スカイステージ

宝物の恋をしま鮮花?(「MESSIAH/BEAUTIFUL GARDEN」稽古場)

こんばんは。

宝塚男子ピエールです。

西日本を中心に続いている豪雨による災害、
今も被害が拡大しているようで、被災されている方々には心からお見舞い申し上げます。

今朝のニュースを見ていたら、
雨が止んで晴れてるときに河が突然氾濫したりすることもあるらしいので、
どうぞ引き続きくれぐれもご注意くださいませ(>_<)

 

そんな中、いつも通り更新し続けるのも少し心苦しい気持ちもあるのですが。

7月13日(金)に初日を迎える明日海りおさんと仙名彩世さん率いる花組大劇場公演、
「MESSIAH-異聞・天草四郎-/BEAUTIFUL GARDEN −百花繚乱−」

その稽古場の模様が放送されました。

先日、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界文化遺産に登録されて、
天草四郎を題材にしたこの作品もますます注目が高まりそうですよね。

 

まずは明日海さん演じる天草四郎時貞が歌うプロローグ。

天草四郎というとすごく物静かに祈りを捧げている人という勝手なイメージがあったのですが、
いきなり冒頭から明日海四郎は荒々しく歌っているではありませんか!

そういえば組長の高翔みず希さんとのトークでも、
四郎は元々海賊のようなことをしていた人だったという設定とか話していた気がするので、
かなり雄々しい天草四郎像に描かれているのかも知れませんね。

 

そんな四郎が瀬戸かずやさん演じる渡辺小左衛門ら村人と思しき人々と出会う場面。

小左衛門に「名は?」と訊かれても「名など忘れた」とつれなく答える明日海さん。

すると一樹千尋さん演じる益田甚兵衛が、
自分の四人目の子となることから「四郎」と命名する場面が。

なるほど、そういう経緯で「四郎」という名前になったんですね(今回のオリジナル設定かな?)。

 

そして柚香光さん演じる山田右衛門作も登場!

こちらはポスターのギラっとした表情とは裏腹に、
何か祈りを捧げるような歌を穏やかに歌っていますね。

そのあとは仙名さん演じる流雨と何か「黄金色の光」とやらについて語り合う姿が。

「あなたの描く絵が、みんなの心の拠り所になってるのよ」と右衛門作を励ますように語りかける流雨るうでございます。

 

続いてあの人はまだかな~と思っていたら鳳月杏さん演じる松倉勝家が登場!

天真みちるさん演じる田中宗甫らも引き連れて、
いかにも悪役登場!という感じで闊歩しております!(≧∀≦)

鳳月さんの松倉勝家がいかに非道な人物かというのは、
集合日の配役発表の記事でも調べたのでそちらも参照いただければと思うのですが。

何やら村人を河の中の杭に磔にしろという冷酷な命令を下しているようです……。

ああ……めっちゃ嫌な奴……でもカッコイイ……でも危険……でも男は危険な香りがするくらいの方がイイ……(//∀//)(安全性は抜群のピエール)

 

そうこう言っていたら!

 

オハナちゃんだよぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!( ;∀;)

 

「りゅうきゅう??(´・ω・`)」と四郎に尋ねる子どもの姿、
これは我らが華優希さん演じる小平でございますね!(≧∀≦)

先日、稽古場レポートにオハナちゃんも登場しておりましたが、
可愛すぎて話が全然頭に入って来なかった(*´∇`*)

そんな小平ら、村の子どもたちに「(琉球は)この海のずっと向こうにある国だよ」と教える四郎。

すっかり仲良く打ち解けてる様子が微笑ましいですねぇ(*´ー`*)

「あなた方は、自分の食べる物を減らしてまで俺を助けてくれた」と言う四郎に、
「私たちは生きているのではない。神によって生かされているんだ」と優しく答える瀬戸小左衛門。

瀬戸さんと言えばダンディだったりちょい悪だったりの役が多いイメージですが、
この優しそうなお父さんという感じの役もまた新鮮でいいですね~(しかし滲み出る色気)。

それから次の場面では水美舞斗さん演じる松平信綱が何か書状を読み上げるような姿も。

水美さんも今回は重要な役どころになりそうな予感がしますね。

 

そうこう言ってたら何やら揉め始めた四郎と右衛門作。

何か鋭利な物で四郎を刺そうとする右衛門作、
「違う!違うんだ!」とそれを制止しようとする四郎、
そして間に入って四郎をかばう流雨。

こういう三角関係は間に入った女の子が片方を庇うと余計にもつれるんだよ~( ;∀;)

