観劇レビュー・感想

分かったから黙れって・・・(「A Motion」感想その2)

男子!男子!男子!男子!男子!男子!男子!男子!(≧∀≦)ノ

 

こんばんは。

宝塚男子ピエールです。

ということで本日は朝夏まなとさん(まぁさま)のコンサート、
「A Motion」の感想の続きを書かせていただきたいなと。

お芝居と違って物語の筋に沿った公演とかではないので、
もう思いついたままに場面の順不同で書きますね( ̄∀ ̄)

とりあえず、お稽古場や初日の映像を見ていたときに、
「男子!男子!男子!男子!」って聞こえていた掛け声。

あれは「DASH!DASH!DASH!DASH!」の聞き間違いだということが判明致しました(笑)。

幕開き冒頭であの掛け声があったんですけどね、
やっぱり「男子!男子!」に聞こえるじゃん!って思ったんですが。

舞台奥のスクリーン上に「DASH!DASH!」って表示されてたので止むなく「むむ……(((・_・)」って引き下がりました(笑)。

ちなみに同じ感じで「エース!エース!」っていうバージョンのところもありましたよ( ̄∀ ̄)

スポンサーリンク

「分かったから黙れって」

今回はA~Dの4チームに出演者が分かれて、
日替わりで違うメンバーが登場するコーナーが設けられておりますが。

ピエールが観たのは蒼羽りくさんを中心としたCチームの回でした。

他には伶美うららさんや、スカイナビゲーターズでお馴染みの結乃かなりさんらがいらっしゃって。

そんなCチームのMCコーナー。

「まぁさまに言ってもらいたい台詞」というテーマで、
提案したのは春瀬央季さんだったかな?

この設定がまたいろいろ細かくて、
高校生のまぁさまに後輩の彼女がいて、
二人が不良グループに絡まれてしまうという設定で。

このときすごいキラキラした衣装を着ていたまぁさまは、
「こんな格好の高校生!?(゚∇゚;)」って戸惑ってましたが(笑)。

で、気の強い彼女はその不良たちに対して、
逆に挑発するような態度で言い返してしまうそうで。

怒った不良たちと闘う羽目になったまぁさま、
さすがに多勢に無勢でボッコボコにされちゃうんですけどね、
傷だらけになったまぁさまに対してさすがに彼女も反省し。

「ごめんなさい、私のせいで……(´;ω;`)」と言う彼女の肩を抱いて。

 

 

「……分かったから黙れって」

 

 

ぎ、、、

 

 

ぎぃやああああああああああああああ!!!!(//∀//)

 

 

抱いてーーーーーーーー!!(//∀//)ピエルコ

 

ちなみにこの場面、彼女役に立候補した蒼羽さんによって再現されたのですが(笑)。

まぁさまがボッコボコにされる場面は実演されず、
「ごめんなさい、私のせいで……(´;ω;`)」のところから始まったんですけどね。

てっきり他の方も不良役で参加するのかと思っていたので、
誰が不良やるのかな~とワクワクしていたんですが、
結局他の皆さんはまぁさまと蒼羽さんの寸劇をニヤニヤ見ている感じで。

できればスケバンに扮した結乃さんや伶美さんにボッコボコにされるまぁさまが見たかったです(笑)。

ひかるちゃんのキャリエール

そして先に大阪でご観劇された方々からの情報で話題になっていた場面の一つが、
まぁさまにやってもらいたかったけど実現しなかった役の曲を歌ってくれる場面で。

その中の一つ、「ファントム」の名場面、
キャリエールがエリックに対して自分が父であることを明かす場面を、
何と愛月ひかるさんがキャリエール役で実現してくれて!

このひかるちゃんのキャリエール、すなわち「ひきゃりえーる」の歌う「You are my own」にすごく感動した!
という声を聞いていたのです。

で、本当にひきゃりえーるの歌がすごく上手で温かくて、
「エリックお前は~愛しい~息子だ~~~~~!!」って歌い上げたところで、
何だかすごく感動してウルウルしてしまいました(´;ω;`)

余談ですが、この「ファントム」が上演された翌年に就職と共に引っ越したピエール。

学生時代は木造のアパートだったのですが、
社会人になると共に初めて鉄筋のマンションに引っ越しまして。

隣の部屋に気兼ねなく大声で歌えることが嬉しくて、
最初の頃ずっと毎日一人でエリックとキャリエールの二役やって熱唱していた思い出があります(笑)。

ちなみに今のアパートは軽量鉄骨なのでもう歌えません(//∀//)

 

