宝塚の雑記

梅田に来てしまいましたーー!!ヽ(;▽;)ノ~「Thunderbolt Fantasy/Killer Rouge」初日~

旅ー立ーちを決めーたなら~♪

 

そーこーがーもう梅田だ~~♪

 

こんばんはー!

宝塚男子ピエールです!

突然ですがピエール現在!

 

梅田に来てしまっておりますでございますーーーー!!!!ヽ(;▽;)ノ

 

何しに来たかって?( ̄∀ ̄)

そりゃー、決まってるじゃないですか!

本日8月31日(金)といえばあの日!!

そうです!

コレの初日を観に来たのです!!

マーベル映画最新作、「アントマン&ワスプ」!!

おっと間違えました( ̄∇ ̄*)ゞ

そうです!

紅ゆずるさんと綺咲愛里さん(アイリーン)率いる星組梅田芸術劇場メインホール公演、
「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀/Killer Rouge 星秀☆煌紅」の初日を観に来てしまったのでございますーー!ヽ(;▽;)ノ
(ちなみに「アントマン&ワスプ」も本当に今日が初日です)

スポンサーリンク

梅田に来ちゃったピエール

えー、どうしてピエールが本日大阪にいるかというの経緯をご説明させていただきますとですね。

今回は東京公演(日本青年館)もあるので、
当初は梅田遠征するつもりなんて全く無かったのです。

基本的に遠征は「東京で観れない公演だけ」というルールのもと我慢しているもので……。

しかし先日の宙組の梅田遠征から帰った後、
ピエ茶幹事のみゅんさんがこんなことを。

 

「サンファンの初日のチケット一枚あるから来ちゃいなよ( ̄∀ ̄)」

 

またそうやって夏が来る度に悪魔の囁きするーーーー(´;ω;`)

でもね、最初は「いやいや、そんな立て続けに遠征なんて無理ですって( ̄∀ ̄;)」って言ってたんですよ。

だって7月末に梅田に行ったばかりですからねぇ(^^;)

 

……と思っていたピエールなのですが、いろいろと心境の変化が。

よく言うじゃないですか、「明日生きてるかどうか誰にも分からない」みたいなこと。

最近ね、一年後に自分が生きてるかどうかなんて分からないんだよなーとか、
そんなことを考えることがあるのです。

正直これだけの頻度(今年3回目)で遠征するのってピエールの経済状況からすると相当大変な事態ではあるのですが、
かと言ってあとどれだけ宝塚を見られるかも分からないなら、
今のうちにお金使っちゃってええわい!みたいなよく分からないことを考えるようになりましてね……。

うちの会社、お盆休みとかは無くて夏休みは各自がお互いの予定と調整して好きな日に休みを当てるシステムなので、
とりあえず夏休みのうちの1日を8月31日に取らせてもらうことにしたのであります。

 

しかしまだ遠征するかどうかは決めかねていたときにスカイステージで観た、
梅芸版「オーム・シャンティ・オーム」のファーストラン。

七海ひろきのお兄様のムケーシュの色気に悶え転げながら。

「ああ……去年の夏は2回も梅田行っちゃったなぁ……」とか思い出していたら。

 

いつの間にか夜行バスの予約をしていたピエール。

 

皆さん、「オシャンティ」初回放送鑑賞中のピエールのこんなツイートを覚えておいででしょうか。

このときだよ……ピエールが昨夜の夜行バス予約してたのは……。

怖いね……無意識って……(と言いつつ事前にちゃんと夏休みの申請をしていたピエール確信犯)。

しかし夜行バスってすごいですね。

日程とかランクとかにもよりますが、
ピエールが今回利用している3列独立シートってやつでも、
新幹線の片道分の金額で夜行バスなら往復できちゃうんですもの!

そう!

ピエールが軽々しく遠征するようになっちゃったのは夜行バスのせい!(あとお兄様のせい)

 

しかしながら、思い返せば去年のお正月の「オシャンティ」東京公演の初日に始まり、
続く梅芸版「オシャンティ」の初日、さらには「ベルリン、わが愛/Bouquet de TAKARAZUKA」の東京の初日。

星組以外でも「北関東の瞳」こと美弥るりかさん主演瑠璃色の刻」は東京の初日を観劇することができ。

そして今年に入ってからも中日劇場公演「うたかたの恋/Bouquet de TAKARAZUKA」の初日に遠征し、
すっかり初日フェチになってしまってるピエールではあるのですが。

しかしこれらのどの公演も、既に関西公演が先に行われていたり、
中日劇場も初日とは言え再演の作品だったり。

東京の「オシャンティ」は新作の完全なる初日ではありましたが七海くんが出演している作品という意味では、
「新作」で、「初日オブ初日」で、「世界で初めて自分たちが見る七海ひろき」という初日は、
今回が初めてなのでありますヽ(;▽;)ノ

