宝塚の雑記

というか振り分けは。(花組全国ツアー公演およびドラマシティ&神奈川芸術劇場公演一部配役)

お腹痛いよぉぉぉぉぉぉぉぉ( ;∀;)

 

こんばんは。

宝塚男子ピエールです。

なんか今日、お昼前くらいからずっとお腹が痛うて痛うて( ;∀;)

何でだろう……特に変な物食べた記憶とか無いんだけどな……。

 

電車とか飲食店とかで、独り言を言ってる人いるじゃないですか(唐突)。

誰かに話しかけるとかでなくただただブツブツ話してる人もいれば、
まるで目の前に誰かがいるかのように一人で会話しているような人もいると思うんですけどね。

断捨裸零離くんが先日、後者のタイプの独り言を喋ってる人に遭遇したらしいんですが、
「ああいう人って、話してる相手が実際に見えちゃってるとしか思えないよね」っていう話をしてたんです。

何かしら病気とか障害が原因でそうなってる人を茶化すように聞こえたら申し訳ないんですが、
どう考えても目の前に誰かがいると思い込んでしまってるとしか思えないような独り言の人っているじゃないですか。

でね、これについて考えてると毎回、急にふと怖くなるんですよ。

もしも、自分もそうだったら、って思いません?

他の人には見えない何かが見えているけどそれが自分だけが見ている幻だと気付かない人がいるとしたら、
自分もそうではないなんて言いきれないじゃないですか。

つまり、僕は断捨裸零離くんと話しているつもりになっているけど実は目の前には誰もいなくて、
周りの人は「あの人、さっきからずっと一人で喋ってるね」って思いながら見ていたら……、
とかそんなことをふと考えることがあるんですよ。

この話をシャラレリくんにしたら、
「いやいや、少なくとも今は本当に俺と喋ってるから大丈夫だよ」と笑ってたんですけど、
「大丈夫だよ」と笑っているシャラレリくんさえ僕が作り出してる幻かも知れないわけで。

そう考えると、もしかしてこのブログもいろんな人に読んでもらっている気になってるけど誰も見てないんじゃないかとか、
たくさん頂いてるコメントも実は全部自分で書いてるんじゃないかとか、
そもそもこのブログ自体存在してないんじゃないかとか。

うう……怖い……そしてお腹痛い……( ;∀;)

 

ということで例のごとく全然関係ない話から始まったわけですけれども、
本日は雪組大劇場公演の千秋楽ということで何も発表は無いだろうなとタカをくくっておりましたら。

何と油断していた18時になって花組別箱公演の一部配役が発表になりました!

というかこの「一部配役」とか「新公配役」って最近結構18時に発表されること多いですよね……、
以前は16時をやり過ごすと気を抜いてしまっていたんですが夜まで油断なりませんな……。

まずは専科の凪七瑠海さん主演のシアター・ドラマシティ&KAAT神奈川芸術劇場公演「蘭陵王—美しすぎる武将—」

こちらは新作なので全然どんな役なのか分からないのですが、
とりあえず本日発表になった一部配役はこちらでございます。

配役 出演者
蘭陵王 凪七瑠海
洛妃 音くり寿
高緯 瀬戸かずや

まず主人公の「美しすぎる武将」こと蘭陵王はもちろん主演の凪七さん。

そしてヒロインと思われる洛妃には音くり寿さん、
二番手の高緯に瀬戸かずやさんという配役でございます!

と言っても新作な上にこの蘭陵王という人物周辺について何も分からないのですが、
試しにググってみたものの音さんの洛妃という人物に関する情報は見つけることができず……。

で、瀬戸さんの高緯に関してはそれらしく情報を見つけられたのですが。

そもそも「蘭陵王」というのは王号でWikipediaには本名(?)の「高長恭」という名前で載っていたのですが、
蘭陵王はあまりに勇敢で武勲を重ねるもので皇帝から疎まれるようになってきたそうで、
その皇帝である後主という人物がイコール瀬戸さんの高緯のようですね。

つまり主従関係にありながらも徐々に高緯は蘭陵王の敵になっていってしまう、という関係性でしょうか?

ところで先日これらの公演のラインアップが発表になったときの記事の中で、
「木村信司先生の作品は難しい歌が多いイメージなので歌の上手な娘役さんがヒロインになりそうな気がする」
と書かせていただいたのですが皆さま。

 

 

………………。

 

 

 

「覚えておいでですか?」ってやると思った?(⌒∇⌒)(やれよ)

 

で、蓋を開けてみたらヒロインは音さん、
まさに歌唱力が評判の娘役さんではありませんか!