それと、ひかるちゃん以外にも姉が和希そらさんにハマったようでして。

「あの子、歌上手いんだね~」と言っていたので、
「えっ!?今さら!?知らなかったの!?(゚∇゚;)」って驚いたんですが(笑)。

どうやらダンスが上手なのは知ってたそうなんですが、
歌も上手いということは今回初めて知ったそうで。

宙組としては小柄だからちょっと不利かも知れないけど、
これからももっと活躍して欲しいな~と言っておりました( ´ ▽ ` )ノ

まいあんのクリスティーヌ

それからこの曲とは別に、
たぶん出演者ほぼ全員が登場して同じく「ファントム」の「Melody」を歌う場面があって。

そのセンターでクリスティーヌのパートをソロで歌っている娘役さん、
もしや??と思ったら!

 

まーいあ~~~~ん!!(・∀・)

 

何と「まいあん」こと華妃まいあさんがクリスティーヌのパートに大抜擢されていたのですよ!

まいあんが歌が上手なのは、
全ツの「バレンシアの熱い花」とかでも「愛している~」をひたすら繰り返す曲とかで知っていたんですけどね。

うちの姉はそれがまいあんだったと気付いていなかったらしく、
今回のコンサート観た後で「あの子、最近よく言ってる華妃まいあって子だよね?」と。

「あの子も歌上手なんだね~。何か印象もいいしこれから楽しみだわ~」と、
姉もまいあんをお気に召したようでございます!ヾ(* ̄∀ ̄*)ノ

ちなみにまいあんは「カレンダー・ガール」の場面で11月を担当していたり、
他にもまぁさまとちょっと組んで踊る場面もあったりと、
今回もちょこちょこ見せ場をもらっていて嬉しかったです(≧∀≦)ノシ

見逃したスクリーン

それから終盤で純矢ちとせさんがまぁさまの歴史を振り返るような朗読をする場面がありまして。

下級生時代からのまぁさまが出演してきた節目節目の作品にかけて、
「あのLUCKY STARと、マラケシュの砂漠で再び出会った」とか、
そんな感じでまぁさまの過去の作品を盛り込んでいるのです。

無理やり繋げてる感は否めないんですけどね(笑)。

で、その場面のときも、後ろにその作品の映像が流れたりしていたらしいのですが。

何とピエール、ずっと純矢さんを見ていて、
後ろのスクリーンにまったく気付いてなかったのです( ;∀;)

終わってから姉が、
「あの昔の映像(画像?)、懐かしくてうるっと来ちゃったよね~」と言っていて、
「え?何それ?そんなん映ってたの?(゚∇゚;)」とピエールは狼狽するという(笑)。

うう……それ見たかった……。

 

あとですね、まぁさまの初舞台の2002年のヒットメドレーのコーナーがあって、
「めっちゃホリデイ」とかもその一つだったんですけどね。

RAG FAIRっていうアカペラグループの「恋のマイレージ」って曲もあったんですが、
ピエールこの曲と同時にリリースされた「Sheサイドストーリー」って曲が大好きで、
カラオケ行く度に絶対歌ってたんですよ!

ちなみにメンバーに土屋礼央さんっていう人がいるんですが、
ユーチューバーのHikakinさんを見ると礼央さん思い出すの僕だけですかね(笑)?( ̄∀ ̄)

 

ということで、本当にあっという間の体感2分くらいのコンサートだった気がします(≧∀≦)

ひかるちゃん&まいあん推しのピエールとしては、
Bチームの公演も観たかったな~と思いましたが、
Cチームの春瀬さんプロデュース「分かったから黙れって……」も、何て言うか、すごかったので、
これはこれでいいものを見せていただけて満足です(//∀//)

お金に余裕があったらもう一回観たかった……( ;∀;)

早くスカステで放送しないかな~(≧∀≦)

でも、こんなに魅力的なまぁさまが次の公演でもう退団してしまうというのは本当に淋しいですね(´;ω;`)

しかし今回いろんな下級生とかの活躍も見ていて、
きっと次世代の宙組もすごく楽しい組になるんだろうな~と確信が持てました。

おそらくそろそろ次期トップコンビが発表される日も近いかと思いますが、
まぁさまが築き上げた宙組を、
そしてピエール初舞台のときのトップスターである和央さんから受け継がれてきた宙組を、
これからも応援していきたいと思います!( ´ ▽ ` )ノ

ブログランキングに参加しております。
楽しんでいただけましたら、
一日一回ポチッとしていただけますと嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

スポンサーリンク

-観劇レビュー・感想
-, , ,