だからもう初日が近づくにつれて今まで体験したことの無い緊張が押し寄せてくるのなんのって……。

ちなみに木曜は普通に仕事して、いったん帰ってから新宿に行ってバスに乗って出発してるんですけどね。

昨日(つまり木曜)会社の人から、
「明日から3連休でどこか旅行に行くんですか?」って聞かれたんですがヅカオタってことを職場でカミングアウトしてないもので、
「……いえ、特には……」って答えてしまいましたよ……。

でもまぁ、3連休って言っても土曜の朝には東京に戻ってきてますしね……(笑)。

想像を超えた「サンファン」

ということでやってきた「サンファン」の初日ですが、
この記事は大部分が出発前に下書きしておいたものになっております。

が、ここからは幕間と観劇後に書いてるのですが。

初日ハイになってる部分もあるかも知れませんが、
「サンファン」、すごい面白かったですよー!(≧∀≦)

想像を凌駕するビジュアル再現度!

1時間半とコンパクトながら限られた時間で再現された原作の世界観!

いろんな場面を頑張ってミックスして繋ぎ合わせたりしてる部分もあるので原作観てないとちょっと分かりにくいところもあるかなという印象でしたが(というか原作観てないと結構??ってなるかも)。

最後のリンセツアとベツテンガイの戦う場面は原作通りにしてほしかったかな……リンセツアが自ら戦う見せ場だし(>_<)

あと初日ってのもあってか若干のドタバタ感もありましたがそれも含めて初日って感じで嬉しい!( 〃▽〃)

あと全体的に歌が少なめだったのはちょっと淋しかったですが、お芝居で進めなきゃいけないエピソードも多いから仕方ないかなと。

でも紅くんの凜雪鴉はもう紅くんのために作られたキャラクターなんじゃないかってくらい凜雪鴉だし!

アイリーンの丹翡も人形を超える可愛さで「お人形さんみたい(*´∇`*)」って言葉の存在意義を考え直したくなる可愛さで!

それぞれのキャストの方々も他の配役は考えられないくらいのハマりっぷりで!

そしてもちろん殤不患の七海くんも大活躍ですよーー!!o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o

あの名台詞もちゃんとありましたよー!ヽ(;▽;)ノ

冒頭のあの名台詞も、後半のタンヒに語りかけるあの名台詞も、最後のクライマックスの剣を選ぶシーンも全部あったー!ヽ(;▽;)ノ

特にお兄様ファンで原作をご覧になった方は、
「原作だと殤不患も準主役みたいな存在だけど、宝塚版だともっと小さい扱いにされちゃうのかな……」という不安を抱いていた方も多いかと思うのですが、
ちゃんと殤不患として活躍しております!

でも礼真琴さん演じる捲殘雲も二番手としてちゃんと原作よりも相対的に存在感を放っていて、
この辺に組の番手に配慮したりそれぞれのスターの個性を生かしつつも原作へのリスペクトも忘れない小柳先生のこだわりや妙技を感じました(「RAIMEI」のときの少年の歌声がレボ様に似ててさすがだなーと思った)。

 

しかも幕間に公式見てたらお兄様のディナーショーのポスター公開されてるー!( 〃▽〃)

この後ろ向いてる女の人誰ー!?

今だかつてディナーショーのポスターに女連れ込んだ人がいたでしょうか!?( 〃▽〃)(言い方)

ピエールにははるこさんの背中に見える……!

 

ショーも稽古場映像には無かった新場面もいっぱいあって楽しかったー!

まさかの紅子さんを初めて生で見てしまいましたヽ(;▽;)ノ

そして愛子さんと礼子さんまで(笑)!

女泥棒のカツラはクレオパトラのような黒髪ロングストレート美女でした( 〃▽〃)

罪な薔薇の途中では七海くんが投げキッスしたのをアイリーンがキャッチしていたような……!?

 

ちなみにピエール、このあとはまた夜行バスで東京に帰り、バスの中で9月を迎える予定ですが、
明日9月1日(土)は早朝に東京に着くのですがせっかくの映画サービスデーなので夕方に断捨裸零離くんと「アントマン&ワスプ」を観に行くというハードスケジュールの予定でございます( ̄∀ ̄)

ゆえに本日のレポはすぐには書けないかも知れませんが、
とにかくこれから梅田でご観劇予定の皆さんも、
普段のピエールのように東京公演待ちの皆さんも、
台湾公演をお待ちの現地のファンの皆さんも、
とにかく期待に胸を弾ませてお待ちくださいませ!

旅立ちを決めたなら、そこがもう劇場だーー!!(≧∀≦)

スポンサーリンク


ブログランキングに参加しております。
一部の環境下でボタンが表示されないようなのですが、
ポチッとしていただけますと嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

-宝塚の雑記
-, , , , ,