ふっふっふ~、当たり~( ̄∀ ̄)

スポンサーリンク

「メランコリック・ジゴロ」一部配役

続きまして、「ビジュアル・モンスター」こと柚香光さん主演で話題の全国ツアー公演、
「メラコリック・ジゴロ/EXCITER!!2018」

こちらの一部配役も発表になっております。

何度か再演されている作品ですが、
おそらく一番皆さんの記憶が新しいと思われる直近の2015年宙組バージョンの配役と並べてみたいと思います。

配役 出演者 2015年
宙組
ダニエル 柚香光 朝夏まなと
スタン 水美舞斗 真風涼帆
ティーナ 華優希 彩花まり
フェリシア 舞空瞳 実咲凜音

いろいろとどういうことなのか分からない驚きもあるのですが、
まず主人公のダニエルは柚香さんなのはもちろんとして、
ダニエルの相棒のスタンは柚香さんと同期の水美舞斗さん!

しかしそれはそれとして驚いたのが娘役さんの配役。

一応、公式サイトに書かれている順番通りにしてみたのですが、
この作品のヒロインは何をどう並び変えたところで間違いなくフェリシアであると思われ。

そんなフェリシア役は間もなく初日を迎える「MESSIAH」で新公初ヒロインを控えている舞空瞳さん!

初ヒロインもまだこれからというタイミングですがいきなり別箱ヒロイン、
しかも全国ツアーという、別箱の中でも特別な意味を持ちそうな公演のヒロインに抜擢とな!

一方、水美さん演じるスタンの彼女であり、
前回の宙組版では彩花まりさんが演じたちょっと頭が弱くて可愛いティーナには、
我らが「オハナちゃん」こと華優希さん!

オハナちゃんが100期生なのに対し舞空さんは102期生と下級生ですが、
今回は舞空さんの方がヒロインということになりますね。

誤解があったらアレなので敢えて書いておきますと、
「何でオハナちゃんがヒロインじゃないんだよー!」みたいなことはあまり思っていないのです。

ピエール、爆上げされると冷めてきちゃうタイプでして、
オハナちゃんは一時期一気にヒロイン街道を駆け上っていて、
むしろこのままの勢いでまだ娘役として成熟する前にトップとかになっちゃったら逆に複雑だな……、
と思っておりましたので(もちろん絶対トップになれるという前提で考えているわけではないけれど)。

まぁ、もちろん下級生の舞空さんがヒロインということで、
いったいどういうことなのかと不安を感じないと言えば嘘になりますが。

しかしですよ?

ティーナと言ったら2008年の花組中日劇場公演版で、
オハナちゃんの憧れの娘役さんである野々すみ花さんが演じていた役ですよ!

きっと配役を聞かされたときのオハナちゃん、
「信じることができなくて……(;・∀・)」っていう気分だったのではないでしょうか(*´∇`*)(あのフレーズ大好き)

憧れの野々さんと同じ役を演じることができてオハナちゃんもきっと喜んでるだろうな~と思いながらひろきのお兄様も喜んでるだろうな~と思いながらピエールも喜んでるんだな~(*´∇`*)

というか振り分けは。

で。

以上の感じで「一部配役」は発表になったものの、
そもそも各公演の出演者、いわゆる「振り分け」は発表になってないんですよね(;・∀・)

振り分け自体も遅いな~遅いな~と思っていた気がするんですが、
振り分けも見ながらどの公演を狙うか考えようと思っていたら、
すでに一部の先行販売は終わってしまっておりましたよ( ;∀;)

主に気になるのは、どちらの一部配役にも名前の挙がっていない鳳月杏さんや桜咲彩花さんや城妃美伶さん(しろきみちゃん)あたりですよね。

ここに名前が挙がっていないということは、
おそらく明日海りおさんと仙名彩世さんを中心とした舞浜アンフィシアター公演「Delight Holiday」なのかな~と思うのですが。

こちらはショー形式の公演のような気がするので、
配役とかは無いのかも知れませんね。

学年的なことを考えたら鳳月さんは「蘭陵王」の方という可能性も無くはないですが、
3公演のバランスを考えるとやっぱり舞浜チームかな~という気がします。

何にしても鳳月さんたちも大事に扱われることを祈るばかりでございます。

無駄遣いだけはしないでいただければと……(´・ω・`)

 

そして明日は月組大劇場公演「エリザベート」の集合日でございますね。

愛希れいかさんの退団が発表されている公演、
集合日恒例の「担々麺」の発表が不安なことに加え、
いつ来てもおかしくない次期トップ娘役の発表……。

いろいろと勘ぐってしまう気持ちもあったりなかったりするのですが……。

いずれにしても遠くない時期にれいか様の後任のトップ娘役が発表されることは間違いないと思うので、
変な言い方かも知れませんが、何かこう、できるだけ波乱とかの無い無難なところに落ち着いて欲しいなと祈りながら、
明日からも強く生きていきたいと思います……。

スポンサーリンク


ブログランキングに参加しております。
一部の環境下でボタンが表示されないようなのですが、
ポチッとしていただけますと嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村

-宝塚の雑記
-, ,