という感じで、どんな展開を見せるのかワクワクしてまいります。

スポンサーリンク

花娘の層の厚さを感じさせる「BEAUTIFUL GARDEN」

そしてショーの「BEAUTIFUL GARDEN」。

プロローグでは柚香さんや瀬戸さん、鳳月さんといった男役さんたちがマントを羽織って居並ぶ姿が。

「Invitation for you~♪」と何やらお客様のご招待ソングを歌っているようです。

続いて明日海さんは娘役さんを引き連れてのダンスで登場したのですが、
両サイドには城妃美伶さん(しろきみちゃん)と舞空瞳さん、そのさらに両側にオハナちゃんと音くり寿さんと、
今回新公初ヒロインを控えた舞空さんを含めて4人とも全員新公ヒロイン経験者という、
花娘の層の厚さすごいなって改めて感じます。

しかもその後列には桜咲彩花さん、華雅りりかさん、春妃うららさんといったこれまた新公ヒロイン経験者もいますからね~。

プロローグの歌い継ぎと思しき場面では、
瀬戸さんと桜咲さんが大人っぽく並んでいたり、
柚香さんはソロで歌ったりしているのですがいずれも手には一輪の花を持っているようで、
「百花繚乱」というサブタイトルの通り花がフィーチャーされたショーになっていそうです。

 

そしてそのあとの場面ではいきなりのラインダンスのようですが、
そのセンターで軽快に踊っている男役さんは水美さんでしょうか?

ちなみにぴょんぴょん飛び跳ねる水美さんの両サイドには音さんと共にオハナちゃんも踊っております~(*´∇`*)

さらには何と柚香さんと舞空さんが組んで踊る場面が!

すごくスタイルのキレイな娘役さんなので、
キレキレダンスの柚香さんとのダンスも見ごたえありそうですよね。

それから鳳月さんが「アンダルシアの空と~君の面影~」とムーディーな曲を歌う大人っぽい場面も。

ここにもオハナちゃんがいるようです~(*´∇`*)

懐かしのあの曲たち

そして聴いたことある曲が聞こえて来たと思ったらTUBE!

私が曲名分かったのは柚香さんが歌っているのは「シーズン・イン・ザ・サン」、
さらに明日海さんの歌っている「夏を抱きしめて」なのですが。

わたくし、「夏を抱きしめて」はCD持っておりましたよ!

「夏を抱きしめて」「あー、夏休み」「夏だね」「夏を待ちきれなくて」「だって夏じゃない」等々、
とにかく夏をどうにかしたいおじさんたちという印象で聴いていたTUBEの曲を宝塚のショーで聴く日が来ようとは!

ピエール世代とかもうちょっと上の世代の方々には懐かしいと思いますが、
これ若い子たち分かるかな~(笑)?( ̄∀ ̄;)

すごいどうでもいい話なんですけど、
今回は使われていないと思いますが「夏を待ちきれなくて」のサビの冒頭が「I love youさえ言えなくて~」という歌詞なんです。

で、たしか小5くらいのときの曲なんですけど、
友達と「今日こそ好きな子に告白する!」って挑んでいったものの結局他愛もない会話しかできずに戻って来たときに、

「I love youさえ言えなくて~、だなぁ……」

って言われた思い出があります(今思うと小5ですごい恥ずかしい会話してる。というか小5でTUBEって渋いな……)

さらにはほぼ全員揃ってT.M.Revolutionの「HOT LIMIT」!!

これはまさにピエール世代ですよ~、カラオケでめちゃくちゃ歌ってましたよ~。

(ちと歌謡曲使い過ぎな気もしないでもないけれど)

余談ですがこの曲のサビの最後の「宝物ほんものの恋をしま鮮花せんか?」の部分、
「宝物」と書いて「ほんもの」って読んでいたことを初めて知りました(普通に表記も「本物」だと思ってた)。

 

他にも全体的に帽子をかぶってる場面が多いようで、なんか避暑地感を感じますね(笑)。

さらには仙名さんはデュエットダンスでも花を抱えて踊っています!

夏推しの場面もあって、すごい夏らしいショーになりそうな予感ですね。

しかも宝塚で定番のラテンの熱さとかいうよりも、
何と言うか沖縄とかハワイとかそういうポップな暑さという感じでなかなか新鮮な雰囲気が漂っていて楽しみです!(≧∀≦)

スポンサーリンク


ブログランキングに参加しております。
一部の環境下でボタンが表示されないようなのですが、
ポチッとしていただけますと嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

にほんブログ村







-スカイステージ
-, , ,