が「オーム・カプール」ということになるわけです。

 

で、映画を観た限りだと大きい役って上記の4人くらいで、
あとはちょっと脇を固める存在って感じなのですが、
その中でもちょっと目立っているのが生まれ変わる前のオームのお母さんで、
それが副組長の美稀千種さんが演じるベラ・マキージャー。

「美稀さんがお母さん!?」ってビックリされるかも知れませんが、
このお母さんかなりぶっ飛んだお笑い担当みたいな役どころでもあるので、
たぶん男役さんが演じるんじゃないかな~と思っていたんですよね~。

もしかして紅くんが下級生時代に星組組長だった英真なおきさんとかが特別出演するのかな~とか思ってたんですが、
英真さんは現在とある砂漠の国で奴隷として軟禁されているようです(笑)。

 

そして壱城あずささん演じるラージェシュ・カプールというのがオームの父なのですが、
苗字を見ても分かる通りこちらは物語後半、すなわち生まれ変わったオームの方のお父さんですね。

実は前半のオームが命を落とす直接の原因は、
シャンティを助けようとしたところをムケーシュの部下にボコボコにされたことなんですが、
ふらふらとよろめきながら道路に踏み出したときに車に跳ねられてしまうのです。

その車はとある夫婦が乗った車で、
産気づいた奥さんを病院に連れて行くところだったのですが、
その車に乗っていたのがまさしく壱城くん演じるラージェシュと愛水せれ奈さん演じるその妻なのです!

つまり、壱城くんと愛水さんが病院へ行こうとしたときに紅くんを轢いてしまい、
そのままいっしょに病院に連れて行くものの紅くんは命を落とし、
その瞬間に愛水さんが産んだのが生まれ変わった紅くん、という感じなんですね。

 

それからこれちょっと自信が無いのですが、
十碧れいやさんの演じるリシ・ガイというのが、
たしかオームが脇役俳優として生きている前半の時代に活躍しているスター俳優じゃなかったかなと……。

「2世俳優のリシさんが云々」っていう台詞があったような気がするのでたしかそうんじゃないかと思うんですが、
違ってたらごめんなさい……。

とりあえず観劇前に予習したい方はどうぞ映画版もご覧くださいませ!

恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム

美弥ちゃんの「ブリドリネクスト」

そして本日は12月1日ということで、
来年1月のスカイステージのラインアップが発表になったのですが。

今年7月から半年にわたり僕らを楽しませてくれて来た伝説の番組、
「北関東の恋人」こと七海ひろきさんの「Brilliant Dreams +NEXT」。

とうとうそのブリドリネクストも今月で最終回かぁ……と思っていたところに何と!

「Brilliant Dreams +NEXT 美弥るりか編がスタート!」というニュースが!

なななななんと!

「北関東の瞳」こと美弥るりかさんのブリドリネクストが放送決定ですよ!

美弥ちゃーーん!!おめでと~~!!(≧∀≦)ノシ

北関東から北関東へ受け継がれしブリドリネクスト!

嗚呼……北関東出身としてこんな誉れがありますでしょうか(T_T)

これはあれですよね、美弥ちゃんバージョンが来年の6月まで放送されるとして、
7月からも北関東で繋いでいくとしたら!

 

「Brilliant Dreams +NEXT 渡辺徹」

 

もっと他にいなかったのかと(笑)。

ちなみに渡辺徹さんは栃木県小山市出身で茨城県古河市育ちという、
北関東くくりにうってつけの人材のようでございます( ̄∀ ̄)

 

ところでこれまでの「ブリドリネクスト」は最後に必ず公開収録が行われていましたが、
七海くん編はまだ公開収録の発表は無いようで……。

しかし悲観するなかれ!

まだこれから発表することだって十分考えられる!

ピエールは勝手に、12月3日(土)の21:30から初回放送の最終回(さり気なく宣伝)で、
「公開収録開催決定!」と華々しくドーン!と発表されるのを想像しておりますヾ(* ̄∀ ̄*)ノ

あ、それから1月12日(木)の9:00からは、
そんな七海くんが主演を果たした「薔薇に降る雨」の新人公演が放送されるそうですよ!

ついに……!ついに観られる……!

ピエール、この頃はまだ七海くんにハマる前だったのですが、
スカステ加入してからこの新公はずっと再放送されておらず……。

早くまた放送しないかな~とずっと待ち侘びていたのです(T_T)

やっと観られるぞ~~!!ひゃっほ~~~~い!!!!(≧∀≦)ノシ

ブログランキングに参加しております。
ポチッとしていただけると幸せですm(_ _)m
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

スポンサーリンク

-スカイステージ, 宝塚の雑記
-, , , ,

スポンサーリンク